Outlook 2016 や Exchange Server 2013/2016/Exchange Online 環境で OCT や PRF を使用して Outlook プロファイルを自動作成することはできません


2017/01/11 更新: 冒頭部分にOutlook 2016 と Exchange Server 2016 を追記しました。

                              [対処方法] セクションに Outlook 2016 のレジストリ キーを追記しました。

 

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

 

Outlook プロファイルを自動作成する際、OCT や PRF をご利用いただいておりましたが、以下の環境のどれかに合致する場合にはOCT や PRF を使用して Outlook プロファイルを自動作成することはできません。

・ Outlook 2016 を Exchange Server 環境でご利用の場合

Outlook 2016 では Exchange アカウントを設定する際に AutoDiscover を実行することが必須となっているため、PRF ファイルを使用して Exchange 用のプロファイルを作成することができません。

 

・ Exchange Server 2013/2016 や Exchange Online をご利用の場合

Exchange Server 2013/2016 や Exchange Online 環境で Outlook プロファイルを作成するには、Exchange Server 名ではなく、メール ボックスごとに異なる GUID を指定して Outlook プロファイルを設定する必要があります。

そのため、これらの環境で Outlook プロファイルを作成するには、Autodiscover による設定の取得が必須となっております。

 

対処方法

対応策となりますが、以下の 2 つの作業を実施することで、Outlook プロファイルの作成時に表示されるウィザードを表示させずにプロファイルの作成を完了することが可能となります。

しかしながら、既に Outlook プロファイルが存在する場合はご利用いただけないため、Outlook を起動したことがない環境での初回起動時のみに有効な対応策となります。

また、ドメインに参加していないワーク グループ環境のユーザーにつきましては、Outlook プロファイル作成時にメール アドレスを手動で入力してご対応ください。

 

作業 1. ZeroConfigExchange のレジストリを追加

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下のレジストリを設定することで、Outlook プロファイル作成時に表示されるウィザードが表示されず、自動でプロファイルを作成する動作となります。

 

キー (Outlook 2010): HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\AutoDiscover

キー (Outlook 2013): HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\AutoDiscover

キー (Outlook 2016): HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\AutoDiscover

 

名前: ZeroConfigExchange

種類: REG_DWORD

値: 1

 

作業 2. AD のアドレス属性に Exchange のメール アドレスを登録

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ZeroConfigExchange の設定による Outlook プロファイル作成の自動化を有効にするためには、Outlook プロファイル作成時にメール アドレスを自動で取得できる必要があります。

AD の各ユーザーのアドレス属性に Exchange のメール アドレスの登録をご検討ください。

 

参考情報

以下の弊社ブログにて、Exchange Server 2013 環境の Outlook プロファイル作成には、Autodiscover が必須であることを言及しております。

Title: Autodiscover を振り返る エピソード 2

URL: <http://blogs.technet.com/b/exchangeteamjp/archive/2014/03/18/3625368.aspx>

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content