11/26 のWindows Server Container & Nano Server & Hyper-V セミナー資料公開

当日の夜に公開しつつ、ズルズルとブログ書くのが遅くなってしまいました。 まずは、DevOps 技術と共に語られることが多い Container の Windows Server 版と、Conainer も動く極小 Windows Server = Nano Server のセッションスライドです。 https://doc.co/xsF4M2 また、Hyper-V や SDN, SDS に関するセッション資料はこちらになります。 https://doc.co/LZgza1 ※ Windows Server 2016 Technical Preview 4 は日本語版が出ていますが、もし機能検証をしたいのであれば、言語のところで躓く必要のない英語環境でお試しいただければと思います。 で、もう1つ、パートナー様のソリューション紹介についてですが、もう少しお時間をいただきたく。というのも、少しずつ企画してきたものがようやく動き出せることになりまして、今月中には数社のパートナー様のソリューションを紹介するビデオコンテンツを作成し、公開させていただきます!! ***** さて、セミナー中にもお伝えし、上記スライドにも書きましたが、重要なお知らせがあります。 それは、 最近の TechNet の情報はエンジニア目線で作られるようになってきた! ということです。 以前は、どこのページに行ってもリンク集のような状況で、何度リンクをクリックしても目的の情報にたどり着けないということがありました。 少しだけ言い訳をすると、メーカーとして情報を提供するために、漏れがないようにしたかったのです。大量の情報を整理していくうちに、情報は階層的になり、同じような情報はページを作ってリンクで飛ばすという形になり、様々な機能がつながっているWindowsの場合、結果としてリンクの先にまたリンクがあるというわかりにくいものになってしまいました。今でも、情報を網羅的に掲載する必要がある部分は、リンク集の塊になっているのは事実です。 でも、少なくとも、実際に最新機能を試したいと思う方に見てもらうためのサイト Customer Experience Guides は全く別物です。 Customer Experience Guides for Windows Server 2016 Technical Preview 4https://technet.microsoft.com/en-US/library/mt420609.aspx かなりスクロールしなければ最後までたどり着けないくらいに1ページは長くなったものの、できる限り1つのシナリオを1ページで完結するような作りになってきていますし、「まず触ってみよう」と思った時に、十分に参考にしていただけるものになってきています。 ※Windows…

0

Hyper-V 環境を構築する事をイメージして作ったホワイトペーパー完成!

お客様やパートナー様向けに直接 Hyper-V の話ができる時は、画面を見てもらいながら実際の環境構築でポイントになりそうな箇所を解説することができます。 ただ、TechNet のサイト上に置くコンテンツとなると、どうしても機能説明とステップバイステップ(手順書)が分かれてしまうんです。 全部網羅しようとするとドキュメントが肥大化してしまうので、ある程度は仕方がないのです。。。 ただ、どうにかならんもんかと。 技術者が実際に作業をしながら読みたくなるような、機能解説付きの構築手順書を提供したいなあと、ず~っと思っていました。 例えば選択肢が2つあった時に、「どういう時にどちらを使えばよいか」が書いてあるようなドキュメントがほしいなと。 そしてこの度、ようやく、その願いが叶ったのがこれです! ==== Microsoft Hyper-V 構成ガイド ==== http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hh757499 はじめに Hyper-V 仮想マシンの構成要素 ストレージの構成 ストレージの物理的な構成要素の選択 仮想ハードディスクの種類と選択 仮想ストレージ コントローラーの種類と選択 ストレージの構成手順 仮想ハードディスク (VHD) の構成変更 ゲスト クラスター構成を行う場合の共有ストレージ構成 ネットワークの構成 ネットワークの構成要素 ネットワーク I/O をどのような指針で分散すべきか? 仮想ネットワークの構成方法 オフロード テクノロジの利用によるネットワークの最適化 その他の構成 メモリ プロセッサ 自動アクション (開始アクション/停止アクション) Hyper-V 仮想マシンの管理 エクスポート/インポート スナップ ショット パフォーマンス モニター スクリプトによる Hyper-V の操作 最後に ===========================…

0

ブログが変わります

今、みなさんに見ていただいている「高添はここにいます」は、blogs.technet.com というブログサイトにあるのですが、ブログサイトのリニューアルを控えてまして、突然UIが変わってしまったりするかもしれません。 URLは変わらないようですし、今までの情報はそのまま残りますし、私も頑張って書き続けますので、何かが起きていたら 「おー作業してるんだな。頑張れ!」 くらいに見ていただければと思います。 === ちなみに、今までは私の大好きな桜でしたが、ブログのビューをいろいろと変えやすくなるらしいので、時間を見つけていじりたいと思ってます。 楽しみです! マイクロソフト 高添

4

Live Migration 環境でのディスク障害時の対応 TIPS

マイクロソフト製品サポート窓口によく寄せられるご質問について、サポート部隊のメンバーがわかりやすく解説するビデオ(Webキャスト)が公開されているのをご存知ですか? TOP ページ http://technet.microsoft.com/ja-jp/dd251165.aspx コールが掛かってきたものを一生懸命サポートするだけでなく、事前に情報を伝え、うまく利用してもらうことによって、コールをしなければならい状況を減らしていこうという思いから作ってくれています。 まだまだ数は少ないですが、これからもがんばって作ってくれることでしょう。 ***** その中で最新のものがタイトルにも書いたLive Migration 環境でのディスク障害に関してです。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/ee942177.aspx Hyper-V 2.0 の登場によって Live Migration 環境が使われる機会も増えるでしょう。そうなると当然 フェールオーバークラスタリング環境も使われることになる。 障害が無いことは祈りつつ、もしクラスタのディスク障害に遭遇してしまったときは上記ビデオを参考にしてみてもらえればと思います。 マイクロソフト 高添

0

System Center の新しいサイトを見てください。 ~ついでに仮想化のサイトも紹介してます~

今、マイクロソフトのいろんなサイトのリニューアルが進んでいます。 その1つ、System Centerの情報がわかりにくいと言う声にお応えすべく、と言ってもできることからやっていこうということで、昨年末に運用管理ブランド System Center のサイトがリニューアルしました。 http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/default.mspx パッと見、悪くないと思いませんか? 私が作ったわけではないのですが(笑)、「複雑に見えるITをわかりやすく伝えたい」という私の想いからしても、かなりシンプルに仕上がっている気がします。 私が好きなデザインになっているからそう思うだけだったらすいません(^_^;) あと、ライセンスについては、お正月にコメントをいただいた通り、日本のIT業界の商習慣に合わせた売り方が必要で、このサイトでの整理はあくまでも一般論でしかありません。それでも、一般論が無ければ安く買うための応用編(例えば購入ボリュームに応じて安くなるボリュームライセンスなど)の意味も見えなくなるので、ここから始めたと思ってもらえるとありがたいです。 ==== ちなみに、ここは製品サイトですから(基本的に)技術情報はありません。 技術情報は TechNet の中の System Center TechCenter に集約されています。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/systemcenter/default.aspx あれっ、情報が少ない・・・と思った方、各製品の名前をクリックしてもらえればそれぞれの製品の情報にたどり着きます。 ==== ということで、IT Pro の皆さん向けに我々も変わろうとしてます。 System Center っていろんな製品があるけどよくわからない。。。という方には一度見ていただいて、フィードバックをいただければと思ってます。 マイクロソフト 高添 P.S. ちょっとわかりにくいかもしれませんが、製品カットではく仮想化というカットでもサイトがあります。 http://www.microsoft.com/japan/virtualization/default.mspx 技術情報は 仮想化TechCenter です。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/default.aspx 2月12日の私の Tech Fielders セミナーがトップニュースとして出ていますね(笑) それから、仮想化に関するホワイトペーパーをまとめたサイトも出来てますので、仮想化という軸で System Center を見ている方はこちらもご覧ください。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/dd297510.aspx もう1つ、

0

Active Directory が面白い ~まずは TechCenter に情報を集約~

私が Active Directory に出会ったのは1999年。 当時は Windows NT Server のトレーナーをやっていて、新しく出てくる Windows 2000 Server のトレーニングコースを担当するためにベータ3をベースとした”トレーナー向けのトレーニング”に参加させてもらっていました。 そこで学んだ新しい技術の1つが Active Directory。あの時に Active Directory を学んでいなければ、私の今はなかったでしょう。。。   ===昔の話はこの辺にして=== そんな Active Directory も2月18日で10周年を迎えます。 そして、その10周年を記念して、我々の活動にもいくつかの動きがあります。 まずはこちら。 Active Directory TechCenter http://technet.microsoft.com/ja-jp/activedirectory/default.aspx 一言で Active Directory と言っても、バージョンによって情報は変わります。 また、Windows Server 2008 からは証明書サービスや Rights ManagementサービスなどIdentityを取り巻く機能に Active Directoryという冠がついたりと、情報は多種多様です。 この TechCenter は、それらをまずは整理しようと作ったサイトになります。 バージョンによって、機能によって、情報が厚い・薄いといったことはあるでしょうし、明らかに足りていないという情報があるかもしれません。 Active Directory はこれからも重要な技術ですから、足りない点は補いつつ、「この TechCenter に行けば大丈夫!」というサイトに持っていければと思っています。 マイクロソフト 高添

0

iSCSI Target を含む Windows Storage Server 2008 が TechNet Plus Subscription に!!

クラスタのテストをしたい。 Quick Migration や Live Migration のテストをしたい。 のに、共有ストレージが無い。。。 ずーっとどうにかしてほしいと言われていましたから、少しホッとしました。 http://blogs.technet.com/josebda/archive/2009/05/12/windows-storage-server-2008-with-the-microsoft-iscsi-software-target-3-2-available-to-msdn-and-technet-plus-subscribers.aspx なんだ、TechNet Plus Subscription って有償なんでしょ? そうなんですけど。。。私はマイクロソフトテクノロジに触れるエンジニアさん全員に使ってほしいと考えているくらいなので、そこはお願いしますね。 **** さて、ちょこっとリークしておくと、6月の後半に Windows Server 2008 R2 の道場形式の仮想化セミナーをするつもりです。 その時には Live Migration環境も作りますし、そこでは上記ブログにも書かれている Microsoft iSCSI Software Target 3.2 を利用します。 ソフトウェアの iSCSI Target も面白いものですよ。 マイクロソフト 高添   P.S. 昨日は仙台、今日と明日は広島です。 なんだかブログをかけずにいましたが、下書きにはたまっているので、徐々に出していきますね。

0

Tech・Ed 参加者特典で TechNet サブスクリプションが安くなってます。~詳細はブースで~

Room Aの下にあるさまざまな展示がされているスペースに、うちのチームのブースがありまして、そこで・・・ 「TechNet サブスクリプション 特別ご優待!!」というチラシと、「TechNet サブスクリプション お土産クーポン」 を配ってます。 なんで、セッションの準備もせずに TechNet サブスクリプションのブログ?と思った方もいるでしょうが、正直に書いておきますと、今日サブスクリプション担当者にお願い事をした時に、ブログに書いてと頼まれたのであります。 **** が、その程度でうごくような私ではありません。じゃあ、なぜか???? TechNet サブスクリプションは知る人ぞ知るマイクロソフトのサービスでして、私としては、マイクロソフト製品に触れることがある日本のITエンジニアは一人1つ契約をしてほしいと思っているくらいのものです。 詳細はブースで教えてもらえると思いますが、伝えたかったのは以下の2点です。 1:参加者特典を利用してください 2:お土産クーポンをゲットして会社の仲間にもすすめてください。 今回は TechNet 参加者特典の案内でしたが、これからいろんなところでセッションをする時には紹介していこうかなと思っております。 **** さあ、明日は一発目のセッションです。 がんばります!! マイクロソフト 高添 P.S. ブースでは他にもいろいろ配ってます。。。

0

現場感のあるマイクロソフトのドキュメント群 ~Solution Accelerator~

以前、WSSRA 絡みの投稿の中で「Solution Accelerator」という言葉に注目をしてくださいと書いた気がしますが、久しぶりにサイトにいったらおもしろいことになってました。 http://technet.microsoft.com/en-us/solutionaccelerators/bb892167.aspx 英語で大変申し訳ありませんが、各種ガイドやツールなど、「こんなのあったんだ」と思うようなものが並んでいると思いますので、もし使えそうなものがあったら確認してみてください。 英語が苦手な私には、すべてを紹介するのは厳しいのですが、ポイントになりそうな部分があれば紹介するつもりでおります。 マイクロソフト 高添

2

とうとう開設 Hyper-V フォーラム

仮想化についてセッションをしていると、仮想化を使うことは当たり前のように思えてきます。 「自己暗示」のし過ぎはよくないのですが、「良いものと信じて話しをする」「話しをする対象のファンになる」 のは”伝わるセッション”への近道でもあるので、多くの場合は似たような経験をすることになります。 そして、実際に使っている人からの質問にハッとするわけです(^_^;) 私がたとえ仮想化専任のエンジニアだったとしても、他の方が出くわすすべての事象を事前に想定したり、経験したりすることは不可能ですから。 ちなみに、私の場合は「やばい」と思うのではなく「勉強になるなあ」と思ってしまうタイプなので、知らないことを気にしないで(知っているに越したことはありませんが、経験したことがないから知らないのと気づく能力がないのとは違うと思っているので) 前に進もうとします。だから、いろんな人と話しをしたり、いろんな人の意見を聞いたり、いろんな人が経験した事を疑似体験したりするのが大好きです。 という前置きをした上で、とっておきの疑似体験サイトをお知らせしましょう。 「TechNet フォーラム」 です !(^^)! http://forums.microsoft.com/TechNet-JA/ShowForum.aspx?ForumID=2088&SiteID=36 思いっきり宣伝ですが、宣伝したくなるのには訳があるわけです。 そう、物事にはすべて理由がある。。。なんて言ってるとだんだんそれていってしまうので、話しを元に戻しましょう。 ****** フォーラム立ち上げを企画したMS社内にいる製品担当者は、本当に多くの人に興味を持っていただいているのを実感しているとのことでした。 早急に場を作らなければ・・・と感じたという訳です。 確かに仮想化についてはまだまだ懐疑的な見方もありますし、すべての企業が「仮想化だ」と叫んでいるわけではありませんが、いつ使うかは時間の問題であることも確かですから、是非ともいろんな体験をして、悩んだら書き込み、悩んだ人に出会ったら書き込み、そして・・・ 日本は仮想環境を一番うまく利用している国である・・・ くらいなことになってしまえばすごくうれしいです。 私も皆さんのお役にたてるよう頑張りますので!! ***** ついでということでもないのですが、フォーラムはHyper-V だけではありませんので、開発者もインフラ担当の方も、そしてもう少し上の視点で物事を見ている人も、是非是非オンラインをうまく活用して盛り上がりましょう!! http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/forum/#TOPICS マイクロソフト高添

0