4月24、25は名古屋でセミナー(WS2003移行とAzure IaaS)を開催します!!

東京では「これでもか!」というくらいセミナーをしていますが、名古屋に行く機会は少なくなっていると感じていました。 そこで、4月24日(木)は、HPさん、ビズポイントさんと共同でセミナーを名古屋開催することになりました!! テーマは、旬な「今から始める Windows Server 2003 サポート終了対策」です。https://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?culture=ja-JP&EventID=1032582221&IO=%2bwv6qA6q23f9TXZ4%2bNGbGQ%3d%3d サポート終了に向け、現時点でお伝えできる情報を整理してお届けすると共に、移行手順の解説や、移行先としての最新サーバーの解説なども行います。※実はこの3社、札幌や東京でもセミナーをしていまして、かなり濃い内容をお届けしていることもあって、とても評判が良いです。 既にお声掛けにより参加登録をしていただいている方もいますが、もう少し席がありますので、興味がある方は是非ご参加ください! ーーーーーーー さて、もう1つは 4月25日(金)の Microsoft Azure の仮想マシンと仮想ネットワークを中心にしたセミナーです。https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032581068&culture=ja-JP Hyper-V や System Center をやっている身としては、遠い存在だった Azure。でも、Azure と向き合って数か月、私の中ではクラウドというものへの考え方が大きく変わりました。 Hyper-V や System Center、VMware さんが要らないという事ではありません。ただ、IT で何をやりたいかという本質を考えると、同じことがクラウドで出来たらそれは十分な選択肢になるわけです。だから、今のクラウドはどこまで使えるようになっていて、どこに制約がありそうかを理解することが重要なのだと思っています。 そこで、今回は仮想化エンジニア向けをテーマに、以下のような流れを考えています。 ・軽くAzure概要・1台の仮想マシンをサッと作ってみる時に知っておくべきこと・2台以上の仮想マシンを作る際に、仮想マシン間通信や名前解決を含め、理解しておくべきポイント・Azure上に仮想ネットワークを作って社内とVPNでつなぐために知っておくべきこと・次のステージとしての”シームレスハイブリッドクラウド”と”PaaS としての Microsoft Azure” の紹介 IaaS 部分については、私自身が Azure を理解してきた過程をセッションのコンテンツにしました(笑) 2日連続の参加は難しいかもしれませんが、是非こちらもご参加いただければ幸いです。 日本マイクロソフト 高添

0

DaaS 用のリファレンスアーキテクチャーガイド ~Azure版もあります

時代の移り変わりを受け、少しずつですがマイクロソフトの情報の在り方も変わってきています。 その1つがリファレンスアーキテクチャーに関するガイダンスの提供です。 日本語でないのは申し訳ありませんが、全体像を把握するためにDocの中にある図だけでも見てください。 Desktop Hosting Reference Architecture Guide http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39285 利用する規模は 「Desktop hosting services for tenants ranging in size from 5 to 1500 users.」ということで、1500ユーザーくらいまでを対象に考えられています。 図を見るだけでもわかりますが、テナント(利用する企業)ごとに、認証基盤である Active Directory などが用意されます。 ということは、IPアドレス管理が複雑になりかねません。 そこでこのガイドでは、NVGREによるネットワークの仮想化技術によって、柔軟に対応するよう促しています。 また、このガイドは Windows Server 2012 ベースで書かれているので、ネットワークの仮想化に必須なゲートウェイ機能をマイクロソフトが提供していないと書かれています。しかし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Windows Server 2012 R2 からは、OSがゲートウェイ機能も提供しますし、BGPによるお客様のデータセンターとのマルチパスVPN接続も可能になっていますので、より現実的になっています。 是非、Windows Server 2012 R2 の新機能をご理解いただき、読み替えてもらえればと思います。 ***** それからもう1つ。 Windows Azure 上で DaaS を実装する際のガイドもあります。 Windows Azure Desktop Hosting Reference…

4

知らなかった(^^;) ファイルパスのコピー機能

今日は、MVPさんにディープなお話をしていただく Windows Server 2012 Community Day の日で、司会進行役とビデオ撮影を担当しております。 ある意味仕事中とはいえ、週末に一気にブログの投稿をする生活はどうにかせねばなりませんね(笑) 今日の投稿の最後は、ちょっと軽めに。 もうご存知だと思いますが、新しい OS のエクスプローラーには、こんな機能がついてます。   張り付けると・・・ "\\<サーバー名>\<共有名>\<フォルダ名>\PT-014_osamut.pptx" となります。 自分で作ったファイルをメールで共有することが多い私にとって、すごーくありがたい機能です。 実は私、この機能に最近気づきまして(^^;) お伝えしておこうと思いました。 日本マイクロソフト 高添

0

もう止まりません! 今度は Ubuntu on Hyper-V です。

先日からセミナーなどでは口頭でお伝えしてきましたが、とうとう表に出てきました! 英語で恐縮ですが。。。 Windows Server Hyper-V drivers now supported in Ubuntu http://blogs.technet.com/b/openness/archive/2012/06/01/windows-server-hyper-v-drivers-now-supported-in-ubuntu.aspx?wa=wsignin1.0 ***** 大手の企業様に行ってマイクロソフトのインフラの話をすると、 「へえー、Hyper-V って Linux も動かせるんだ」 と言われることがあります。 日本中に必死で Hyper-V を伝えようとしてきた身としては、さすがにへこみます。 もちろん、最終的な判断として、Hyper-V にないものが必須要件だと言われたら、それは仕方がない事です。 が、それなりにシェアも作ってきた今頃に、仮想化を利用している企業様に全く理解されていないのは、エバンジェリストとしての自分をも許せなくなります。 ということで、今後はもう少し派手に行きますかね (キラッ) このブログを見ていただいている皆様、もし過激すぎたら止めてください<(_ _)> ======== なんちゃって、いつも通りで行きますのでご安心を(笑) 日本マイクロソフト 高添

4

System Center 2012 と次期サーバーOSのセミナーで全国を回ります。

今、日経BP Cloud Days のために大阪にいて、午前中のデモラーと午後一のセッションは無事?終了したので、あとは夕方のセッションを待っているところです。 少し時間もあるので、来週以降の予定をお知らせしておきましょう。 東京・大阪と実施してきたこのセミナーは、少し規模は小さくなりますが、名古屋・札幌・福岡でも実施することになっています。 ==== ★名古屋会場★ http://ac.nikkeibp.co.jp/nc/0313nagoya/ ■日 時:2012年3月13日(火) 13:00~17:40(12:30開場)予定 ■会 場:TKP名古屋駅前カンファレンスセンター ★札幌会場★ http://ac.nikkeibp.co.jp/nc/0316sapporo/ ■日 時:2012年3月16日(金) 13:00~17:40(12:30開場)予定 ■会 場:TKPガーデンシティ札幌きょうさいサロン ★福岡会場★ http://ac.nikkeibp.co.jp/nc/0321hakata/ ■日 時:2012年3月21日(水) 13:00~17:40(12:30開場)予定 ■会 場:TKPガーデンシティ博多 ==== そして、漏れてしまった広島と仙台も、もちろん実施します! ★[IT Camp in 広島] ~マイクロソフトの最新インフラ動向を一気にチェック! ★ https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032507624&culture=ja-jp ■日 時:2012年3月22日(木) 14:00~17:30(13:30開場)予定 ■会 場:日本マイクロソフト 中四国支店 セミナー ルー ★「次期MSサーバー情報 東北初お披露目」~最新データベースから最新仮想化管理ツールまで一気に解説~ ★ https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?culture=en-US&EventID=1032507977&amp%3bculture=ja-JP ■日 時:2012年4月6日(金) 14:00~17:30(13:30開場)予定 ■会 場:日本マイクロソフト 東北支店セミナー…

0

12月1日(木)のセミナーは、これから始める Windows Server 2008 R2 と Lync ~ちょこっと Office 365

自分を痛めつけるために新しいセミナーを企画しているのではないか?なんて思われるかもしれません。 今年最後に私が実施する Tech Fielders セミナーは、Windows Server 2008 R2 と、震災時にマイクロソフト社員が業務を止めずに効率的な仕事をし続けることができた重要なツール Lync についてお話をします。 『これから始める Windows Server 2008 R2 と Lync ~つなげるのではなく、いつもつながってる感じ~』 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032499089&Culture=ja-JP **** なぜ System Center やプライベートクラウドじゃないの? それは、11/30~12/1 は六本木でitSMF Japan のイベントがあるからです。 http://conf.itsmf-japan.org/ 私も11/30はそちらにいますし、今年は System Center に加えて Visual Studio チームもブースを出すことになっているので、「運用を意識した開発」と「アプリケーションを意識した運用管理」の両方が見れる面白いイベントになるはずです。 ま、そういう事情もありまして、12月1日の枠は System Center ではない内容をやろうと決めまして。。。 ・ 今は Windows Server 2003 から Windows Server 2008 R2 への移行が本格化している時期で、新しい OS の話をする前に今の OS…

3

基本的な Windows Server と Hyper-V のシャットダウンの仕方

(情報が遅くなり申し訳ありません。現在、各種サーバー製品に関する情報をまとめておりますが、きれいなサイト立ち上げには若干時間がかかるため、一時的にブログを利用します。) 東北地方太平洋沖地震の影響などによる計画停電が続く中、現在停電の対象になっていない地区であっても、夜や週末に向けて Windows Server や Hyper-V マシンを停止する必要があると思います。 そこで、非常に簡単ではありますが、Windows Server 2003 (R2含む) と Windows Server 2008 (R2含む) 、そして Hyper-V マシンのシャットダウン方法についてまとめました。 ***注意*** ITご担当者もしくは担当のベンダー様がいらっしゃる場合は、通常通りの手順で、無停電電源装置や専用の管理ツールの利用、稼働中のアプリケーションを意識したご対応をお願いします。 ただし、ご担当者以外の方が急きょ対応しなければならないような場合には、管理者用のパスワードをご担当者に確認したのち、この内容を参考に安全にシャットダウンをしてください。 また、本来ならば事前にバックアップを取っていただけると安心です。 バックアップを含む停電への対策つきましては、TechNet のサイトにまとめてありますので、こちらをご覧ください。 ********* 【Windows Server 2003 と Windows Server 2003 R2 のシャットダウン方法】 まずは、サーバー機の前に行ってください。 このような画面になっていると思います。 省電力モードなどで画面が暗くなっている場合には、マウスやキーボードを触ってみてください。  サーバーの画面の前で、キーボードの「Ctrl」と「Alt」と「Delete」キーを同時に押してください。 パスワードの欄が空白なので、管理者の方に聞いたパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。 アプリケーションが動いていたら、それを終了させてください。 アプリケーションがとじたら、左下の[スタート]をクリックしてください。 さらに、[シャットダウン]をクリックしてください。 シャットダウンのための画面が表示されます。ただし、この状態だとOKボタンが押せません。 そこで、説明というボックスの中に[停電対策]と入力してください。そうすると以下のようにOKボタンが押せるようになります。 [OK]をクリックすることで、Windows Server 2003 や Windows Server 2003 R2 マシンはシャットダウンされます。 物理マシンがシャットダウンされたら作業は完了です。…

0

Windows Server 2008 R2 と Windows 7 の SP1 提供開始。

ちょっとばかり投稿が遅くなりましたが、とうとう出ました! http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/sp1.mspx (ご存知の通り、x64 版の SP1 は、Windows 7 も Windows Server 2008 R2 も同じモジュールです) さて、これで Dynamic Memory と RemoteFX が利用できるようになります。 Dynamic Memory は、これです↓ こちらは各仮想マシンの設定画面で、今まで「各仮想マシンに対して割り当てるメモリ容量=固定値」だったのを、「スタートアップ RAM」と「最大 RAM」の2つを設定できるようになったわけです。 これだけでも何ができるか?はイメージできるのではないかと思います。 簡単に説明すると、仮想マシンはスタートアップに設定されたメモリ量で起動され、必要に応じて最大に設定されたメモリ(の中で、利用できる物理メモリの限界)まで増加でき、不要になったメモリは減らすことができるというものです。 ポイントは黄色でマークした ”利用できる物理メモリの限界” というところでして、オーバーコミットのように見えてオーバーコミットではありません。 物理メモリ以上のことをコンピューターに要求するオーバーコミットにはやはり無理があるので、「物理マシンに搭載した物理メモリを最大限活用する」という現実的な処理に特化したわけです。 詳細はこちらをご覧ください。必見のビデオです! http://msdn.microsoft.com/ja-jp/events/gg462952.aspx **** RemoteFX についてはこちらをご覧ください↓ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/events/video/gg566453 仮想マシンの中でミサイルも飛行機も飛ばせますし、VDI も次のステップへと変わっていくかもしれません。 そして、我々が VDI に力を入れることで、Citrix さんとの協業もさらに進化していくことでしょう! RemoteFX の面白さを知れば知るほど、Citrix さんの凄さもわかりますから。 (余談ですが、SCVMM 2012 は Xen の管理も、NetScaler 連携も意識されています) ちなみに、RemoteFX については、NVIDIA さんのお力添えをいただいて、私自身テストをしているところです。…

0

Windows Client、Server、System Center、そして Forefront のプリセールスSEチームブログが集約されました。

クラウドの波に乗り、7月からスタートした新しい期で、マイクロソフトの社内も人の配置が大きく変わってきました。 そんなこともあり、今まで3つに分かれていたブログを1つに集約することにしたそうです。 Windows インフラチーム ブログ 日本のマイクロソフトで勤務するエンジニアも、皆さんに負けず頑張っております! 早速、Forefront TMG や MED-V 2.0、監査証跡に関する内容など、製品のホワイトペーパーではなかなか見れない内容が投稿されています。 是非、見てあげてください。 というか、各製品については私よりもはるかに詳しいメンバーによるブログですから、是非参考にしてください。 **** (私自身のブログページにあるブログリストも整理をしました) 彼らが持っている製品全部私の範疇ということになっていますが、もうついていけない なんて言ってられないので、私も頑張ります! マイクロソフト 高添

0

Windows Server 2008 R2 SP1 RC ダウンロード開始 ~Dynamic Memory の検証を!~

最近、ご無沙汰しておりまして・・・すいません。 Windows Server 2008 R2 SP1 RC のダウンロードが開始されたので、是非とも Dynamic Memory などの検証をお願いできればと思います。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/ff183870.aspx マイクロソフト 高添

0