キャッシュ モード利用時にアイテムを再ダウンロードする方法


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。
今回は Outlook をキャッシュ モードでご利用時に OST 上のアイテムに不整合が発生した場合のトラブルシューティング手法についてご案内いたします。

キャッシュ モードで Outlook をご利用の場合、Outlook は Exchange サーバーのメールボックスからローカルに作成されている OST ファイル内にアイテムをダウンロードし、Outlook はこの OST ファイルを参照する動作となります。
OST の不整合/破損により発生している問題と考えられる場合には、事象回避/切り分けのために、以下のような方法を一般的にご案内することがございます。

・ OST ファイルの再作成
Outlook を終了した状態で、OST を削除することで、次回 Outlook 起動時に OST が再作成されます。
Outlook は再作成した OST にメールボックス内のデータをダウンロードしますので、メールボックスのサイズやお客様のネットワーク状況に依存してダウンロードの完了、ならびに Outlook の利用開始までにお時間を要することがございますことをご了承ください。
OST ファイルの既定の保存先 : C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Outlook

・ Outlook プロファイルの新規作成
Outlook プロファイルを新規に作成しますと、自動的に OST ファイルも新規に作成されます。
OST ファイルの再作成と同様に、ダウンロードの完了、ならびに Outlook の利用開始までにお時間を要することがございますことをご了承ください。

・ オフライン アイテムをクリア
特定のアイテムに問題が生じていることまでの切り分けができている場合には、OST の再作成や Outlook プロファイルの作成を行わずとも以下の方法で解消できる可能性がございます。

1. Outlook を起動します。
2. 事象発生アイテムが格納されているフォルダー(例えば 受信トレイ) を右クリックします。
3. [プロパティ] をクリックし、[全般]タブ内の [オフライン アイテムをクリア] をクリックします。
4. 確認ウインドウに対して [はい] をクリックしますと、該当のフォルダーのみ OST 内からオフライン データが削除されます。
5. [OK] で開いているウインドウを閉じます。
6. Outlook を再起動します。
上記手順にてフォルダー単位にて OST 内のデータを削除し、再ダウンロードすることが可能となります。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content