Windows Server 2012 & Windows 8 開発完了しました!!!

感無量です! とりいそぎお知らせです。 http://blogs.technet.com/b/windowsserver/archive/2012/08/01/windows-server-2012-released-to-manufacturing.aspx http://windowsteamblog.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2012/08/01/windows-8-has-reached-the-rtm-milestone.aspx もちろん、これらの最新プラットフォーム上で、最新のアプリケーションを開発してもらえるように、Visual Studio & .NET Framework 4.5 もです! http://blogs.msdn.com/b/somasegar/archive/2012/08/01/visual-studio-2012-and-net-4-5-complete.aspx 日本マイクロソフト 高添

3

Windows 7 Service Pack 1 (SP1) 用のリモート サーバー管理ツール (RSAT)

9日ほど熱に悩まされていたのですが、ようやく体が軽く普通の状態に戻りつつあります。。。ただ、昨日から咳が止まらず、水曜日のセミナーまでに直さねば。。。 そんなこともあって、少し連絡がおそくなってしまい、既に各方面から知らせを聞いている方もいらっしゃるようですが、念のため私からもRSATについてお知らせしておきますね。 Windows 7 から Windows Server 2008 R2 をリモート管理するツールの SP1 対応版がようやく出たんです。 以下の URL からダウンロードをして、Windows 7 SP1 にインストールしてください。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7d2f6ad7-656b-4313-a005-4e344e43997d&displayLang=ja ちなみに、はじめてRSATというこのツールをインストールする方は、一度上記サイトを見ておいてください。 なぜかというと、インストールするだけではスタートメニューとか管理メニューに出てきてくれないですから。。。 というのも、Hyper-Vの管理をしたいのか、Active Directory の管理をしたいのかでツールも違いますから、管理者が選べるようになっているんです。 なので、①インストールして、②使いたいツールを選択することで、使えるようになるというわけです。 **** それからもう1つ。 既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、RSAT がインストールされていた Windows 7 に Windows 7 の SP1 をインストールすると、RSAT も SP1 に自動対応されています。 わざわざ上記モジュールをインストールする必要はありませんので、ご安心ください。 日本マイクロソフト 高添

0

Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の SP1 提供開始。

ちょっとばかり投稿が遅くなりましたが、とうとう出ました! http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/sp1.mspx (ご存知の通り、x64 版の SP1 は、Windows 7 も Windows Server 2008 R2 も同じモジュールです) さて、これで Dynamic Memory と RemoteFX が利用できるようになります。 Dynamic Memory は、これです↓ こちらは各仮想マシンの設定画面で、今まで「各仮想マシンに対して割り当てるメモリ容量=固定値」だったのを、「スタートアップ RAM」と「最大 RAM」の2つを設定できるようになったわけです。 これだけでも何ができるか?はイメージできるのではないかと思います。 簡単に説明すると、仮想マシンはスタートアップに設定されたメモリ量で起動され、必要に応じて最大に設定されたメモリ(の中で、利用できる物理メモリの限界)まで増加でき、不要になったメモリは減らすことができるというものです。 ポイントは黄色でマークした ”利用できる物理メモリの限界” というところでして、オーバーコミットのように見えてオーバーコミットではありません。 物理メモリ以上のことをコンピューターに要求するオーバーコミットにはやはり無理があるので、「物理マシンに搭載した物理メモリを最大限活用する」という現実的な処理に特化したわけです。 詳細はこちらをご覧ください。必見のビデオです! http://msdn.microsoft.com/ja-jp/events/gg462952.aspx **** RemoteFX についてはこちらをご覧ください↓ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/events/video/gg566453 仮想マシンの中でミサイルも飛行機も飛ばせますし、VDI も次のステップへと変わっていくかもしれません。 そして、我々が VDI に力を入れることで、Citrix さんとの協業もさらに進化していくことでしょう! RemoteFX の面白さを知れば知るほど、Citrix さんの凄さもわかりますから。 (余談ですが、SCVMM 2012 は Xen の管理も、NetScaler 連携も意識されています) ちなみに、RemoteFX については、NVIDIA さんのお力添えをいただいて、私自身テストをしているところです。…

0

Windows Client、Server、System Center、そして Forefront のプリセールスSEチームブログが集約されました。

クラウドの波に乗り、7月からスタートした新しい期で、マイクロソフトの社内も人の配置が大きく変わってきました。 そんなこともあり、今まで3つに分かれていたブログを1つに集約することにしたそうです。 Windows インフラチーム ブログ 日本のマイクロソフトで勤務するエンジニアも、皆さんに負けず頑張っております! 早速、Forefront TMG や MED-V 2.0、監査証跡に関する内容など、製品のホワイトペーパーではなかなか見れない内容が投稿されています。 是非、見てあげてください。 というか、各製品については私よりもはるかに詳しいメンバーによるブログですから、是非参考にしてください。 **** (私自身のブログページにあるブログリストも整理をしました) 彼らが持っている製品全部私の範疇ということになっていますが、もうついていけない なんて言ってられないので、私も頑張ります! マイクロソフト 高添

0

出た!! Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 ベータのダウンロード開始

http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/ff183870.aspx これで、うわさの Dynamic Memory と RemoteFX が試せますね! 8月末の Tech・Ed では、この2つの面白テクノロジーもセッションが用意されているので、お楽しみに! そういう私は、Tech・Ed で他のセッションを担当するので、その準備もしなければならないのですが、時間を見つけて試してみようと思います。 だって、私の持ちネタでもある Dynamic IT には欠かせないテクノロジーですから。 待ちに待ったテクノロジーですから、楽しみですし、試してみた結果はブログにてお知らせしようと思います。 とはいえ、ベータですから、期待をしつつも100点を求めないようにしなければ。。。 ***** ちなみに、Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の SP1 は同じもの(のはず)です。 いろいろと言われ続けた Windows Vista カーネルのタイミングで、OS のモジュール化と共通化を大きく進化させてくれたわけですね。 「Vista なくして Windows 7 なし」 マイクロソフト 高添

2

5 月 22 日、広島のコミュニティ「ヒーロー島」で VDI の道場やります。

日頃より良くして頂いている広島のコミュニティの方と調整をしておりまして、21日に Microsoft Virtualization Summit で広島に行くので、そのまま土曜日に勉強会を開催してくれることになりました。 http://heroshima.jp/17th.aspx 私のセッションのテーマはVDI。 東京で何度も実施している道場スタイルのセミナーのコンテンツがとても評判が良いので、それを使ってVDI環境を一から作っていこうと思います。(+ App-Vも) 「きれいなデモを見せられても、自分で出来る気がしない」とか、「簡単だと言うけど、嘘に決まってる」とか、そんないろんな想いを持った方にもお集まりいただき、本当のところを確認してもらえればと思ってます。 ちなみに、ハンズオンではありません。が、私が用意するマシンを使ってみんなで作っていく感じにしたいので、操作は参加されている方の誰かにお願いするつもりです。 デスクトップの仮想化が進んでいく中で、マイクロソフトのVDIで何ができるのか?をあたらめてお話しをしたいと思ってますのでお楽しみに。 ==== それから、お昼、そして懇親会とお話をする時間もたくさんあると思いますので、ラスベガスの Microsoft Management Summit 2010 のお話しなども軽くしたいと思ってます。 私でお応えできることならば喜んでお話しさせていただきますので、遠慮なくお声掛けください。 ==== ちなみに、ヒーロー島のページにも書いてもらってますが、勉強会の前日は広島支店で 「事例で納得!Microsoft Solution Forum& Virtualization Summit 2010」 を実施しています。私もサーバーの仮想化を中心にしたセッションを持っているので、もしよかったらお越しください。 なお、明日は新潟日帰りです。 新潟の朱鷺メッセのイベントにご参加される方、どうぞよろしくお願いします。 マイクロソフト 高添

0

クラウドから社内のクライアントを管理する ~ Windows Intune ~

去年の Microsoft Management Summit Japan で私がデモをした System Center Online Desktop Manager というツールを覚えてますでしょうか? 「運用管理ツールの運用管理をやめましょう」 という、非常にシンプルかつ重要なメッセージは、社内外問わず誰もが頷いてくれました。 その System Center Online Desktop Manager が Windows Intune として提供されると思っていただければと思います。 === さて、Windows Intune は、United States, Canada, Mexico, and Puerto Rico にて一部の方向けにベータが開始されたばかりですが、英語のサイトも出来上がったので紹介しておきます。 http://www.microsoft.com/windows/windowsintune/default.aspx ちなみに、Windows Intune はサブスクリプション型(月払いのサービス利用料)になりそうなのですが、単なるOnline運用管理ツールとしての提供ではなく、Windows 7 のライセンスモデルの1つでもあり、App-V や MED-V などを含む MDOP の使用権までも組み込まれそうです。 だから System Center ではなく Windows のサイトの中にページがあるというわけです。 あとは Microsoft Online…

0

Windows クライアントチームもブログを開始!!!

日曜日に帰国したばかりではありますが、昨日から広島入りし、今日は汁なし担担麺を満喫した高添です。 さて、その広島でクライアントを担当している Technology Specialist (通称TS)さんとお話しをしていて、ブログを始めたと聞きました。 Windows くらいあんと通信 http://blogs.technet.com/wincltjp/ Windows クライアントチームメンバーとは、Windows 7 Optimized Desktop のセミナーでいろいろとお話しをさせてもらっていて、クライアントならではの小さな問題からソリューションレベルまで幅広く話しを聞かせてくれるので、サーバー製品担当チームメンバーとは少し違う感覚の情報が得られ、これまた勉強になりますね。 そのノウハウを私だけにとどめておくのはあまりにももったないので、このブログを発信源として多くの方に有益な情報をお伝えしてもらいましょう! マイクロソフト 高添

0

オーディ― を覚えていますか? 「OD=Optimized Desktop=理想のデスクトップ環境」を全国でお話しします。

Windows 7 の機能だけわかっても、企業に導入するのは難しい。 やはり、利用しているイメージがほしいことでしょう。 OD は、最適化されたデスクトップ環境の利用イメージを「出来る男、島部長」の一日を通して解説するというものです。 ==== で、この OD に関連するセミナーを全国で実施することになりました。 私は福岡以外の全拠点にお邪魔できる予定ですので、是非ともお越しいただければと思っています。 名古屋は既にいっぱいのようですが、他の拠点はまだ空きがありそうなので、是非お申込みください。 お申込みはこちらから↓ http://www.microsoft.com/japan/business/OptimizedDesktop/events/default.mspx いろいろ事情がありまして、Tech Fielders セミナーを全国で実施するのが難しくなってしまいましたが、こういう全国を回る機会に多くの方とお会いできればと思っております。 何か気になることがあれば遠慮なくお声掛けいただければと思います。 マイクロソフト 高添

0

Windows の電源管理を一段階深く知りたい方へ ~ Windows 7 と Windows Server 2008 R2 のホワイトペーパー ~

Windows 7 や Windows Server 2008 R2 は省電力を強く意識した OS です。 そして、パフォーマンスと電源管理は密な関係にあり、今まで電源管理について質問を受けた時は以下のパフォーマンスチューニングガイドをお知らせしていました。 Performance Tuning Guidelines for Windows Server 2008 R2 (英語ですいません) http://www.microsoft.com/whdc/system/sysperf/Perf_tun_srv-R2.mspx このホワイトペーパーの中には、PowerCfg という電源管理系のツールなども出てきます。 ****** それが、今年に入って電源管理に特化したホワイトペーパーがでていたみたいです。 こちらも英語で申し訳ないんですが。。。 Windows 7 と Windows Server 2008 R2 でのプロセッサの電源管理 http://www.microsoft.com/japan/whdc/system/pnppwr/powermgmt/ProcPowerMgmtWin7.mspx 私自信「Windows Server 2008 R2 は省電力です」という話しをイベントなどでしておりますが、新しい電源管理機能について興味がある方は是非ご覧いただければと思います。 内容に軽く触れておくと、プロセッサーパワーマネージメント(PPM)関連のツールとして以下のようなものがある・・・と書いてあります。 Windows Resource Monitor This tool lets you view a quick summary of the processor…

0