会議出席依頼が [仮承諾] とならない (Exchange 設定編)


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

Exchange 2007 以降ではExchange のカレンダー アシスタント機能の実装により、既定で Exchange が会議出席依頼を受信した時に仮承諾される動作となりました。

[仮承諾] とならない事象が発生した場合に考えられる原因をご紹介します。

考えられる原因

■ AutomateProcessing が AutoUpdate に設定されていない

Exchange 2007 以降、既定ではメールボックスの AutomateProcessing の値に AutoUpdate が設定されております。
仮承諾されない場合は、AutomateProcessing AutoUpdate に設定されていない可能性がございます。

<<AutomateProcessing の値を確認する方法>>
Exchange 管理シェルで以下のコマンドレットを実行します。
※ 既定では AutoUpdate が設定されています。
Get-CalendarProcessing -Identity <事象発生ユーザーのエイリアス> |FL AutomateProcessing

<<AutomateProcessing の値を変更する方法>>
AutomateProcessing : None」が返される場合は、以下のコマンドレットを実行すると AutoUpdate に変更されます。
Set-CalendarProcessing -Identity <事象発生ユーザーのエイリアス> -AutomateProcessing AutoUpdate

■ AddNewRequestsTentatively が True に設定されていない
AddNewRequestsTentatively の値には、True が既定で設定されております。
AutoUpdate が設定されているのに仮承諾されない場合 AddNewRequestsTentatively Ture に設定されていない可能性がございます。

<<AddNewRequestsTentatively の値を確認する方法>>
Get-CalendarProcessing <事象発生ユーザーのエイリアス> |FL AddNewRequestsTentatively

<<AddNewRequestsTentatively の値を変更する方法>>
AddNewRequestsTentatively : False」が返される場合は、以下のコマンドレットを実行して True に変更します。
Set-CalendarProcessing -identity <事象発生ユーザーのエイリアス> -AddNewRequestsTentatively $True

参考情報
上記の Exchange Server 2007 以降の AutomateProcessing AddNewRequestsTentativelyOutlook 2010 の会議出席依頼を自動処理する設定については、以下の弊社サポート技術情報をご覧ください。

タイトル : Meetings are not processed or messages are automatically deleted with a non-default AutomateProcessing parameter value
URL : http://support.microsoft.com/kb/2212449/en-us

Set-CalendarProcessing と Get-CalendarProcessing については、以下の弊社 Web サイトをご覧ください。

タイトル : Get-CalendarProcessing
Exchange 2010 URL : http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/dd298137(v=exchg.141).aspx
Exchange 2013 URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd298137(v=exchg.150).aspx
Exchange 2016 URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd298137(v=exchg.160).aspx

タイトル : Set-CalendarProcessing
Exchange 2010 URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd335046(v=exchg.141).aspx
Exchange 2013 URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd335046(v=exchg.150).aspx
Exchange 2016 URL : https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd335046(v=exchg.160).aspx


本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content