Outlook の修正プログラム (累積更新プログラム・更新プログラム・セキュリティ更新プログラム)


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

MSI 版の Office スイート製品に含まれる Outlook や MSI 版 Outlook 単体製品の修正プログラムには、累積更新プログラム・更新プログラム・セキュリティ更新プログラムの 3 種類があります。この記事ではこれらについて説明します。

Office 2013 にはクイック実行版 (Click-to-Run/C2R) と従来の MSI 版の 2 つのインストール形式があります。
店頭でパッケージでご購入いただいたり Office 365 ProPlus としてご購入いただいた場合にダウンロードしてインストールを行うものはクイック実行版、ボリューム ライセンスなどで入手いただくものは MSI 版となります。
Office 2010 は基本的には MSI 版ですが、一部クイック実行版もあります。Office 2007 は MSI 版のみです。

MSI 版 Office の修正プログラムの特徴

  •  2014 年 12 月以前の MSI 版の Office の修正プログラムには以下の 3 種類があります。
    (2015 年 1 月以降は CU と PU が統合されて CU が廃止され、PU (更新プログラム) と Security Update (セキュリティ更新プログラム) の 2 種類になりました)

   * 累積更新プログラム (CU/Cumulative Update/HotFix/修正プログラム)
   * 更新プログラム (PU/Public Update)
   * セキュリティ更新プログラム (Security Update)

累積更新プログラム 更新プログラム セキュリティ更新プログラム
略称 CU PU
別名 Cumulative Update
Hotfix
修正プログラム
Public Update Security Update
説明 不具合を修正するための
修正プログラム
広範囲に提供するために
リリースされる修正プログラム
セキュリティ脆弱性を
修正するための修正プログラム
リリース日 米国日付の第 2 火曜
(日本では翌水曜)
修正がリリースされた月のみ
米国日付の第 2 火曜
(日本では翌水曜)
修正がリリースされた月のみ
米国日付の第 2 火曜
(日本では翌水曜)
修正がリリースされた月のみ
配信 ×
累積更新

補足
配信: Microsoft Update や WSUS からの配信が行われるか。
累積更新: それ以前の修正が含まれているか。

  • Office の累積更新プログラム (CU) は、弊社で不具合の修正が行われた場合に米国日付第 2 週の火曜 (日本では翌水曜) にリリースされます。
    ただし、そのタイミングで修正がまったくなかった場合はリリースされない月もありえます。
    (2014 年 4 月までは偶数月にリリースしていましたが、2014 年 5 月からは偶数月だけではなく毎月リリースしています)
    Microsoft Update からの配信は行われないため Windows Server の標準機能である Windows Server Update Services (WSUS) からの配信を行うことはできません。そのため、企業内で展開する場合はスクリプトを作成してグループ ポリシーのスタートアップ スクリプトで実行したり、SCCM (System Center Configuration Manager) のようなシステム管理製品のソフトウェア展開機能を使用してスクリプトやコマンド ラインを指定して展開する必要があります。

    広範囲に提供する必要があると判断された修正が行われた場合、更新プログラム (PU) がリリースされます。
    また、セキュリティ脆弱性が見つかり修正された場合はセキュリティ更新プログラム (Security Update) がリリースされます。
    これらは Microsoft Update からの配信が行われるため、WSUS を使用して配信できます。
    (ただし、一部の PU は Microsoft Update や WSUS からの配信が行われません)

  • 2014 年 4 月以降は、CU と PU が同日にリリースされた場合両者に含まれる修正内容は基本的に同じものとなります。
  • Office の修正プログラムは累積更新であるため、基本的にはそれ以前にリリースされたすべての修正を含みます。
    そのため、該当の修正プログラムは、それ以降にリリースされるすべての修正プログラムに含まれます。

MSI 版 Officeの修正プログラムについてよくお問い合わせいただく質問

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

Q1. 累積更新プログラム・セキュリティ更新プログラム・更新プログラムがリリースされる日程を教えてほしい。

マイクロソフトでは、Windows などのマイクロソフト製品にセキュリティ脆弱性が見つかった場合に「重要な更新」として毎月米国日付の第 2 火曜 (日本では翌水曜) にセキュリティ更新プログラムをリリースしています。
以下の Web ページでは、スケジュールを一覧で紹介しています。

セキュリティ情報リリース スケジュール

Office の修正プログラム (累積更新プログラム・更新プログラム・セキュリティ更新プログラム) も同じタイミングでリリースしています。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

Q2. たとえば Outlook 2013 の 2013 年 12 月の CU KB2825652 に含まれている修正が適用されているかを確認するにはどうしたらいいか?

KB2825652 の修正プログラムがインストールされている場合は [コントロール パネル] の [プログラムと機能] の [インストールされた更新プログラム] に [Hotfix for Microsoft Outlook 2013 (KB2825652) XX Bit-Edition] と表示されます。
ただし、Outlook の修正プログラム (修正プログラム・更新プログラム・セキュリティ更新プログラム) は累積更新であり、基本的にはそれ以前にリリースされたすべての修正を含むため、
KB2825652 が適用されておらず [インストールされた更新プログラム] に [Hotfix for Microsoft Outlook 2013 (KB2825652) XX Bit-Edition] と表示されていない場合でも、
KB2825652 以降にリリースされた修正プログラムが適用されて Outlook.exe が 15.0.4551.1511 以降に更新されている場合は既に KB2825652 の修正が適用されていることになります。

本来は KB2825652 に記載されているすべてのファイルのバージョンを比較して確認するべきですが、
Outlook の更新プログラムには基本的にはすべてのファイルが含まれており
Outlook.exe を基準にしても通常は問題ありません。
そのため、Outlook.exe のバージョンから確認を行います。

手順:
1. サポート技術情報 2825652 (KB2825652) の Web ページ にアクセスします。
2. 「File Information」を展開して Outlook.exe のバージョンが 15.0.4551.1511 であることを確認します。
3. エクスプローラーで Office 2013 のインストール先フォルダーを開きます。

参考:
既定では Outlook 2013 のインストール先フォルダーは以下の場所です。

Windows 32 ビット版に MSI 版 Office 2013 32 ビット版 C:\Program Files\Microsoft Office\Office15
Windows 64 ビット版に MSI 版 Office 2013 64 ビット版
Windows 64 ビット版に MSI 版 Office 2013 32 ビット版 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15

4. Outlook.exe を右クリックして [プロパティ] をクリックし [詳細] タブからバージョンを確認します。
15.0.4551.1511 以上の場合は既に KB2825652 の修正が適用されています。
15.0.4551.1511 未満の場合はまだ KB2825652 の修正が適用されていません。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 Q3. CU に含まれる修正が Microsoft Update から配信されるのはいつか?

該当の CU よりも新しいバージョン番号の Outlook.exe を含む修正プログラムの配信が開始される時です。具体的には以下のタイミングです。恐れ入りますが、次回 PU や Security Update が何月にリリースされるかは未定でありリリース日当日まで公開しておりません。

・PU がリリースされた時 (ただしダウンロードセンターに公開されても、Windows Update や WSUS から配信されないものもあります。確認方法は Q5 をご覧ください)
・Outlook の新たなセキュリティ脆弱性が見つかりセキュリティ更新プログラムがリリースされた時

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 Q4. Outlook の最新の修正プログラムを適用したいが、最新の修正プログラムを確認するにはどうしたらいいか?

最新の修正プログラムは、以下のいずれかの方法で確認することができます。
なお、マイクロソフトでは Microsoft Update を使用して該当の環境に適用されていない更新プログラム (PU/Security Update) を確認して適用することをおすすめしています。Outlook だけではなく Office や Windows の更新プログラムを確認し適用することができます。

方法 1. ダウンロード センターから確認する (PU/Security Update のみ)

以下のリンクにアクセスし、最新の更新プログラムを確認します。

Outlook 2013
Outlook 2010
Outlook 2007

参考:
・上記は、ダウンロード センターにアクセスし検索キーワード「Outlook 2013 更新プログラム」などを入力して検索して右上の [並べ替え] で [リリース日 (降順)] を指定した場合の URL へのリンクです。
・Outlook 2007 の場合は「Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KBXXXXXXX) の更新プログラム」も検索されますが、これは迷惑メール フィルタであり Outlook 2007 自体を更新するものではありません。

方法 3. 最新の Outlook の修正プログラムを紹介している KB2625547 から確認する (CU/PU/Security Update)

以下の KB2625547 のリンクにアクセスして確認します。

2625547 How to install the latest applicable updates for Microsoft Outlook (US English only)

この KB では、Office の英語版の最新の修正プログラムを紹介しています。
Outlook だけではなく Outlook に関するすべての修正プログラムを紹介しており、Outlook ではメールのエディターとして Word を使用しているため Word の修正プログラムも紹介しています。
英語版向けの資料であるため日本語版の場合はリンクが異なっていたり適用が不要だったりする場合がありますのでご注意ください。__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

Q5. Microsoft Update や WSUS から適用することができるかはどのように確認したらいいか?

弊社の Microsoft Update カタログ の Web ページ http://catalog.update.microsoft.com には Microsoft Update や WSUS から配信している更新プログラムを公開しています。
「Outlook 2013」や KB 番号などのキーワードで検索し、配信されているかをご確認ください。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 

2015/01/16 変更履歴:

・Q3 を以下のように変更しました。

   変更前:・PU がリリースされた時
   変更後:・PU がリリースされた時 (ただしダウンロードセンターに公開されても、Windows Update や WSUS から配信されないものもあります。確認方法は Q5 をご覧ください)

・Q5 を追加しました。

・Q4 の以下の記述を削除しました。リンク先が変更されており、リダイレクトされた Web ページでリンクされている 「Office 更新プログラム (英語) が最新に更新されていないため、更新されてから改めて追加いたします。

方法 2. 修正プログラム一覧の Web サイトから確認する (CU/PU/Security Update)

以下のリンクにアクセスし、最新の更新プログラムを確認します。
(最新の PU を適用したい場合は「最新のパブリック更新プログラム」、最新の CU を適用したい場合は「最新の累積更新プログラム」の列の KB のリンクを開き、Outlook の KB のリンクを開いて確認します)

Office、Office サーバー、および関連製品の Update Center
Update center for Office, Office servers, and related products (上記のリンクの英語版。日本語版が最新に更新されていない場合などにご利用ください)

2015/05/21 変更履歴:
以下のように変更しました。

変更前:
MSI 版の Office の修正プログラムには以下の 3 種類があります。

変更後:
2014 年 12 月以前の MSI 版の Office の修正プログラムには以下の 3 種類があります。
(2015 年 1 月以降は CU と PU が統合されて CU が廃止され、PU (更新プログラム) と Security Update (セキュリティ更新プログラム) の 2 種類になりました)

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content