2月22と23日は九州と関西で VDI や運用管理クラウドのセミナーがあります。私は22日に仙台でセミナーです!

「知ってもらえなければ選択されることはない」 ということで、2月の22日と23日は、パートナー様にもご協力をいただき、日本マイクロソフト社員も総出でMicrosoft Azureを知ってもらう活動をすることになっています。 http://event.shoeisha.jp/special/20170222 そして、関西と九州では、私が良く知っている「テクノロジー的な裏付けができるメンバー」が以下のセミナーを開催します。 —— 2月22日 関西支店 はじめてみませんか? ハイブリッド クラウドのススメ~最新版 クラウド上で構築する VDI から、はじめてのクラウド運用管理まで https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x131833588f9 2月23日 九州支店 はじめてみませんか? ハイブリッド クラウドのススメ~最新版 クラウド上で構築する VDI から、はじめてのクラウド運用管理まで https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x130723926bc —— ご存知の通り、VDI や管理基盤もクラウド化の波が押し寄せています。 そして、その2つに関しては、マイクロソフトの強みを生かせる分野で、しかも他社の追随を許さないほどの充実したサービス提供が始まっています。 知らないと損です。 クラウド版の VDI、運用管理製品のクラウド化について知らなかったという方、他社の話を聞いたけどピンとこなかったという方、是非ご参加ください。 **** ちなみに私はというと、2/22 は仙台で、リコージャパンさん、日本ヒューレット・パッカードさんとのセミナーの中でお話することになっています。 http://www.ricoh.co.jp/event/seminar/16S254.html ~ 15:15 – 16:05  【A2】 最新 Windows Server とクラウドで考えるファイルのセキュリティ~ 東北の方は、会場にてお待ちしております! 日本マイクロソフト 高添

0

8/17 夕方 Hyper-Converged Infrastructure Community Meetup #4

いつもお誘いをいただくHyper-Converged Infrastructure Community Meetup の4回目が8/17の夕方から開催されます。 http://japanhci.connpass.com/event/36395/ 私も枠を用意してもらっているので、私のHCIへの認識、マイクロソフト自身のHCIへのアプローチに加えて、マイクロソフトが作るデータセンターやマイクロソフトが設計するハードウェアのお話もさせていただきます。 それから、8/18 はGPU や VDI 関連の会があります。 Japan GPU-Accelerated VDI Community Meetup #4 http://japangpuvdi.connpass.com/event/36396/ 私はこちらには参加できませんが、MSからも山本・藤本が参加して頑張ってくれると思います^^ ”N”の最新情報が間にあうといいですね。 両方とも、夕方からですが、ゆるーい感じで密度の濃い時間が過ごせますので、興味がある方は是非ご参加ください! 日本マイクロソフト 高添

0

「Windows Server 2016 新機能セミナー」開催決定 ~6/15は久々のVDI、6/17はストレージです~

6 月はマイクロソフトにとって 1 年間の締めくくりの月であり、来期に向けた活動を始める時期でもあります。 インフラ系エバンジェリストの私も、来期に出てくる Windows Server 2016 をどのように日本市場に浸透させていくかをずっと考えていて、これまでの数か月は Nano Server や Windows Server Container、Service Fabric といったアプリケーション基盤 (DevOps と呼ばれる世界に近いテクノロジー) の話を通して Windows Server 2016 が目指す新しい方向性についてお伝えしてきました。 これらの技術は、今後製品化に向けて開発が進む中でブラッシュアップされていくでしょうし、パブリックなクラウドを利用されているエンジニアのみなさんには、次期サーバー OS が目指す方向性に共感していただけるのではないかと思います。 ************************* ただ、Windows Server 2016 はそれだけではありません。これまでの Windows Server の歴史を受け継ぐ各種機能も当然新しくなっています。 「馴染みのある技術が進化する」のはエンジニアにとってうれしいことですし、Windows Server 2016 という新しいサーバー OS の登場とともに低リスクで再検討しやすい領域でもあると思います。 そこで、そろそろいいかなと思えるタイミングであるという判断をして、VDI とストレージに関するセミナーを開くことにしました。 6/15 Windows Server 2016 新機能セミナー (VDI 編)  13:30-18:00 (13:00開場) https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x234119bb46 ※ Windows Server…

0

NVIDIA と Hyper-V の密な関係は Azure 側からスタート!

マイクロソフトの GPU 仮想化といえば、RemoteFX です。 物理サーバー(Hyper-V マシン) に搭載した GPU のパワーを Hyper-V 上の複数の仮想マシンから利用できるように実現した技術で、ベータの頃からイベントでデモをしたりしていました。 <<仮想マシンから見たディスプレイアダプター:ここがポイント>> Dxdiag を見ると、ちゃんと DirectX 関連のアクセラレータも使えるようになっています。 ただ、時代の流れは速く、GPUベンダー NVIDIA は新しい形の GPU 仮想化技術を世の中に送り出し、最初は Xen Server、そして VMware 社が対応し、VDI における GPU 活用例が徐々に現実味を帯びてきています。 そして、マイクロソフトはというと、クラウドファーストを旗印に、特定のGPUベンダーへのロックインを避け、ハードウェアではなくクラウドに最適化する方針をとろうとしていました。 GPU の仮想化についても、Windows Server 2016 の Technical Preview 3 を見てもわかる通り、NVIDIA との特別な関係には触れられていません。 しかし、クラウドファーストを徹底するために、先日大きな方向転換の発表をすることになりました。 Azure IaaS にまもなく登場予定の N シリーズという仮想マシンの発表です。 https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/videos/azurecon-2015-applications-that-scale-using-gpu-compute/ Hyper-V マシンに搭載した NVIDIA の GPU パワーをダイレクトに仮想マシンから活用する仕組みを搭載する予定です。 仮想マシンの中から見たディスプレイアダプタが RemoteFX の時と大きく変わっていることがお分かりになるでしょう。…

0

次期 Windows Server の情報発信を開始します!

2014年10月に公開を開始した Windows Server Technical Preview は、お客様からのフィードバックを大きな目的とした開発初期段階の簡易評価版で、次のサーバーOSのポテンシャルを感じるいくつかの機能は検証が可能ですが、新機能の一部となっています。 そして、「いつになったら新しいサーバーOSの情報が出てくるのだろう?」 そう思ってくれているエンジニアさんの気持ちに応えたのが、10月末のTechEd Europeです。 TechEd Europe のスライドとビデオも公開されています → https://channel9.msdn.com/Events/TechEd/Europe/2014 ******* となると、私も黙っておけない状況になってきたわけです。 そこで、日本でも次期 Windows Server の情報発信をスタートすることに決め、先日の Cloud OS MVP Roadshow というイベントにてお話をさせていただきました! あれっ、聞いてない? 大丈夫です。 コミュニティ System Center User Group Japan の皆様のご協力もいただき、年内だけでも以下のような機会が用意できました。 -----① まずは週末 (2014年12月13日 13:30 ~) System Center User Group Japan 第11回勉強会https://atnd.org/events/59306 次期 Windows Server と System Center の運用にかかわるところを、私よりもディープなスペシャリスト達が語ってくれます。私も勉強のために参加します! ② 平日 (2014年12月22日 13:00 ~)…

2

Hyper-V クラウドシナリオ完成! ~ F5さんありがとう!

Software Defined Datacenter ・・・マイクロソフトのテクノロジーも同様の進化を遂げており、ソフトウェアベースで Microsoft Azure そっくりなクラウドも作れるようになっています。 ただ、ロードバランサー、ファイアウォール、そしてオーバーレイネットワーク技術 NVGRE 環境を構築した場合のゲートウェイなど、ネットワーク基盤においてハードウェアベースのソリューションを望む声は少なくありませんでした。 そして、とうとう、ようやく、F5 さんが出してくれました!!! しかも、お話を聞いていてワクワクしてしまうくらいに、マイクロソフト技術を使ったネットワーキングの、様々なシナリオを1ボックスでカバーしてくれるようになっていました。 ****  ちょっと大げさに書くとこんな感じのやり取りがありました **** 私: おー、ようやく NVGRE Gateway 機能を出してくれたんですね~ F5さん: はい、お待たせしました! 私: 仮想アプライアンスですか? F5さん: いえ、物理です^^ 私: マジですか! それはありがたいです。 SCVMM  プロバイダーも出してくれたので NVGRE 環境の構築から運用までのシナリオがきれいに描けますね。 F5さん: はい。最近はセキュリティにも力を入れているので、ロードバランサーとかゲートウェイだけでなくファイアウォールの役割も担います。 私: ネットワークエッジにおけるトータルソリューションですね! F5さん: エッジと言えば、Microsoft Azure とVPNでつなぐときの VPN ルーターとしても使っていただけます。 私: ということは、1ボックスでNVGREベースの自社データセンターと Microsoft Azure がつながると。 F5さん: その通りです。 それから・・・ 私: まだあるんですか? F5さん: そうなんですよ。実は今日、Office 365のセミナーで話をすることになってまして。。。 私: ??? F5さん: SAMLをサポートしたので、ADFSの代わりができるようになったんです。      あと、MSさんのTMG/UAGの代替ソリューションとしてリバースプロキシやフォワードプロキシの機能も提供してまして。 私: ADFS が要らない? F5さん: そうです^^ ADFS…

0

1日で技術情報を貯金できる 10/31(金) 福岡のセミナーに参加しましょう。

先々週、先週と、グローバルナレッジさんのイベントで「マルチスタックエンジニア」についてのお話をさせていただきました。 また、先週水曜日の「クラウド時代のエンジニアのスキルを考えるセミナー」でも、私がどんな感じで仕事をしているかを話させていただきました。 両方ともに共通してお話をしたのは、いろんな事に反応できるエンジニアになってほしいということです。 そのためには情報を持っておかないといけません。 しかも、自分で探し出すよりも知っている人から聞いたほうがはるかに効率的です。 そう言えば、10/31に福岡で今度やるセミナーは、それです。 MS & DELL & Win.tech.q 共催 Tech Fielders セミナー in 福岡~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032597472&culture=ja-JP 最新のハードウェア、Microsoft Azure、Azureを使った災害対策、Azure Pack、Windows Server 2012 R2、VDI、VDI のAzure版・・・ VDI事例を話してくださる方から届いたスライドを見ましたが、そこだけでもかなり面白いですし、800ページの書籍を案件をこなしながら書いちゃうようなスペシャリストさんの話も聞けます。 パブリックなクラウドしか持っていないベンダーのセミナーではないので、クラウドの良さはお伝えしますが、自社内のサーバーも否定をしません。 わからないところがあれば、あとでこっそりでもいいですし、飲みながらでも質問してもらってもかまいません。 私は昔、極度に緊張するタイプだったので、質問をするのに声が震えたり、のどが渇いたりしていて、質問したいことがあるのにあきらめていたことがありました。 が、変われました。たぶん、自信がなかっただけなんです。 なので、自分はこのままでよいのか? と思っている方は特に、この1日、みっちりと話を聞いていただいて、まずは情報武装を始めましょう。 そして、人前で話をしたことがないエンジニアさんは、ライトニングトークという時間を活用して、5分で自分が持っているとっておきのTipsをお話してみてください。 お申込みはこちら http://www.microsoft.com/ja-jp/techfielders/interview.aspx 人生が変わるかもしれませんよ、私のように・・・ —ということで、先日も投稿したのですが、Microsoft Conference の準備やら出張やら、体調不良やらで、フォローができていないので、もう一度お伝えしておきます。 それでは、九州の皆さん、月末に中洲川端でお会いしましょう! 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添

0

10/31 福岡 最新のITを丸一日で伝えるセミナーを開催します!

福岡で密度の濃い勉強会をやりたい・・・と、コミュニティリーダー知北さんやエバンジェリスト高岡と話をしていました。 そして10月31日(金)に、マイクロソフトとDell さん、そして福岡のコミュニティ Win.tech.q の共催セミナーを実施することになりました!! MS & DELL & Win.tech.q 共催 Tech Fielders セミナー in 福岡~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032597472&Culture=ja-JP&community=0 ・Windows Server 2003 サポート終了話あり・Microsoft Azure やクラウドを使った災害対策の話あり・できたてホヤホヤの書籍の著者からWindows Server 2012 R2の話あり・Dellさんの最新サーバー機を見ることもでき・オンプレミスで作るプライベートクラウド Azure Pack の話あり・VDI については、福岡での VDI 事例を現場の方にお話いただけることになりました! また、しばらくご無沙汰してしまってましたが、現場のエンジニアによる現場のエンジニアのための活動「Tech Fielders」の再始動を記念して、福岡でライトニングトークの時間も用意しています。 話す内容はあまり気にせず、最近出会ったTipsや苦労話など、5分でお話をしていただける方を募集中です。 コミュニティ Win.tech.q のほうで連絡をしてもらってもよいですし、ライトニングトーク参加者募集のサイトも用意したので、こちらからマイクロソフトに対して応募していただいてもOKです!http://www.microsoft.com/ja-jp/techfielders/interview.aspx そのあとはすぐに懇親会ですので、失敗してもすぐに忘れられます(笑)皆様からのご応募、お待ちしております! それでは10月末、福岡でお会いしましょう。 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添

0

VDI 環境の下回りの話 ~Mellanox 40Gbps とストレージ仮想化 DataCore SANsymphony-V ~

可能性がどんどん広がっていく・・・この感覚がたまりませんね! *** SCSKさんが SMB Direct を利用した中小規模向けサーバ仮想化・Server-VDI基盤パッケージの検証結果を出してくれました! http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=14924 構成は・・・ ・日本HPのラックサーバ 4台 ・Mellanox ConnectX-3 VPI アダプターカード (SMB Direct over 40G イーサネット) ・Mellanox 40Gb CEE Switch ・DataCore SANsymphony-V ・もちろん、サーバーOS は Windows Server 2012 R2 だそうです。 関係者の皆さん、どうもありがとうございます<(_ _)> *** さて、ネットワークのボトルネックを無くすことで、Windows Server ベースのストレージ仮想化が更に生きてくるという感じでしょうかね。 ネットワークを 10G にするか 40G にするか、担当者の悩みは尽きないと思いますが、40Gのポテンシャルを活かせるソリューションが増えてくれば自然と選択されることでしょう。 そして、DataCore さんとは数年前にお話をしてからずっとご無沙汰だったので、この件をネタにまたお付き合いできるといいなと思いました。 上記の内容については、詳細を早く聞いてみたいものです^^ 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添

0

8/28 は VDI と Azure の関係をお伝えするセミナーを開催します!

告知が遅くなってしまいました(汗) もし都合がつく方はお申込みください。 さて、今回のセミナータイトルは・・・ Tech Fielders セミナー「複雑化した VDI をリセット!  MS VDI + Azure でシンプルな VDI を目指そう!」 です。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032593113&culture=ja-JP **** VDI に対するお客様の期待は様々でしょうが、その中でも一番大きなのは「リモートで動作するシステムを手元で不自由なく利用したい」ということなのだと思っています。 なぜなら、それが、データや業務処理を社外に持ち出さない仕組みとして利用できるからで、結果として情報漏えい対策につながるからです。 また、大規模災害などによる交通マヒでも場所を選ばず仕事ができ、それは在宅勤務などを含む働き方の改善にもつながるからです。 最近サーバーベースドコンピューティング =旧ターミナルサービス的な利用が見直されているのは、「仮想デスクトップをたくさん並べなくても、結果が同じであれば良い」という判断につながってきているからだと思います。 **** で、今回のセミナーです。 MS VDI については何度もお話をしているのですが、今回も、あらためて OS 標準機能で作るシンプルな VDI についてお話をするところから始めます。 これが、VDI を Azure に持って行く際に必要となるコンポーネント解説になりますので。。。 ここでMS VDI の基盤側の話をしてしまうかもしれません そのうえで、MS VDI on Azure IaaS (現時点では RDS on Azure IaaS と言ったほうがよいでしょう) とは何かをお話しします。 そして今回の目玉、Azure の機能として提供される Microsoft Azure…

0