Outlook 2016 でリッチテキスト形式のメールの添付ファイル削除時に異常終了が発生する現象について


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

 

Outlook 2016 でリッチテキスト形式のメールの添付ファイルをアドインなどのプログラムで削除すると異常終了が発生します。

今回はこの現象についての解説と対処方法をご紹介いたします。

 

現象

リッチテキスト形式のメールの添付ファイルをプログラムで削除すると、Outlook 2016 が異常終了します

 

解説

リッチテキスト形式のメールの添付ファイルをプログラムで削除した際、Outlook 2016 内部でスタック オーバーフローとなる不具合があり、Outlook 2016 が異常終了します。

 

手順

1. Outlook 2016 を起動します。

2. [ホーム] タブの [新しい電子メール] ボタンをクリックし、新規メール作成画面を表示します。

3. [書式設定] タブを選択し、[リッチ テキスト] を選択します。

4. カーソルを本文に移動し、[挿入] タブから画像を挿入します。

5. プログラムで添付ファイルを削除すると、Outlook 2016 が異常終了する現象が発生します。

 

対処方法

プログラムで添付ファイルを削除する必要がある場合、リッチテキスト形式を使用せず、テキスト形式や HTML 形式を使用することで暫定的に回避可能です。

 

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content