Outlook のフォルダーに直接投稿しているExcel/Word などのファイルを選択して[クイック印刷][返信][転送][コピー]などのメニューを選択しても動作しない

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Outlook では、メールアイテムに添付しなくても、Public Folder など Outlook で表示しているメールボックスや PST のフォルダーに、Excel や Word などのファイルを直接投稿 (保存)することができます。 このような使用方法をしている場合に、Outlook にてリモートでコードが実行される脆弱性が見つかり、2017 年 4 月の更新プログラムで、一部の機能を無効化する修正を行いました。 この修正の影響で、直接投稿しているファイルに対してはこれまでには動作していたメニューを選択しても、何も実行されないといった動作となります。 ※ Outlook のアイテム(メール、投稿、連絡先、予定表など)を選択している場合は、該当のセキュリティの問題はございませんのでこれまで通り動作します。   詳細については、以下をご確認ください。   2017 年 4 月の更新プログラムの説明 Outlook のフォルダーに直接ファイルが投稿されている場合、そのファイルに対して、Outlook にてリモートでコードが実行される脆弱性が見つかり、悪用される可能性が高いため  2017 年 4 月の更新プログラムにてセキュリティ ホールの修正を行いました。 緊急度が高いため機能のみ無効化したという背景があり、無効化した機能のメニューは表示され選択可能な状態です。 本来であれば、メニューも削除するまたはメニューを選択した際に実行できない旨メッセージを表示するなど、ご使用者様からみて分かりやすいように修正するべきですが、これら追加の修正の予定につきましては現時点では未定となっております。   無効化した機能をご使用されていたお客様には、突然の動作変更によりご不便をおかけいたしますが、より安全に製品をご利用頂くための変更であることについて何卒ご理解を頂けますようお願いいたします。   なお、どのようなときにリモートコードが実行されてしまうのか、それを抑止するためにどのような修正を行ったのかなど詳細につきましては、公開するとその情報がさらに悪用される可能性があるため、以下のサイトで公開している以上の情報は非公開となります。   – 関連する情報 本修正は Outlook 2007/2010/2013/2016 で行っております。 Title : CVE-2017-0106…


終日の予定が空き時間と表示されるので、既定の [公開方法] を変更したい

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 [終日] のオプションがチェック オンの予定として作成した場合と、チェック オフで作成した場合とで、[公開方法] の既定値の動作が異なるというお問合せや、予定表アイテムの [公開情報] の既定値を変更設定できるかというお問合せを多くいただくことがあります。 結論からお伝えすると、[公開方法] の既定値はアイテムの種類によって固定化されているため、変更する方法はありません。 また、[公開方法] の選択肢として、新しい候補を追加できるかや、既存の”仮の予定”や”外出中”候補の項目名を変更できるかというお問い合わせもありますが、こちらも固定化されているため、カスタマイズすることはできません。 今回はこれらに関連する動作ついてご説明します。   Outlook に予定を追加する際、[終日] のチェックのオン/オフで、Outlook はそれが “予定“ なのか “イベント” なのかを判断します。 また、“予定“ なのか “イベント“ なのかで、公開方法の既定値が異なります。   [終日] のチェックがオフの場合、タイトルバーには ”予定” と表示され、公開方法の既定値は [予定あり] となります [終日] のチェックがオンの場合、タイトルバーには ”イベント” と表示され、公開方法の既定値が [空き時間] となります   なぜ “イベント“ が既定で [空き時間] となるかについては、以下のように定義されていることに起因します。   イベントの詳細 通常、イベントは 1 回だけ発生し、1 日または数日間続く場合がありますが、 誕生日や記念日などの例年のイベントは年に…


Excel/Word/テキストなどのファイルを選択して、右クリックメニューから[送る]-[メール受信者] を実行した際に Outlook のメール本文が文字化けする問題

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Excel/Word/テキスト形式など、ディスクに保存されているファイルを選択して、右クリックメニューから[送る]-[メール受信者] を実行した際に Outlook のメール本文が文字化けする問題が発生します。 本問題は、特定の環境でのみ発生しますが、現時点では制限事項となっています。 詳細につきましては以下をご確認ください。   現象 – 現象再現手順 1. ファイルを選択し、右クリックします。 2. 表示されたメニューで [送る]-[メール受信者] をクリックします。 – 現象 手順 1 で選択したファイルが添付された状態で、Outlook の新規メールウィンドウが開きますが、上記の操作を実行した場合には、自動で以下の文章が挿入されます。 「次のファイルまたはリンクを添付して、メッセージを送信する準備ができました:”添付するファイル名” 」 現象発生時は、自動挿入される文章が文字化けした状態となります。 現象発生条件 本問題は、Outlook と Exchange Server の以下のバージョンの組み合わせで、キャッシュ モード オフで接続している場合にのみ発生します。 – Outlook のバージョン Outlook 2007/2010 でのみ発生し、Outlook 2013 以上では発生しません。 – Exchange のバージョン Exchange 2013 CU14 以上で発生しますので、Exchange 2016 および Exchange Online…


Outlook 2016 では構成情報を直接記入するローカル XML がサポートされない

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は Outlook における AutoDiscover においてローカル XML を参照させる場合にご留意いただきたい内容についてご紹介します。 まず、前提となる AutoDiscover の機能についてですが、Outlook は AutoDiscover によりサーバーから構成情報を取得する動作を行います。 AutoDiscover で取得される情報には以下のようなものがあり、サーバー側で動的に変更される可能性のある情報を最新の状態で取得することを目的に設計されています。 ・メールボックスへの接続に必要なサーバー名 ・接続に使用可能なプロトコル ・メールボックスの GUID (Exchange Server 2013 以降)、 ・空き時間情報の取得などに使用される Exchange Web Service (EWS) の URL ・オフライン アドレス帳のダウンロード URL ・パブリック フォルダー接続のための情報 ・フル アクセス許可により自動マッピングされるメールボックスの情報 ・他 Exchange 環境の Outlook は Exchange Server の AutoDiscover 仮想ディレクトリにアクセスして、サーバーが生成した構成情報を XML ファイルの形式で取得します。 Outlook による…


以前のバージョンで使用していたパブリック フォルダーへのショートカットやハイパーリンクが使用できない

こんにちは。Outlook サポート チームです。 Outlook 2007 までは使用できていたパブリック フォルダーのショートカットやハイパーリンクが Outlook 2010 以降では使用できなくなってしまった、とお問合せをいただくことがあります。 Outlook 2010 以降では、ショートカットの機能は廃止されており、リンクも段階的に機能を廃止しているため、Outlook 2007 以前に使用していたこれらの機能を Outlook 2010 以降ではそのまま使用することはできません。 今回はこれらの機能についてと廃止された背景についてご紹介いたします。   パブリック フォルダーへのショートカット について (.xnk) パブリック フォルダーへのショートカットの実態は xnk ファイルとなりますが、この xnk ファイルは危険がある可能性があるファイルとして、利用を意図的にブロックしております。 Outlook 2007 までは、xnk 拡張子ファイルを Outlook へ関連付ける設定が可能でしたが、Outlook 2010 以降ではこの関連付けの設定も行うことができないよう、製品仕様が変更になりました。 具体的には、Outlook.exe の起動スイッチのうち、/x という xnk ファイルを開くためのスイッチが削除されているため、使用できません。 そのため、Outlook 2010 以降では、パブリックフォルダへのショートカットをご利用になれるような設定はございません。   パブリック フォルダーへのハイパーリンク (outlook:\\ プロトコル) Outlook 2007 以前と Outlook…


Outlook 2013/2016 でリッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わりファイルが開けない

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Outlook 2013 または Outlook 2016 の 2017 年 2 月または 3 月の更新プログラムを適用している Outlook から、リッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信した際、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 現象の発生条件および対処方法については以下をご確認ください。   現象 Outlook 2013/2016 で複数ファイルを添付すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 この時に、拡張子まで入れ替わった場合には、添付ファイルが開けない現象となります。 本現象は、以下の発生条件で発生しますが、条件を満たしている場合でも 100 %  発生する現象ではございません。   現象発生条件 – Outlook のバージョン 本現象は MSI 版の Outlook 2013/2016 でのみ発生し、クイック実行版では発生しません。 Outlook 2010 では発生しません。   – メール形式 リッチテキスト形式でのみ発生し、HTML 形式およびテキスト形式では発生しません。   – 原因の発生原因となる更新プログラム 本現象は以下の 2017 年 2…


2017 年 6 月 1 日より、Outlook for iOS/Android で Exchange アカウント タイプを用いて Exchange Online へ接続することはできなくなります

2017/4/19 更新: Q1. と Q2. の内容を更新しました。Q7. を追加しました。 こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 全ての Exchange Online をご利用いただいているユーザー様は、2017 年 6 月 1 日より、Outlook for iOS/Android で Exchange アカウント タイプを用いて Exchange Online へ接続することはできなくなります。   Title : Office 365 のお客様向けクライアント アクセス ルールのアップデート URL : https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4013974/update-of-client-access-rules-for-office-365-customers ※「Outlook for iOS および Outlook for Android の変更に伴う影響」 の項目をご確認ください。 今回はこの動作変更についてよくある質問とそれに対する回答をまとめました。   Q1. 影響を受けるユーザーは、どのようなユーザーですか ? A1….


ハイブリッド環境で Outlook 2010 利用時に認証エラーが発生し、認証ダイアログが表示されることがある

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 ハイブリッド環境にて Outlook 2010 を利用する際に認証ダイアログが表示される事象について紹介いたします。 事象 ハイブリッド環境にて Outlook 2010 利用時に認証ダイアログが表示されることがある。 資格情報を入力すると認証ダイアログは消えるが、資格情報を端末に保存していても認証ダイアログが表示される事象が再発することがある。 発生条件 ・ オンプレミス Exchange は 基本認証以外(NTLM /Negotiate 認証) を使用し、Exchange Online は基本認証を使用している。 ・ Outlook 2010 を利用している ・ 自分自身のメールボックスはオンプレミス Exchange サーバーにあり、Exchange Online ユーザーの予定表を参照している。 原因 Outlook 2010 をご利用の場合の制限事項となります。 詳細) オンプレミス ユーザーが、Exchange Online 側にメールボックスがあるユーザー の予定表にアクセスする場合、Exchange Online 側に AutoDiscover を実施します。 この時 Exchange Online への認証が必要になりますので認証方式は基本認証となりますが、Outlook 2010 をご利用の場合オンプレミス…


予定表機能を利用しないよう制御する方法

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。   スケジュールは別のソフトで管理しているなどの理由から、Outlook の予定表の機能を無効にしたいというお問い合わせをいただくことがあります。 結論から言えば、Outlook の予定表機能を完全に無効にすることはできません。   制御したい場合には、以下の方法があります。 (A) Outlook on the Web (OotW) を使用する Exchange Server に接続している環境の場合、Web を介して Outlook on the Web (以下 OotW) での利用が可能ですが、OotW であれば、管理者によって予定表を利用できないように制御することができます。 完全に予定表を利用できないように制御したい場合は OotW を利用することをご検討ください。   (B) メニューの非表示 / 無効化設定により予定表機能を抑止する Outlook では予定表を完全に利用できないようにすることはできませんが、予定表の機能をできる限り利用できないようにメニューなどの UI を制御することができます。   (C) 予定表フォルダーにアクセス権を設定し、他のユーザーから予定表を参照できないようにする Outlook から他のユーザーの予定表を参照できないように制御することができます。   それぞれの具体的な設定方法をご紹介します。   (A) Outlook on the Web…


【修正済み】C2R 版 Outlook 2016 で検索ができない

2017/3/29 : 本事象を修正したバージョンがリリースされましたので [回避策] 、[調査状況] セクションを更新しました。 こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 C2R 版の Outlook 2016 にて下記の現象が発生することを確認しております。 本事象につきましては、現在修正に向けた対応を進めている段階となります。 情報のアップデートや修正が確定しましたら本 Blog でも情報を更新いたします。 現象 2017 年 3 月 9 日にリリースいたしました Current Channel バージョン 1702 以降にバージョンアップすることで、バージョンアップ前の Outlook で利用していた PST に対しての検索が失敗します。 別の環境で作成した PST を開いて利用する場合や、バージョンアップ後に新規に作成した PST に対しては検索を行うことが可能です。 原因 2017 年 3 月 9 日 もしくは 14 日にリリースいたしました Current Channel バージョン 1702 の修正プログラムが原因で発生します。…


Outlookのメッセージファイル(.msg)とテンプレートファイル(.oft)との違い

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。 Outlook でメッセージを保存する際の形式として、メッセージファイル (.msg) とテンプレートファイル (.oft) があります。 メッセージファイル (.msg) とテンプレートファイル (.oft) について、Outlook での使用用途は以下のように使い分けています。        msg : 受信したメッセージおよび送信済みメッセージをローカルに保存するためのファイル      oft : 送信前のメッセージや受信したメッセージをテンプレートとして使用するためのファイル   これらのファイルのフォーマット自体は同じであり、拡張子を変更しただけで開くことができます。 メッセージファイル(.msg)として作成前のメッセージを保存し、それをテンプレートとして使用することもできます。 しかしながら、弊社では msg ファイルのテンプレートとしての使用は推奨しておりません。   メッセージファイル(.msg)のテンプレートとして使用した場合、以下のような問題が発生する可能性があります。   – 取り消しメッセージで誤って別のメッセージが取り消される – 開封確認通知や配信確認通知が別のメッセージと関連付けられる – 本来削除されるべきプロパティが削除されず送信される   これは、拡張子によって Outlook の動作が以下のように変わることに起因しています。       msg : メッセージを表示する際にプロパティに変更を加えない。              上書き保存するとファイルシステムの msg ファイルが変更される。     oft : 送信に不要なプロパティやメッセージごとに一意である必要があるプロパティは削除、変更される。…


半角で送信した文字が受信側で全角になる

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポートチームです。 半角カナで送信した文字が受信側で全角カナになっているというお問い合わせをいただくことがありますが、これはエンコードに ISO-2022-JP を使った場合の想定された動作です。 今回はこの動作とその回避策についてご紹介します。   半角カナで送信した文字が受信側で全角カナになる可能性のある設定 Outlook の [文字設定のオプション] が以下の設定になっているときに発生します。   [ファイル] タブの [オプション]-[詳細設定]-[文字設定オブション] で ・ [送信メッセージのエンコード方法を自動選択する] のチェック がオン ・ [送信メッセージのエンコード方法を自動選択する] のチェック がオフで、送信メッセージで優先使用するエンコード方法: が [日本語 (JIS)] になっている ・ [送信メッセージのエンコード方法を自動選択する] のチェック がオフで、送信メッセージで優先使用するエンコード方法: が [日本語 (JIS) 1 バイト カタカナ使用可] になっている   文字設定のオプションで上記の設定をしている場合には、半角カタカナが全角カタカナに変換されることがあり、その動作は想定された製品の動作となります。   半角カナが全角カナに変換されるシナリオ 組織内の受信者か、組織外の受信者かで、同じエンコード方法を指定しても、半角カナで送付可能な場合と、全角カナに変換される場合があります。 これは送信される際に使用されるコードページが異なるためです。 Outlook が Exchange Server に接続の環境で、どんな場合にどのコードページが使用され変換されてしまうのか、以下にまとめました。 なお、既定の設定の [自動選択] が有効な場合、[日本語…


古いアイテムの整理の基準日、自動整理のタイミング、対象外となるパターンについて

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は、古いアイテムの整理の基準日を変更する方法、自動整理が行われるタイミング、整理の対象外となるパターンについてご説明します。 ■ 古いアイテムの整理の基準日について 古いアイテムの整理の既定の基準日は更新日となっていますが、後述の ArchiveIgnoreLastModifiedTime レジストリによって受信日に変更することが可能です。 ArchiveIgnoreLastModifiedTime レジストリ設定前後の基準日は以下の通りです。   設定前 (既定の基準日) =============== メッセージ: 受信日時または更新日時のうちの新しい日付 予定表 : 更新日時または予定、イベント、会議の開催日時のうちの新しい日付 タスク: 完了日または更新日時のうちの新しい日付。完了とマークが付いていないタスクはアーカイブされません。 メモ : 更新日時   設定後 ===== メッセージ : 受信日時 予定表 : 予定、イベント、会議の開催日時 タスク: 完了日。完了とマークが付いていないタスクはアーカイブされません。 メモ : 更新日時   基準日を変更するレジストリ =================== キーのパス: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Preferences キー名: ArchiveIgnoreLastModifiedTime 種類: REG_DWORD 値: 1 ※レジストリ キーのパス中にある xx は以下の通りです。…


AutoDiscover のテストによるトラブルシュート その2 (自分自身以外のメールボックス)

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 前回の記事では、Outlook による AutoDiscover のテストとトラブルシュートについてご紹介しました。 今回は、そのテストを少し発展させて、自分以外のメールボックスへの AutoDiscover のテスト方法についてご紹介します。   なぜこうしたテストが必要か 前回の記事では、AutoDiscover で使用される URL の一部が SMTP アドレスの @ マーク以降の文字列から決定されることをご紹介しました。 この動作から、以下のような環境では自分自身のアドレスによる AutoDiscover が成功していても、 他のメールボックスへの AutoDiscover が失敗する場合もあり、後述するような問題が発生する場合があります。 ・ 1 つのメールボックスに複数の SMTP アドレスが割り当てられており、それぞれのアドレスのドメイン部分の文字列が異なる ・ 組織内で複数のドメインやサブ ドメインを使用しており、自分自身と接続しようとしているメールボックスにおいて SMTPアドレスのドメイン部分の文字列が異なる ・ Exchange Online 環境で独自ドメインではなく、xxxx.onmicrosoft.com の形式で AutoDiscover が必要となった (もしくはその逆)   発生が予想される問題 ・他ユーザーや共有メールボックス、会議室などのリソース メールボックスの予定表が開けない、開くのに時間がかかる ・アーカイブ メールボックスが開けない、開くのに時間がかかる ・Exchange Server 2013 環境以降で使用可能なモダン パブリック…


AutoDiscover による自動構成のテストを実施してトラブルシュートを行う方法

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Exchange 接続を行う Outlook において、Outlook 2007 と Exchange Server 2007 から AutoDiscover と呼ばれる機能が登場しました。 この機能は Exchange 環境で極めて重要な役割を果たす機能であり、近年 Exchange Server 環境で Outlook を使用する場合は必須となりました。 具体的には、Exchange Online を含む Exchange Server 2013 以降の環境で Outlook を使用する場合は AutoDiscover が必須となっており、また Outlook 2016 からは接続する Exchange Server のバージョンを問わず AutoDiscover が必須となりました。 Outlook は内部的に以下のような様々な状況で AutoDiscover を実行し、Exchange Server から必要な構成情報を取得します。 ・ アカウント設定ウィザードにおける自動セットアップ ・ 空き時間情報の参照 ・ 自動応答の設定…


Outlook を Exchange 2013/2016 にオンライン モードで接続して利用する際、POP アカウントのメールが意図せず既読になる

事象 Outlook を Exchange 2013/2016 にオンライン モードで接続して利用する際、POP アカウントのメールが意図せず既読になる問題が発生します。   発生条件 以下のすべての条件を満たす場合事象が発生することを確認しております。 ・ Exchange 2013/2016 を利用 (Exchange 2007/Exchange 2010 では発生いたしません) ・ オンライン モードで Outlook を利用 ・ Outlook に Exchange アカウントと POP アカウントをそれぞれ追加し、POP アカウントの配信先を Exchange アカウントのメールボックスに変更 (POP アカウントで受信したメッセージを Exchange アカウントのメールボックス内で確認ができる状態になります。)   原因 Outlook の問題により発生しておりますが、製品の改修については見送られており、制限事項となります。 (Exchange 2010 以前では、本内部動作に関連する Exchange 側の処理に問題があり事象が発生しておりませんでした。)   回避策 以下の手順を実行すると、POP アカウントの配信先が PST ファイルに変更されますが、仕分けルールによって受信時に Exchange アカウントの受信トレイにメールが移動されます。…


Outlook を Exchange Online 環境などに接続して使用している場合、アカウント設定、起動、予定表の参照に時間がかかる問題の対処方法

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 主に Exchange Online 環境で多いお問合せとなりますが、Outlook を使用しているときに、以下のような現象が発生する場合があります。 今回はそうした場合に有効な対処方法をご紹介いたします。 現象 ・ Outlook の電子メール アカウントの設定に時間がかかる ・ Outlook の起動に時間がかかる ・ Outlook で他人の予定表を表示するのに時間がかかる ・ 予定表の共有依頼の操作で Outlook がハング・応答なしになる 原因 お客様環境のネットワークなどの構成に起因して Outlook による AutoDiscover において、一部の URL への接続試行が失敗するまでに時間がかかるために発生します。 上記の例以外にも、Outlook は内部的に様々な状況で AutoDiscover を実行するので、AutoDiscover に時間がかかる構成下では Outlook のパフォーマンスが低下する原因になる可能性があります。   Outlook の AutoDiscover によるアクセスは、Outlook のバージョンや更新プログラムの適用状況による追加の機能における差異もありますが、基本となる動作としては以下の順番で実行され、成功するとその時点で処理は終了します。 サービス接続ポイント (ドメイン参加している場合に AD より URL を取得する。) HTTPS Root domain        …


特定の条件を満たした環境で Outlook 2016 によるメール ヒントの取得が失敗する

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は Outlook 2016 でメール ヒントの表示が行われないという現象についてご紹介します。 現象 以下の条件を全て満たす場合、Outlook 2016 によるメール ヒントの取得が失敗します。 ・ Exchange Server への接続に MAPI over HTTP ではなく旧来の RPC over HTTP プロトコルを使用している ・ Exchange Server の EWS (Exchange Web Service) の Internal URL と External URL がそれぞれ異なる ・ クライアント PC から EWS の Internal URL の名前解決ができないネットワーク構成である 例えば、新規メール作成のウィンドウ上部に以下のようなメール ヒント取得失敗のメッセージが表示されます。 原因 Outlook によるメール…


「マイクロソフトが推奨する Office 365 利用時の Office クライアントとバージョンについて」記事を公開

弊社マイクロソフトのテクニカル セールス チームのブログで、本日以下の記事を公開いたしました。 Office 365 を利用する場合の Office 環境についての情報と資料をまとめておりますので、ぜひご確認ください。 マイクロソフトが推奨する Office 365 利用時の Office クライアントとバージョンについて  


Office 365 を利用する場合に、Office 2010 などの古い Office から最新の Office へ移行する必要がある理由

Office 365 を快適に利用し最大限活用いただくため、マイクロソフトは最新の Office クライアント製品に更新して利用することをおすすめしています。 Office 365 を利用するのに最適な Office 製品 Office 365 は、以下の Office クライアント製品で動作するように設計されています。 ・最新に更新した Office 2016 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2016) ・最新に更新した Office 2016 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2013 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2016 for Mac ・最新に更新した Office 2011 for Mac マイクロソフトでは最新の更新プログラムを随時 Office 365 のサーバー製品に適用しており、最新のバージョンにあわせて Office の更新プログラムをリリースしています。 Office の更新プログラムでは、Office 365 を使用する場合のパフォーマンスを向上するための修正や新機能も提供されます。…