Microsoft Management Summit 2010 で出てきたキーワードと私の宿題

時差ボケ、夜中の仕事、寝不足。。。かなり辛い出張なのですが、妙に楽しいラスベガスです。 さて、もうすぐイベントも終わりに近づいてきており、いろんな話がありましたが、まずはキーワードを整理しておきましょう。 ちゃんと説明したいものについては別途投稿しますが、まずは簡単に書いておきます。 Dynamic Systems Initiative – Dynamic IT 2003年から進めてきた戦略で、モデル化や仮想化、自動化を軸に開発から運用までを自動化する仕組みのことです Visual Studio Lab Management Dynamic IT の中で語られていた「アプリケーション開発とインフラ管理をつなぐ」具体策の1つ? モデル化は試行錯誤を繰り返しつつも発展途上ではありますが、2010という名前の付く製品としては、SCVMMと連動して、開発したアプリケーションのテスト環境を構築するものが提供されます System Center Service Manager とうとう、ITIL 実践のためのMS製品の開発が完了しました。日本語は少し遅れて(と言っても、もうすぐ?)登場します CMDB を持ち、インシデント管理や変更管理、問題管理などの機能を提供するとともに、Active Directory や System Center Configuration Manager、System Center Operations Manager などとの密な連携によって、構成アイテム登録の自動化やシステム監視アラートからのインシデント発行など、「”これ”と”これ”がつながると、もっと楽なのに」という運用管理者のご要望にお応えします System Center Virtual Machine Manager V.Next 開発中の SCVMM の次期バージョン (まだまだ先なので、具体的なセッションは無し) サービス(システム)を意識した仮想環境の自動構築、仮想アプリケーション配布、オフラインパッチング等の機能が追加され、仮想化管理を単なるインフラ管理からシステム管理へと押し上げることができそうです System Center Operation Manager による Windows Azure の監視…


ラスベガスで開催する Microsoft Management Summit 2010 に向けて移動中

https://www1.mms-2010.com/public/home.aspx 昨年はいろいろとあって参加できなかったこのイベントに、今年は何とか参加させてもらうことになりました! 今は日本時間でAM2時過ぎですが、私はシアトルでの乗換中なので、ターミナルの時計はAM10時過ぎを指しています。 あと30分くらいでラスベガス行きの飛行機に乗り込むんですが、飛行機の中で眠れなかったので、日曜日の昼からビール飲んで、映画を見て、仕事してたら夜中になってしまった・・・という状態にかなり近いです。 で、シアトルの空港では無線LANにフリーでアクセスできました! 今更眠れないと思い、PCを開いたものの、ネットがつながらないのはつらいなあーなんて思っていたら大丈夫だったんです。おかげで夜中の2時というのに仕事がはかどります(^_^;) ==== さてさて、話しを元に戻しますが、今年の Microsoft Management Summit は面白そうですよ。 Opalis、Dynamic Infrastructure Toolkit for System Center、System Center Service Manager など、新製品や新しいツールが目白押しで、さらには Cloudを意識したものの情報がチラホラ見えてくるころではないかと思います。 相変わらず英語ができないのは致命的ですが、イベントの雰囲気や私なりの理解についてはブログでも紹介したいと思ってます。 マイクロソフト 高添

2

5/17 (月) 新潟へ「仮想化」を語りに行きます! ~Hyper-V や仮想化管理、更に少し先までお話しします。

一時期、セミナーやイベントの実施回数が減ってしまっていたのですが、最近は体がいくつあってもたりないくらいにセミナーをやっています(^_^;) その中の1つが、5/17 に新潟で実施するイベントです。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032445972&Culture=ja-JP 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター というところで実施するらしいので、今から楽しみです。 日帰りというのが寂しいですが(笑)、あまり行く機会が無いところに行くというのは妙にワクワクしますね。 お昼は何を食べようかなあ。。。前回行ったときは時間が無くてお客様のビルの前にあったモスバーガーだったなあとか考えつつ、今までお会いできなかった方とお話しができるのを楽しみにしてます。 === で、本題です。 普段行かないからなのか、イベントを開催するという事がなかなか伝わっていない気がします。 そこで、もし新潟に営業所などがあり、ITのご担当者がいらっしゃるようでしたら、5/17に参加してもらえるようお声掛けいただければと思ってます。 内容はこんな感じ。 仮想化に関しては、技術者に特化したものではありませんので、仮想化に興味がある方なら大丈夫です。 ************************* 13:00~13:10    ご挨拶    マイクロソフト株式会社  13:10~14:30    [解説] これからの仮想化導入で必要なもの~プライベートクラウドを見据えて~    マイクロソフト株式会社 高添 14:30~15:10    すべての人に BI のパワーをセルフサービス BI の実現方法とは    マイクロソフト株式会社 15:10~15:25    休憩 15:25~16:05  仮想化で IT 資産効率化を実現する導入事例    株式会社丸新システムズ様 16:05~16:45    Windows 7 と WindowsServer 2008 R2 標準機能のみで実現!社内に Direct Access!!    株式会社ティーケーネットサービス様 16:45~17:25    Hyper-V によるレガシーシステムの移行とコスト削減および障害、災害対策手法    東芝情報機器株式会社様 ************************* ===…

3

イベントで実施中の Opalis デモ簡単解説 ~ テキストファイルを使った簡単ログ管理の自動化 ~

先ほど、PowerShell による自動化デモの簡単解説を投稿しました。 こちらは、私が行っている Opalis デモについての簡単解説となります。 【全体のイメージ】 【自動処理の流れ】 SharePonit サイトがちゃんと反応するかを確認し Webアプリの死活確認機能 Logファイルを他のフォルダへコピー 繰り返し作業に対応すべく、ファイル名は自動生成 コピー完了後、元のLogファイルの2行目にLogを追記 何行目にどんな文字列を追記するか設定可 追記した情報の中で Sample という記述を検索し、Completed に置換 例えば、自動処理された情報によっては編集が必要な場合もあるかなと PowerShell の自動実行 現在、スナップイン追加の方法がわからないので、標準コマンドのみ Opalis はテスト環境用のUIも持っているので、そこでエラーを発見し、修正するというシナリオです デスクトップにHTMLファイル(Webページ)を生成 【スクリーンショット】 【補足】 デモ自体は簡単なファイル操作なので、重要な意味はないのですが、プロセス定義のところや、エラー発生時の対応、そして、そもそも Opalis がどんなものかをご覧いただくためのデモとしました。 今後は、Active Directory など、他のシステムと連動するための Integration Packs についてもデモができるように仕込んで行きたいと思ってます。 ちなみに、一見簡単そうな UI で、基本的な動きまではすぐにマスターできるのですが、応用編についてはパターンをつかむまでかなり苦労をしそうです(^_^;) いつも通りですが、みなさんが同じ苦労をしなくてよいように、私も頑張って勉強したいと思います。 TechNet 上に情報が溢れる日を私自身も期待してます。 ※ 今気づきましたが、この手の製品(System Center Service Managerも含む)が出てくれば、TechNet Online をプロセス全体の管理をする立場の方々にも見てもらうことになるでしょう。それに見合う情報をどうやって提供するか、もっと考えていかなければなりません。 さて、話がそれてしまいました。 それでは、明日の東京、もしくは来週の名古屋、大阪でお会いしましょう! マイクロソフト高添

2