Outlook 2016 (MSI 版) で添付ファイルを Delete や Backspace キーで削除すると Outlook が強制終了する


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。
今回は、Outlook 2016 Delete Backspace キーで添付ファイルを削除すると、Outlook の動作が停止する現象についてご紹介します。

 

現象 :
2016 年 2 月 の更新プログラム (KB3114707) 以降を適用した Outlook 2016 (MSI
インストール パッケージ版) のテキスト形式または HTML 形式のメール作成画面で、添付ファイルを Delete または Back space キーで削除実行すると、Outlook が停止する現象が発生することがあります。

この現象は、C2R (クイック実行版) Outlook 2016 や、MSI 版であってもリッチ テキスト形式では発生しません。

 

原因 :

2016 2 月 の更新プログラム (KB3114707) では、添付アイテムを複数選択ができるように大幅にコードが変更されましたが、その変更に伴い添付ファイルがすべて削除された後の処理に問題が起きているため発生します。

2016/09/13 update

 

対処方法 :

本動作の修正プログラムのリリースを 2017 1 月に向けて対応中となっております。

修正プログラム リリースまでは、以下の方法で対処いただけますようお願いいたします2016/09/13 update


) リッチ テキスト形式を利用する

メッセージ作成画面で [書式設定] タブの形式から [リッチ テキスト形式] を選択します。

 

) 添付ファイルを削除する際は、削除したいファイルを選択し、下向き矢印のメニュー [添付ファイルの削除] より行う

 

2016 2 月以降の更新プログラムをアンインストールすることでも回避可能ですが、可能な限り上記の方法で対処いただくようお勧めいたします。

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。