Tech・Ed 2008 のセッション情報が更新されました

大変お待たせしました。 セッションタイトルや内容、講師の情報など、更新されておりますので再度ご確認いただければと思います。 http://www.microsoft.com/japan/teched/2008/default.mspx そして、あらためて、私が担当するセッションを紹介します。 T4-311: System Center & Dynamic IT バード ビュー T4-310: System Center Virtual Machine Manager を利用した Windows Server 2008 Hyper-V 管理のベスト プラクティス ***** System Center & Dynamic IT バードビュー Dynamic IT のベースとなるDynamic Systems Initiative(DSI)については、すでに去年のセッションがWebで無償公開されているのでそちらをご覧いただくとして、徐々に進化している Dynamic IT を毎年きちんとお伝えしたいと思ってあえて System Center チームにお願いをしました。 ちなみに今の構想では、①System Center 製品群を利用した統合管理基盤の全体像把握、②あらためて Dyamic ITの整理と共通定義モデルの現状把握、③高添の頭の中にある Next Step みたいな感じ。 このセッションを、(Microsoft Management Summit)Keynote の後で、しかも…

1

4 日間セッション三昧という Tech・Ed 2008 の価値

http://www.microsoft.com/japan/teched/2008/default.mspx 私が Tech・Ed というイベントに初めて参加したのは、前の会社にいた時でした。 当時は、チームの中ではそれなりに詳しい方だったにもかかわらず、各セッションの内容がすごく難しいなあと思った覚えがあります。 でも、意味がなかったかというと全く逆でした。 それは英語が苦手な私が海外のイベントに行くのと同じような感じでしょうか・・・そこには強烈な刺激がありました。 4日間、技術に埋もれ、新しい感覚に洗脳され、技術者同士があちこちでコミュニケーションをとっているのを見て一人でできるつもりでいた自分自身を小さく感じ、私などどう頑張っても手が届かない領域がそこにあることを思い知らされ、すごく疲れきっているのに新しい世界に目がいくような気がして会社に戻りました。 そして参加2年目、理解度が増していました。 手の届かないはずだったものが少し近づいてきてくれました。 いや、自分がそこに近づけたことが少し嬉しくなりました。 それでも、普段自分が関係している製品や技術についてのみの話しで、みなとみらいで繰り広げられるさまざまなディスカッションについていけるほどではありませんでした。 毎年、それこそ自腹で申し込んでくる人もいます。 丸1日フルに頭を使えるようにと、自腹で近くに宿泊している人もいます。 その理由がわかるようになってきた時、私はマイクロソフトの社員になるというチャンスをもらいました。 それでも、Tech・Ed の壇上に立つメンバーをあこがれのまなざしで見ていました。 マイクロソフト社員としての活動になれ、「忙しい自分」に酔ってしまい、Tech・Edなんか行ってられないと思った年もありました。 実際には、Tech・Edが営業的な活動ばかりしている私の居場所ではないと勘違いしてしまっていたのでした。 (マイクロソフトが製品と技術を売っていることを忘れてしまっていたんですね) でも、技術から離れたままだと、たまに技術的な勉強をしたくなることがありました。 担当していたパートナー様からの技術的な質問に応えるために集中していろいろと調べることが楽しいと感じてしまう・・・そんな瞬間が。 「自分には無理。でも、やっぱり技術って面白い」と思っていた時、エバンジェリストになるというチャンスをもらいました。 初めての Tech・Ed登壇。 最初っから DSI でした。 気づいたらほぼ毎年やってるんですよ、DSI。私がエバンジェリストになっていなければ1度もなかったのではないでしょうか。すごいでしょ(^。^) 製品の話しではないので、私なりの考えを伝えることができ、「マイクロソフトの DSI がようやくわかった」とお客様から言われた時、本当にうれしかった。 その年、もう1つが ADFS のセッションでした。 そう、Windows Server 2003 に R2というマイナーバージョンアップ版が出るタイミング。 といってもベータ版だったので、普通にやってもうまくいかないものと格闘することになりました。 ベータとの格闘が毎年のことになりましたが、Tech・Edがなければ格闘していないかもしれませんし、格闘の結果をいち早くお伝えする場所としてTech・Edは最高です。これは、他人が必死に格闘した内容(ナレッジ)を共有する場所として参加者にも大きなメリットだと思います。 次の年はスペシャルセッション登壇と Longhorn Server。 イベントの顔のような扱いに、恥ずかしくもあり、誇らしくもあり、福岡にいる親に写真が載っているプログラムを持って帰って見せました(^^ゞ のんびりやるはずだった昨年は、なぜか、スペシャルセッションと DSI と SCVMM という強行軍。 ***** どうでしょう。 全然分からなかった私が、いつのまにかスピーカーとなり、自分の意見を人の前で披露できるなんて、いまだに信じられませんが、いまでは毎年恒例のイベントとなりました。 Tech・Ed…