Outlook でリッチ テキスト形式 (RTF) の会議出席依頼の本文に画像とファイルを挿入すると順番が入れ替わる現象


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

今回は Outlook でリッチ テキスト形式 (RTF) の会議出席依頼の本文に画像とファイルを挿入すると順番が入れ替わる現象についてお伝えいたします。

 

発生条件

本事象は、以下のすべての条件に合致した環境で発生します。

Outlook をキャッシュモード オフ (オンラインモード) で使用している

Outlook 2016 で、リッチ テキスト形式で会議出席依頼を送信する (既定は HTML 形式です)

Outlook 2013/2010で会議出席依頼を送信する (リッチ テキスト形式のみで他の形式は選択できません)

Exchange Server 2013 または Exchange Online へ接続している

 

現象

会議出席依頼に埋め込み画像とファイルを挿入すると、受信者側で画像とファイルの順番が入れ替わってしまう。

 

<送信者>

会議開催者が、以下のような画像とファイル付きの会議出席依頼を送信します。

image1

<受信者>

会議出席依頼を受信すると、画像と添付ファイルの場所が入れ替わります。

after_2

原因

Outlook で予定アイテムから会議出席依頼を生成する際、生成となっている予定アイテムから添付ファイルのリストを取得しています。

オンライン モードでご使用の際は、このリストをサーバー上の予定アイテムから取得しますが、その際にソートの指定を無視してしまうサーバーの動作によるものです。

 

対処方法

この現象は、以下のいずれかの対処方法でを回避することができます。

 

1) 画像を添付ファイルとして添付する (Outlook 2010/2013/2016)

埋め込み画像の挿入ではなく、画像ファイルとして添付することで回避できます。

[挿入] タブ-[ファイルの添付] か、添付したい画像をドラッ& ドロップすると、ファイルとして添付されます。

 

2) 「リッチテキスト形式」 以外を利用する (Outlook 2016)

Outlook 2016 の場合は、「リッチテキスト形式」 以外を利用することで、回避可能です。

会議出席依頼作成画面で、[書式設定] タブ-[形式] より変更可能です。

(既定では 「HTLM 形式」 となっています。)

HTML形式」であれば、[挿入] タブ-[画像] から挿入しても、本現象は発生しません。

 

3) Outlook をキャッシュ モードで利用する

会議出席依頼を送信側が、キャッシュモード オフ (オンラインモード)の時に発生します。

会議出席依頼の受信側が、キャッシュモード オフ (オンラインモード)であっても、送付者がキャッシュ モードの場合は発生しません。

この現象についての技術文書 KB 3169752 も公開されていますので、合わせてご参照ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content