Windows 7 で画面文字サイズを変更すると、Outlook 2013/2016 で自動応答設定画面のボタンが表示されない


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

今回は Windows 7 で画面の文字サイズを [(M) – 125%] [(L) 150%] にした時の動作についてご紹介します。

 

現象

Windows 7 で画面文字サイズを [(M) – 125%] [(L) 150%] に変更すると、画面サイズによって Outlook 2013/2016 の自動応答画面のボタンが表示されない場合があります。

autoresponse1
1. 文字サイズ [(M) – 125%] で、Outlook 2013 で自動応答画面のボタンが表示されない画面

 

画面文字サイズ変更方法

1. コントロール パネルより [デスクトップのカスタマイズ]-[ディスプレイ] をクリックします。

2. [画面上の文字を読みやすくします] 画面で [(M) – 125%] もしくは [(L) 150%] を選択します。

3. [適用] ボタンをクリックします。

4. 再ログオン時に適用されます。

autoresponse2

2. Windows 7 の文字サイズ変更画面

 

対処方法

以下のどちらかの対処策を行うことで、自動応答画面のボタンを表示させることができます。

a. タスク バーを縦にする

b. クラシックモードを使用する

 

a. タスク バーを縦にする

以下の手順でタスク バーを縦にすることでボタンを表示することができます。

1. タスク バーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

2. [タスク バー] タブの “画面上のタスク バーの場所” のプルダウンより [] もしくは [] を選択します。

3. [OK] ボタンをクリックします。

autoresponse3

3. タスク バーを縦にしたときの Outlook 2013 の自動応答設定画面

 

b. クラシックモードを使用する

1. コントロール パネルより [デスクトップのカスタマイズ]-[個人設定] をクリックします。

2. [コンピューターの視覚効果と音を変更します] 画面で [Windows クラシック] を選択します。

3. [適用] ボタンをクリックします。

4. 再ログオン時に適用されます。

autoresponse4

4. クラシック モードを適用した時の Outlook 2013 の自動応答設定画面

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content