アドインが無効になる原因 【第 2 回】 アドイン内での例外発生や異常終了による無効化


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。
Outlook のアドインが無効になってしまう原因と対処方法についてシリーズでご紹介いたします。

アドインが無効になる原因 【第 1 回】 Outlook 2013 以降の新機能による無効化
アドインが無効になる原因 【第 2 回】 アドイン内での例外発生や異常終了による無効化
アドインが無効になる原因 【第 3 回】 データ実行防止モードによる無効化
アドインについては、こちらのブログ記事もご参照ください。

第 2 回目の今回は、アドイン内での例外発生や異常終了により無効化された場合についてご紹介いたします。

 

アドイン内での例外発生や異常終了により無効化される場合とは
Outlook に限らず、Microsoft Office アプリケーションでは、読み込み中に予期しない動作 (アドイン内で例外発生や異常終了) のアドインを無効にする場合があります。
Outlook アドインの無効化には、[ソフトに無効化されたアドイン] と [ハードに無効化されたアドイン] の 2 通りがあります。
どちらによる無効化かは、Outlook を起動し、[ファイル] タブ – [オプション] – [アドイン] から確認できます。

option

[ソフトに無効化されたアドイン]
ソフトな無効化は、アドインによってエラーが発生したり、異常が検知されたが Outlook が強制終了しなかった場合に発生する場合があります。
アドインがソフトに無効化された場合、「アクティブでないアプリケーション アドイン」となります。

[ハードに無効化されたアドイン]
ハードな無効化は、アドインの読み込み中に Outlook が異常終了や強制終了した場合に発生する場合があります。
アドインがハードに無効化された場合、「無効なアプリケーション アドイン」となります。

 

■ 対処方法
アドイン内での例外や異常終了などにより無効化されることを未然に防ぐ方法はなく、アドインに例外の捕捉や事前のチェックなどの処理を追加していただくことが唯一の回避策となります。
アドインが無効化された場合は、以下の手順で有効にすることができます。

 

ソフトに無効化されたアドインを再度有効にする
————————————————————
1. Outlook を起動し、[ファイル] タブをクリックします。
2. 左ペインのメニューから [オプション] をクリックします。
3. カテゴリ ペインで [アドイン] をクリックします。
4. 詳細ペインの [アクティブでないアプリケーション アドイン] ボックスの一覧にアドインが表示されていることを確認します。
[管理] ボックスの [COM アドイン] をクリックし、[設定] をクリックします。
5. [COM アドイン] ダイアログ ボックスで、無効にされたアドインの横のチェック ボックスをオンにします。
6. [OK] をクリックします。

 

ハードに無効化されたアドインを再度有効にする
————————————————————
1. Outlook を起動し、[ファイル] タブをクリックします。
2. 左ペインのメニューから [オプション] をクリックします。
3. カテゴリ ペインで [アドイン] をクリックします。
4. 詳細ペインの [無効なアプリケーション アドイン] ボックスの一覧にアドインが表示されていることを確認します。
5. [管理] ボックスの [使用できないアイテム] をクリックし、[設定] をクリックします。
6. アドインを選択し、[有効にする] をクリックします。
7. [閉じる] をクリックします。

 

– ご参考
Title: 方法 : 無効にされたアプリケーション レベルのアドインを再度有効にする
URL: https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms268871(VS.80).aspx

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。