アドインが無効になる原因 【第 3 回】 データ実行防止モードによる無効化


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。
Outlook のアドインが無効になってしまう原因と対処方法についてシリーズでご紹介いたします。

 

アドインが無効になる原因 【第 1 回】 Outlook 2013 以降の新機能による無効化
アドインが無効になる原因 【第 2 回】 アドイン内での例外発生や異常終了による無効化
アドインが無効になる原因 【第 3 回】 データ実行防止モードによる無効化
アドインについては、こちらのブログ記事もご参照ください。

 

第 3 回目の今回は、データ実行防止モード (DEP) によりアドインが無効化された場合についてご紹介いたします。

■ データ実行防止モード (DEP) とは
データ実行防止モード (以下 DEP) は、Office に実装されているコンピューターに損害を与える可能性のある正しく記述されていないコードが実行されることを防ぐ機能です。
例えば、アドインが初期化されていないオブジェクトなどを使用し、そのオブジェクトのメソッドのアドレスがデータ領域を指していた場合、この機能によりアドインが無効化されます。
DEP は既定で有効になっており、不正なコードの実行を検知すると Outlook (Office アプリケーション) はコンピューターを保護するため動作を停止します (クラッシュの発生)。
Outlook (Office アプリケーション) を再起動すると、以下のようなダイアログが表示され、[はい] を選択するとアドインが無効化されます。

< メッセージ ダイアログ >
Outlook で、アドイン <アドイン名> に関する重大な問題が発生しました。このアドインはデータ実行防止モードとは併用できないため、無効にするか、最新バージョンにアップグレードする必要があります。
このアドインの読み込みを無効にしますか?

 

■ 対処方法
Office 2010 では、セキュリティ センターの DEP 設定で機能をオンまたはオフにすることができます。
この機能をオフにすれば、DEP によってアドインを無効化する動作は防ぐことはできますが、DEP によってコンピューターが保護されるため、オフにしないことをお勧めします。
なお、Office 2013 以降はこの機能をオフにできないよう更新されています。
そのため、Office 2013 以降は DEP によってアドインが無効化される動作を未然に防ぐことはできません。
DEP により無効化されたアドインは、[ハードに無効化されたアドイン] となりますので、以下の手順で有効にすることができます。
[ハードに無効化されたアドイン] については、第 2 回 の記事をご参照ください。

 

– 手順
1. Outlook を起動し、[ファイル] タブをクリックします。
2. 左ペインのメニューから [オプション] をクリックします。
3. カテゴリ ペインで [アドイン] をクリックします。
4. 詳細ペインの [無効なアプリケーション アドイン] ボックスの一覧にアドインが表示されていることを確認します。
5. [管理] ボックスの [使用できないアイテム] をクリックし、[設定] をクリックします。
6. アドインを選択し、[有効にする] をクリックします。
7. [閉じる] をクリックします。

 

– 参考
今回ご案内の記事に関連する以下の公開情報もあわせてご参照ください。

Title: なぜアドインがクラッシュするのですか
URL: https://support.office.com/ja-jp/article/%25E3%2581%25AA%25E3%2581%259C%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2581%258C%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2581%2599%25E3%2582%258B%25E3%2581%25AE%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B-1E02D873-04C8-4ECD-AC63-8F18507A3870?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

 
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。