MAPI/HTTP の紹介 (特徴/対応する Exchange Server と Outlook/無効にする方法)


この記事では、Outlook と Exchange Server の間で利用される MAPI over HTTP (MAPI/HTTP) の特徴・対応する Exchange Server と Outlookのバージョン・MAPI/HTTP を無効にする方法を紹介します。

1. MAPI/HTTP の概要
Outlook と Exchange Server の接続方法には、以下の 3 種類があります。

   RPC (「RPC/TCP」)
   Outlook Anywhere (「RPC over HTTP」「RPC/HTTP」)
   MAPI over HTTP (「MAPI/HTTP」)

MAPI/HTTP は Exchange Server 2013 SP1 以降から追加された新しい接続方法であり、
以下のようなメリットがあります。

・Exchange の接続時間や再接続時間が短縮される
・Outlook Anywhere に比べてセッション数が少なくて済む
(Outlook Anywhere の場合は、接続するメールボックスごとに RPC_DATA_IN と RPC_DATA_OUT の 2 つずつの接続が必要)

Exchange Online では MAPI/HTTP が有効に設定されていますが、
オンプレミスの Exchange Server 2016/2013 では MAPI/HTTP は既定で無効であり、
Outlook 2010/2013 や Exchange Server 2013 の RTM (製品初期出荷版) では MAPI/HTTP に対応していないため、
Exchange Server が対応しているバージョンで MAPI/HTTP が有効であるかや、
Outlook が MAPI/HTTP に対応しているバージョンであるかによって、接続方法は以下のように変わります。

MapiHttpIchiran

MAPI/HTTP の詳細については こちら (MAPI over HTTP による Outlook の接続)  や
こちら(MAPI over HTTP) をご覧ください。

2. MAPI/HTTP に対応している Exchange Server

・Exchange Server 2013 SP1 以降
・Exchange Server 2016
・Exchange Online (MAPI/HTTP は有効)

参考:
MAPI/HTTP の有効/無効を切り替える手順は、 こちら (MAPI over HTTP) で紹介しています。

3. MAPI/HTTP に対応している Outlook

・Outlook 2010 で以下がすべて適用されている場合
* Office 2010 SP2
* 2015/1 以降の Outlook 2010 更新プログラム (Outlook.exe 14.0.7140.5001 以降)
* 2015/4 以降の MSO.DLL の修正を含む Office 2010 更新プログラム (Mso.dll 14.0.7147.5001 以降)
・Outlook 2013 SP1
・Outlook 2016

注意:
弊社では MAPI/HTTPで接続している場合にのみ発生する不具合を確認しているため、こちら (Exchange Online や MAPI/HTTP が有効な Exchange Server に接続する場合に必要な更新プログラム) で紹介しているバージョンに更新して利用することをおすすめしています。

4. MAPI/HTTP を無効にする方法
MAPI/HTTP を無効にするには以下のレジストリを作成し、
すぐに反映させるためにプロファイルの再作成を行います。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Exchange
値の名前: MapiHttpDisabled
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1

参考:
プロファイルの再作成をしなくても切り替えは行われますが、すぐには反映されません。
しばらくして「Microsoft Exchange 管理者によって変更が行われました。Outlook を終了してから再起動してください」と表示されたら Outlook の再起動を行う必要があり、その後もすべての接続が完全に切り替わるには Outlook の再起動が複数回行う必要があります。
[ファイル] タブ-[アカウント設定]-[アカウント設定] から Exchange アカウントの修復を行うと「Microsoft Exchange 管理者によって変更が行われました」がすぐに表示されますが、その後の Outlook の複数回の再起動は必要です。

5. 現在の接続方法を確認する手順
現在どの接続方法で接続しているかは、以下の手順で [接続状態] から確認することができます。

1. タスクバーの右端に表示されているシステム トレイに埋め込まれている Outlook アイコンを
Ctrl キーを押しながら右クリックし [接続状態] をクリックします。
2. [プロトコル] にどのように表示されているかを確認します。
ConnectionStatus

RPC で接続している場合:                          RPC/TCP
Outlook Anywhere で接続している場合:  RPC/HTTP
(参考: [プロキシ サーバー] に Exchange プロキシ サーバー名が表示)
MAPI/HTTP で接続している場合:              HTTP


本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。