4月24、25は名古屋でセミナー(WS2003移行とAzure IaaS)を開催します!!

東京では「これでもか!」というくらいセミナーをしていますが、名古屋に行く機会は少なくなっていると感じていました。 そこで、4月24日(木)は、HPさん、ビズポイントさんと共同でセミナーを名古屋開催することになりました!! テーマは、旬な「今から始める Windows Server 2003 サポート終了対策」です。https://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?culture=ja-JP&EventID=1032582221&IO=%2bwv6qA6q23f9TXZ4%2bNGbGQ%3d%3d サポート終了に向け、現時点でお伝えできる情報を整理してお届けすると共に、移行手順の解説や、移行先としての最新サーバーの解説なども行います。※実はこの3社、札幌や東京でもセミナーをしていまして、かなり濃い内容をお届けしていることもあって、とても評判が良いです。 既にお声掛けにより参加登録をしていただいている方もいますが、もう少し席がありますので、興味がある方は是非ご参加ください! ーーーーーーー さて、もう1つは 4月25日(金)の Microsoft Azure の仮想マシンと仮想ネットワークを中心にしたセミナーです。https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032581068&culture=ja-JP Hyper-V や System Center をやっている身としては、遠い存在だった Azure。でも、Azure と向き合って数か月、私の中ではクラウドというものへの考え方が大きく変わりました。 Hyper-V や System Center、VMware さんが要らないという事ではありません。ただ、IT で何をやりたいかという本質を考えると、同じことがクラウドで出来たらそれは十分な選択肢になるわけです。だから、今のクラウドはどこまで使えるようになっていて、どこに制約がありそうかを理解することが重要なのだと思っています。 そこで、今回は仮想化エンジニア向けをテーマに、以下のような流れを考えています。 ・軽くAzure概要・1台の仮想マシンをサッと作ってみる時に知っておくべきこと・2台以上の仮想マシンを作る際に、仮想マシン間通信や名前解決を含め、理解しておくべきポイント・Azure上に仮想ネットワークを作って社内とVPNでつなぐために知っておくべきこと・次のステージとしての”シームレスハイブリッドクラウド”と”PaaS としての Microsoft Azure” の紹介 IaaS 部分については、私自身が Azure を理解してきた過程をセッションのコンテンツにしました(笑) 2日連続の参加は難しいかもしれませんが、是非こちらもご参加いただければ幸いです。 日本マイクロソフト 高添


Azure 仮想マシンセミナー 4月14日と21日も開催決定!

今日の朝方に投稿させていただいた 3月28日の Windows Azure 仮想マシンのセミナーですが、 http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2014/03/10/3624635.aspx 4月14日と21日にも開催することになりました! 4/14:https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032581071&Culture=ja-JP&community=0 4/21:https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032581099&Culture=ja-JP&community=0 14:00 – 14:10 ごあいさつ14:10 – 14:45 Windows Azure 概説15:00 – 16:25 仮想マシンは Windows Azure に作りましょう16:40 – 17:30 いずれくる シームレス ハイブリッドと PaaS の世界を覗いてみよう 今どきの Windows Azure の勢いは感じてらっしゃると思いますが、知ってて損は無い内容のはずですので、会社の同僚や後輩にも紹介してあげてください。また、「うちはクラウドの勢いを全く理解できていない」と嘆いているあなた!是非とも先輩や上司にも紹介してみてください。 *******クラウドを意識していないお客様であっても Windows Azure の画面を見てもらうと驚いてくれます。 クラウドという大きなバズワードに距離を感じていた方であっても、数クリックで作成し、数分後に出来上がった Azure 上の Windows Server にリモートデスクトップでつながった画面を目の当たりにして何も感じないはずがありません。※簡単すぎて、クラウドという存在が見えなくなるかもしれませんが(笑) ちなみに、私はこれからも Hyper-V や System Center もやっていくつもりですが、オンプレミスの技術の進化を正しく理解し、Windows Azure 上で起きているITのサービス化を知ることで、見えてくるものがあります。両方を知ることこそ、これからのエンジニアの強さかもしれません。 是非一緒に学びましょう。 日本マイクロソフト…


Windows Azure を使った DaaS が出ますよ!

とうとう、DaaS on Azure の登場です! いや、 デスクトップサービス on Azure を3月20日から提供していただけることになりました! というのが正しい表現でした。 興味がある方はこちらをご覧あれ!http://www.bit-isle.jp/news/service/79 ビットアイルさんにはお世話になりっぱなしで、なんとお礼を言ってよいやら。。。 このサービスの成功を願っております。 あと、ビットアイルさんが Hyper-V & System Center ベースのサービスをしてくれているのをご存知でしょうか? System Center を直接操作できるクラウドサービスなので、System Center の導入をしたいけど社内に環境を作るのは少し敷居が高いと思っている企業の方にも使っていただけるはずです。最近、System Center に興味を持ってくれる方が増えた分、導入するための敷居について話をすることが多いので。。。 もちろん、クラウド基盤としてHyper-VとSystem Centerを活用してくださっているホスティング事業者様もいらっしゃいまして、ほんとにうれしい限りです。 日本マイクロソフト 高添


3/28 夕方から Windows Azure 日本データセンター開設記念 パート 2 ~「オンプレミスなエンジニアにこそ来てほしい System Center & Azure Night! 」~

先日、Windows Azure  日本データセンター開設記念のパーティが品川の1階で会ったのをご存知でしょうか?屋台あり、スペシャルなゲストも多数あり、樽酒ありの大盤振る舞いで、かなりの盛り上がりを見せていましたね。 私もその場にいて、雰囲気を楽しませていただきました。 ただ、私はどちらかというと賑やかな雰囲気ではおとなしくなってしまうタイプでして(笑)、そう言うタイプの方々は仮想化基盤や運用管理をしている人の中には多いだろうなと。。。 そこで、Windows Azure 日本データセンター開設記念パーティ 第2弾として、 System Center & Azure Night!http://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300152852 を開催することになりました。 極端に盛り上がる余興があるわけでもないですが、普段 Windows Server や System Center を楽しんでくれている方々のための時間にしたいなと。。。そしてそのような方々にWindows Azure のポテンシャルと Azure 界隈の盛り上がりについて少しでも知ってもらえれば良いと思ってます。 当日はセミナーもやるのですが、セミナー参加者の方も、別途お申し込みをお願いします。=人数把握のため それでは当日、パーティ会場にてお待ちしております! 日本マイクロソフト 高添


3/28 は、サーバー仮想化エンジニア必見!「仮想マシンを Windows Azure に作る」セミナーです。

オンプレミスな技術の進化を楽しんでいた私も、かなりの時間を Windows Azureに割くことになりました。 そして、サーバー仮想化をやってきた頭のまま Windows Azure を触れる中で、ようやく見えてきたものがあります。また、クラウドは素人に毛が生えたような程度でも、私自身の頭の中ではクラウドへの理解がどんどん成長しています。 そこで、Windows Azure についての私なりの解釈をお伝えしようと思いセミナーを立ち上げました。http://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300152851 [Agenda] ※アジェンダは変更される可能性があります。14:00 – 14:10 ごあいさつ14:10 – 14:45 Windows Azure 概説15:00 – 16:25 仮想マシンは Windows Azure に作りましょう16:40 – 17:30 いずれくる シームレス ハイブリッドと PaaS の世界を覗いてみよう これまでの Windows Azure は 「PaaS ありきで、IaaS も出たよ」という感じだったと思いますが、本セミナーでは「IaaS ありきで、いずれ来るであろう PaaS やシームレスハイブリッドクラウドを知っておくべき知識としてお伝えする」という流れに変えようと考えています。 私なりに考えた末、その方が理解しやすいと思ったからです。だからこそ、サーバー仮想化をずっとやってきて、パブリックなクラウドが気になりだした方にこそ是非ご参加いただければと思います。 ※ほぼ同一内容のセミナーを何度か繰り返す予定なので、3月が難しい方も4月や5月にお越しください。 ただし今回は、終わった後に別途申し込みをしていただくパーティもありますので、そちらも興味があればご参加ください。どうぞよろしくお願いします。 日本マイクロソフト 高添

1

Windows Azure Backup が正式にリリースしました!  月々 GB あたり ¥41.52

待ちに待ったサービスの登場です! http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/backup/ 価格も大事ですね。 こんな感じになりました。 どうでしょう? 計算が面倒だという方のために、計算用のサイトも Windows Azure Backup に対応しています。 ざっくりと、約1TBで、月々 約¥42.500.- くらいですね。 やっていることの重要性と、通信料などは気にせずに容量のみの課金であることを考えれば、とても良い感じの価格提示だと思うのですが、どう感じますか? もっと大事なことを忘れていました。 これをどうやって使うかというと、 1:Windows Server 標準機能のバックアップツールから使う 2:System Center Data Protection Manager から使う 3:Windows Server 2012 or 2012 R2 Essentials から使う 情報はこちら。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windowsazure/hh831419.aspx ****** 最後に、いろいろと試してくれるであろうエンジニアのみなさんにとって気になる点を2つだけお知らせしておきますね。 ① 重複除去したデータはバックアップ可能? http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windowsazure/jj573031.aspx#BKMK_faq_5 答えはYes。ですが、重複除去はWindows Serverのストレージとしての機能なので、Windows Serverのストレージから外に出たデータについては除去が解除された状態で保存されます。今後に期待ということでしょうか。 ② 他のツールからも使える? 情報を見つけられませんでした。現時点では難しいそうですね。というのも、Windows Azure Backupを使うときは専用のエージェントが必要になるので、そのエージェントをコントロールできるか、エージェント無しでも直接 Windows Azure Backup を操作できるようにならないといけません。 とはいえ、クラウドという世界は動きが早くて、私がついていけていないだけかもしれないので、新しい情報を見つけたらブログを更新します! 日本マイクロソフト 高添


DaaS 用のリファレンスアーキテクチャーガイド ~Azure版もあります

時代の移り変わりを受け、少しずつですがマイクロソフトの情報の在り方も変わってきています。 その1つがリファレンスアーキテクチャーに関するガイダンスの提供です。 日本語でないのは申し訳ありませんが、全体像を把握するためにDocの中にある図だけでも見てください。 Desktop Hosting Reference Architecture Guide http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39285 利用する規模は 「Desktop hosting services for tenants ranging in size from 5 to 1500 users.」ということで、1500ユーザーくらいまでを対象に考えられています。 図を見るだけでもわかりますが、テナント(利用する企業)ごとに、認証基盤である Active Directory などが用意されます。 ということは、IPアドレス管理が複雑になりかねません。 そこでこのガイドでは、NVGREによるネットワークの仮想化技術によって、柔軟に対応するよう促しています。 また、このガイドは Windows Server 2012 ベースで書かれているので、ネットワークの仮想化に必須なゲートウェイ機能をマイクロソフトが提供していないと書かれています。しかし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Windows Server 2012 R2 からは、OSがゲートウェイ機能も提供しますし、BGPによるお客様のデータセンターとのマルチパスVPN接続も可能になっていますので、より現実的になっています。 是非、Windows Server 2012 R2 の新機能をご理解いただき、読み替えてもらえればと思います。 ***** それからもう1つ。 Windows Azure 上で DaaS を実装する際のガイドもあります。 Windows Azure Desktop Hosting Reference…

4

2013年08月31日 Windows インフラエンジニア ビギナーズDay 開催

最近、コミュニティの方々とお話をする機会が多く、私が知らない現場の事、テクノロジーの詳細をいつも教えてもらっています。 本当にすごい人たちがいるもんだなあと感心するばかりですし、彼らがいて、彼らの経験を疑似体験させてもらっているからこそ、怖がらずに一人でいろんなパートナー様やお客様のところに出かけていくことができるとも思えます。 もしかすると、ソーシャルの恩恵を誰よりも受けているのかもしれません。 *** さて、そのすごい人たちは深く濃い情報を持っているので、コミュニティ主催のセミナーでも濃い内容を披露してくれているのですが、それで自己満足しないのも彼らのすごさで、日本のエンジニアが育っていないのではないか?という危惧を抱き、なぜかみんなで悩んでいます(笑) そして、日本の若いエンジニアのために何かをしたいということで、企画をしてくれたのが 「Windows インフラエンジニア ビギナーズ Day」 http://kokucheese.com/event/index/101838/ です。 情報収集と交流の場、言うのは簡単ですが、なかなか機会を作れるものではありません。 この貴重な日を大事にしたく、もし 「こいつにはいろんな経験をさせたいなあ」 と思っている後輩や部下がいたら、是非すすめてあげてください。 どうぞよろしくお願いします。 日本マイクロソフト 高添


4/16(火)は MMS Feedback ~マイクロソフトが提供する運用管理 最前線~

4月8~12日 ラスベガスでは、恒例の Microsoft Management Summit 2013 (MMS) が開催されます。 http://www.2013mms.com/ 私も参加することになっています。 いいでしょ(笑) なんてことを言っている場合ではありませんよね。 だって、お伝えしなければならないことを受取に行ってくるのですから。。。 **** ということで、おそらく時差ボケがなおっていないであろう火曜日の午後に、興奮が冷めないうちに、MMS の内容をギュッと凝縮してお伝えするセミナーを実施することにしました!!! https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032549427&Culture=ja-JP&community=0 内容は、もちろん現地に行ってみなければわからない部分もありますが、ざっくりと以下のような感じになると思っています。 1:MMS というイベントと、基調講演のメッセージ 2:Datacenter 構築と運用の最新動向 3:DevOps の最新動向 4:PC & デバイス管理の最新動向 今のところ、私と SCCM のスペシャリスト青木の登壇が決まっています!! MMS に興味がある方、行きたいけどいけない方、マイクロソフトの運用管理の最前線を聞きたい方など、多くの方にご参加いただければと思っています。 そして、Tech Fielders セミナーなので、終わった後は軽めにその場で懇親会です。 技術的な内容に加えて、ラスベガスのイベントってどうなの?みたいなぶっちゃけ話も皆さんとできればうれしいです! それでは、品川のセミナールームでお待ちしております。 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添


ARCserve r16.5 が Windows Server 2012 に対応してくれました

CA さんから Windows Server 2012 や Windows Azure に対応したよ!というご連絡をいただきました。 CA Technologies、ハイブリッドなデータ保護ソリューションの最新版 CA ARCserve r16.5シリーズ を発表http://www.ca.com/jp/news/Press-Releases/apac/2013/jp-20130226-ca-arcserve-r165-series.aspx 森さん、どうもありがとうございます!!! ARCserve をお使いのお客様やエンジニアさんも多い事でしょうし、これで更に Windows Server 2012 の導入が現実的になったと思った方もいるはずです。 それに、Windows Azure 対応の部分は、Azure チームも喜んでくれることでしょう! 私も概要は理解しておかなきゃ(笑) 日本マイクロソフト 高添