[予定表] に追加していないグループ (同じ上司が設定されているユーザーや同じ階層のユーザー) が自動で表示される動作について


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。

Exchange Server をご利用の環境で、Outlook [予定表] に追加していないグループ (同じ上司が設定されているユーザーや同じ階層のユーザーが表示される) が自動で表示される動作についてご紹介いたします。 

 

動作について :

Outlook 2010 からの新機能として [自分の所属するグループ メンバーリストのデフォルト表示] という機能があり、この機能によって既定では以下の動作となります。

 

[予定表] に、Active Directory のユーザーのプロパティで同じ [上司] が設定されているユーザーを自動的に表示する

[予定表] に、自分が含まれる階層型アドレス帳の配布グループ (IsHierarchicalGroup プロパティが True のグループ) を自動的に表示する (階層型アドレス帳を構成している場合のみ)

 

同じ [上司] が設定されているユーザーを自動的に表示

 1

 

自分が含まれる階層型アドレス帳の配布グループを自動的に表示

2

 

Outlook にて手動で非表示にする方法:

既定では表示されグループ メンバーリストですが、以下設定により GUI より非表示にすること可能です。

1. Outlook を起動します。

2. [予定表] を表示し、[ホーム]-[予定表の管理]-[予定表グループ]-[上司のチームの予定表を表示] または [部署の予定表を表示] オプションをオフにします。

   上司および直属の部下にアカウントが設定されていない場合や、階層型アドレス帳の配布グループに含まれていない場合は、上記のオプションは表示されません。

34

グループ ポリシーにて非表示にする方法:

以下のグループ ポリシーを設定することにより可能となっております。

 

[上司のチームの予定表を表示] オプション

——————————————–

以下の設定にて、チーム:<上司名>” が非表示になり、[上司のチームの予定表を表示] オプションが非表示になります。

 

1. [スタート] もしくは アプリの [管理ツール] から [グループ ポリシーの管理] を開きます。

2. 設定を実施したい OU のグループ ポリシー オブジェクトを右クリックし [編集] を選択します。

3. 選択した OU [グループ ポリシー管理エディター] が起動します。

4. 左ペインで [ユーザーの構成]-[ポリシー] と展開します。

 

5. 以下のテンプレートを開き、[有効] に設定して [OK] をクリックします。

   Outlook 2016 の場合 :

   [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2016]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

   “報告関係グループの予定表が表示されないようにする” : 有効

   Outlook 2013 の場合 :

    [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2013]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

 

   “報告関係グループの予定表が表示されないようにする” : 有効

 

   Outlook 2010 の場合 :

    [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2010]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

 

    “報告関係グループの予定表が表示されないようにする” : 有効

 

以上の設定により、以下のレジストリがクライアント PC に配布され、次回の Outlook 起動時に設定が有効となります。

 

 Outlook 2016 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableReportingLineGroupCalendar

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

  Outlook 2013 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableReportingLineGroupCalendar

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

   Outlook 2010 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableReportingLineGroupCalendar

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

[部署の予定表を表示] オプション

——————————————–

以下の設定にて、配布グループ名が非表示になり、[部署の予定表を表示] オプションが非表示になります。

 

1. [スタート] もしくは アプリの [管理ツール] から [グループ ポリシーの管理] を開きます。

2. 設定を実施したい OU のグループ ポリシー オブジェクトを右クリックし [編集] を選択します。

3. 選択した OU [グループ ポリシー管理エディター] が起動します。

4. 左ペインで [ユーザーの構成]-[ポリシー] と展開します。

5. 以下のテンプレートを開き、[有効] に設定して [OK] をクリックします。

  

   Outlook 2016 の場合 :

    [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2016]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

   “所属部署の予定表が表示されないようにする” : 有効

 

   Outlook 2013 の場合 :

    [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2013]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

   “所属部署の予定表が表示されないようにする” : 有効

 

   Outlook 2010 の場合 :

    [管理用テンプレート]-[Microsoft Outlook 2010]-[Outlook のオプション]-[ユーザー設定]-[予定表オプション]-[グループ スケジュール]

    “所属部署の予定表が表示されないようにする” : 有効

以上の設定により、以下のレジストリがクライアント PC に配布され、次回の Outlook 起動時に設定が有効となります。

Outlook 2016 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableDepartmentTree

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

  Outlook 2013 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableDepartmentTree

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

   Outlook 2010 の場合 :

   キー : HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\Wunderbar

   名前 : DisableDepartmentTree

   種類 : REG_DWORD

   データ : 0x00000001 (10 進数 : 1)

 

グループ ポリシーがクライアント PC に反映されるまでタイムラグがございますので、

即時の確認を行いたい場合はクライアント PC のコマンドプロンプトで gpupdate /force を実行ください。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content