Outlook 2007/2010/2013 ではデフォルト ゲートウェイへの接続チェックが行われ、Outlook 2016 では Windows の接続チェックだけが行われる


Outlook 2007 以降では、Exchange サーバーに接続する前にネットワークの接続性のチェックを行い、ネットワークが利用不可と判断された場合には実際には Exchange サーバーに接続できる状態であったとしても「Microsoft Exchange への接続が利用できません」などのエラーが表示されて接続に失敗します。このネットワークの接続性チェックの方法は、Outlook のバージョンにより異なります。このブログ記事では、Outlook 2007/2010/2013/2016 のそれぞれの接続性チェックの方法について説明します。

Outlook 2007/2010

Outlook 2007/2010 では、Outlook 起動時やプロファイル作成時に Exchange サーバーに接続する際に以下の接続チェックを行います。

a. Outlook がデフォルト ゲートウェイが設定されているかをチェックする

Outlook 2013

Outlook 2013 では、Outlook 起動時やプロファイル作成時に Exchange サーバーに接続する際に以下の接続チェックを行います。

a. Outlook がデフォルト ゲートウェイが設定されているかをチェックする
b. Outlook が Windows の ネットワーク リスト マネージャー (NLM) の機能を使用して、ネットワーク接続が存在するかをチェックする

Outlook 2013 ではシステム要件が Windows 7 以降となったため、b Windows Vista 以降に搭載された NLM の機能を使用してチェックする機能が追加されています。

Outlook 2016

Outlook 2016 では、Outlook 起動時やプロファイル作成時に Exchange サーバーに接続する際に以下の接続チェックだけを行います。

b. Outlook が Windows のネットワーク リスト マネージャー (NLM) の機能を使用して、ネットワーク接続が存在するかをチェックする

b のチェックだけでネットワーク接続の確認ができることから、Outlook 2016 では Outlook 2007/2010/2013 では行われていた a のチェックが行われなくなりました。そのため、デフォルト ゲートウェイが設定されていない場合であっても、社内 LAN に接続でき Exchange サーバーへ接続できる状況であればエラー メッセージは表示されません。


参考資料:

以下のサポート技術情報 913843 では、Outlook 2007 でデフォルト ゲートウェイが設定されていない場合は Exchange サーバーへの接続時にエラー メッセージが発生して失敗する現象について説明しています。
このサポート技術情報の対象製品は Outlook 2007/2010 です。Outlook 2013 も該当しますが Outlook 2016 は該当しません。

913843 Error messages when you try to connect Outlook 2007 to Exchange Server: “The action cannot be completed” or “Your Microsoft Exchange Server is unavailable” or “Cannot start Microsoft Office Outlook”  (英語)

913843 Outlook 2007 を Exchange Server に接続しようとするとき、エラー メッセージ:「操作を完了できません」または「、Microsoft Exchange Server を利用できません」または「Microsoft Office Outlook を起動できません」 (日本語機械翻訳)

以下の弊社ブログ記事でも Outlook 2007/2010/2013 について同様に説明しています。
このブログ記事も Outlook 2016 には該当しません。

Outlook Unable To Connect To Exchange –Default Gateway Not Found


補足:

  • 以下のレジストリを作成することで、a のチェックが行われないように制御することができます。

Outlook 2007 : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
Outlook 2010 : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\RPC
Outlook 2013 : HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\RPC

値の名前: DefConnectOpts
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 0

  • b のチェックは、[コントロール パネル] [ネットワークとインターネット]-[ネットワークと共有センター] に表示される [アクティブなネットワークの表示] に正しく接続されているネットワーク接続が表示されているかから確認することができます。 接続が失敗する場合は、まず [コントロール パネル] [ネットワークとインターネット]-[ネットワークと共有センター] [アクティブなネットワークの表示] に正しく接続されているネットワーク接続が表示されているかを確認してください。

詳細:
Windows GetConnectivity メソッドを実行して取得した NLM_CONNECTIVITY に 以下のいずれかが設定されている場合は接続がないと判断されます。

・NLM_CONNECTIVITY_DISCONNECTED
・NLM_CONNECTIVITY_IPV4_NOTRAFFIC | NLM_CONNECTIVITY_IPV6_NOTRAFFIC

NLM_CONNECTIVITY で以下のいずれかが有効な状態であれば接続できると判定されます。

・NLM_CONNECTIVITY_IPV4_SUBNET
・NLM_CONNECTIVITY_IPV6_SUBNET
・NLM_CONNECTIVITY_IPV4_LOCALNETWORK
・NLM_CONNECTIVITY_IPV6_LOCALNETWORK
・NLM_CONNECTIVITY_IPV4_INTERNET
・NLM_CONNECTIVITY_IPV6_INTERNET

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content