ホンモノのハイブリッドクラウド !

先ほど Windows Server 2012 対応の System Center の CTP2 ダウンロード開始について投稿しました。 http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2012/06/16/3504252.aspx で、あえて別のスレッドを起こしたのには理由がありまして・・・ 4月から提供を開始した現行バージョンの System Center 2012 は、あきらかにプライベートクラウドをターゲットにした製品でした。 英語のスライドにはハイブリッドと大々的に書いてあるものの、私があまりそこに触れなかったのはそのためです。 ただ、今回は違います。 Windows Server 2012 がクラウド基盤として重要な役割を担える製品になりつつある今、その管理製品である System Center 2012 はホンモノのハイブリッド対応を果たすべく進化しようとしています。 たとえば、CTP2ダウンロードサイトの下の方にある記述から気になる点を抜粋すると・・・ App Controller Service Provider Foundation API to create and operate Virtual Machines Support for Azure VM; migrate VHDs from VMM to Windows Azure, manage from on-premise System…

2

Microsoft Management Summit 2012 セッションが公開されています !

http://www.mms-2012.com/digitalmms 数週間前の Tech Fielders の集い、Tech Fielders セミナー、そして今日の(福岡の)コミュニティでは、Microsoft Management Summit 2012 に参加して、私がどのように感じたかをお話ししました。 が、自分で確認したい、高添が見るポイントとは違うんだよ、という方もいらっしゃるはずです。 英語ではありますが、既に、イベントのセッションビデオやPPT、が Webで公開されておりますので、ご確認下さい。 System Center 2012 の各コンポーネントについてのセッションも充実していますし、今度は皆さんからのフィードバックをお待ちしております。 *** ちなみに、PPTをダウンロードしようとして「あれ、できない?」と思った方、my profile の中にある My Briefcase の中に入っています。 まずはダウンロードしたいものをどんどん Briefcase にいれて、一気にダウンロードできますので、お試しください。 さて、来年はニューオリンズですね。 日本マイクロソフト 高添


効率的な勉強方法を探している方へ・・・「マイクロソフト バーチャル アカデミー」開催中

たとえば System Center 2012。 これまでバラバラだった製品を一気にバージョンアップしつつ、System Center 2012 という1つの製品として販売することになりました。 仮想化の管理をしたい=Virtual Machine Manager、稼働監視をしたい = Operation Manager と、個別の要件と製品を結びつけることに慣れている方とって、System Center 2012がもたらす世界を理解するのは難しいかもしれません。 そういう方のために、セミナーやイベントでは個別製品よりも全体のコンセプトを伝えるセッションを担当し続けていますが、お伝えできる人数には限りがあります。 本当は、全国を回って一人一人にお伝えしたいのですが、それでは体がいくつあっても足りません。 **** そこで・・・お勧めなのが「マイクロソフト バーチャル アカデミー (Microsoft Virtual Academy)」です。 http://www.microsoftvirtualacademy.com/Home.aspx 簡単にいえばオンライン トレーニング。ですが、確認テストで自分の理解度を確認することもできます。 また、受講者の方が自分の頑張りを目で見れるように工夫されていて、世界もしくは日本でがんばって受講してくれている方はランキングで表示までされています。 「上位にいる方は暇なんだろう?」なんて、絶対に思わないでください<(_ _)> 私の知っている方は、結構忙しくされているにもかかわらず、知識を得る努力をしているんです。 「知ること=楽しい」と思ったら、いろんな事がほんとに楽しくなりますからね。 このブログの最初に触れた System Center 2012 についても、コンテンツを用意してありますので、是非、マイクロソフトの目指す方向性を理解するためにご覧ください。 System Center 2012 の全体像を理解する http://www.microsoftvirtualacademy.com/tracks/understand-the-overall-picture-system-center-2012- (所々に、私が作ったデモ環境のスクリーンショットが使われています) **** もし仕事がつまらないなあと思うエンジニアさんがいたら、是非こちらで腕試しをして、上位にランキングされるまで頑張ってみてください。 そう簡単ではないかもしれませんが、そこまで頑張った暁には何かが変わっているかもしれませんよ。 がんばってランキングされたけど何も変わらなかったという方がいたら、私がセミナーで枠を用意しますので、是非ご連絡ください。 セミナー後に参加された方とコミュニケーションをとれば、周りにいる人の質が変わっている事に気づくはずです。 日本マイクロソフト 高添


System Center Night! ~5/31 お台場でITインフラな人のためのパーティ開催

何も持ち込めない、空調で冷え切った密室、そんな場所で作業をする人達へ この日の夜だけは、運用管理をやっててよかったと思える日にしませんか? **** なんて手紙が来たら、怪しい宗教のお誘いかと思ってしまいますね。 半分冗談でして、先ほど投稿したとおり、5月31日は Windows Server 2012 と System Center 2012 の日として、『Windows Server Cloud Day 2012』というイベントを実施するので、その勢いを借りて、イベントの後にお台場でパーティを開催します! System Center Night! (http://atnd.org/events/28333) もちろん、イベント参加者だけではなく、マイクロソフトのインフラ技術や製品に興味があり、自ら積極的に関与したいと思ってくれている方々には、少し遠いかもしれませんがパーティだけでも顔を出してもらえるとうれしいです。 System Center や Hyper-V、App-V、MED-V、Intune、MBAM、WDD、MDT、WSUS、Active Directory、IIS、MSFC、Windows Server、Microsoft のプライベートクラウドなどなど、ワクワクする技術がたくさんです。 Microsoft Technology is Cool!と言わしめる雰囲気をみなさんと作って、Microsoft Technology を担当しているエンジニアさんが良い思いをする状況を作りたいです。 まずはやってみよう!という思いだけなので、ほんとにこれからですが、System Center を一緒に盛り上げてくれる方、自分は表に出たくないけど気持ちだけはあるんだよっていう方も、是非お越しください。 それから、ここも重要です。 ※男性だけでなく、なかなか表に出てくることのない女性のインフラ系エンジニアの方のお越しもお待ちしております<(_ _)> **** お申し込みはこちら。 http://atnd.org/events/28333 運営は System Center User Group Japan の面々にもお手伝いいただきますが、マイクロソフトが企画しますので、基本的にこちらも無料です。 (人数が多過ぎたら、ちょっととるかも、なんて) まずは人数を把握したいので、ご登録をお願いします。 さてさて、詳細な企画はこれからですが、マイクを持って、マイクロソフトへの思いをぶつける5分間のライトニングトークとか、やりますかね? 日本マイクロソフト…


5/31(木) Windows Server Cloud Day 2012 開催! ~無償~

Windows Developer Days は、多くの開発者の方にお集まりいただき、盛況過ぎるくらい(参加された方は大変だったと思います)の盛り上がりとなりました。 そして、インフラ系エンジニアや、企業のITインフラを担当されている皆様、お待たせしました!!! 5月31日(木) に、Windows Server 2012 と System Center 2012 をテーマとしたイベントをお台場で開催します。 https://itmedia.smartseminar.jp/public/seminar/view/398 その名も 『Windows Server Cloud Day 2012』 クラウド、クラウドと言っても、まだまだ自社内のシステム環境の徹底的な整備が必要なお客様は多いはずです。 本イベントでは、次期サーバーOSからプライベートクラウドや運用管理基盤、全ての基礎となる自動化の仕組みなどについて、丸一日かけてマイクロソフトが何をしようとしているのかをお伝えします。 ***** また今回は、超が付くほど凄い人、私も尊敬するカリスマトレーナー 吉田薫さんにもご登壇いただきます。 ベータの段階からトレーニングやデモの環境を作ってもらっておりまして、そこではいろんなご苦労もされています。 ただ、だからこそ、間違わないためのパターンや効率的に作業をするためのTipsがあり、それこそが実は現場のエンジニアにとって有益だったりするはずです。 私は裏でセッションを担当しますが(笑)、是非吉田節を聞きに来てください。 そしてもう1つ、マイクロソフト系の運用管理製品や仮想化テクノロジーなどを幅広く扱うコミュニティ System Center User Group Japan がセッションを持ってくれることになりました! https://www.facebook.com/SCUGJ コミュニティ メンバーのみなさんとお話をする時間は、私にとってどれだけ貴重で、どれだけ勉強になるか、言葉では伝えきれません。 マイクロソフトの社員よりも技術に詳しい人はたくさんいるんです。 そういう方々がコアメンバーとして名を連ねるこのコミュニティから代表の数名にご参加いただくセッションですから、是非楽しみにしてください。 そして、「私もこういう人たちと技術を楽しみたい」とおもってくれたら、System Center User Group Japan の勉強会などに是非ご参加ください。 後で別途告知もしますが、 イベント終了後に System Center Night というパーティも企画をしていますので、昼間のイベントには参加できなかったけど、System Center には絡んでおきたいという方は、是非ともパーティにお越しください!…


System Center 2012 は週末にもセミナーを実施! (Tech Fielders の集い再来)

高添はもうWindows Server 2012の人になってしまったのか??? なんて思っている方、まだまだです。 ちゃんと System Center 2012 もやってますよ! だって面白いんだもん(笑) <–本音です とはいえ、体がなかなか空かなかったので、今回は安納が企画してくれた Tech Fielders の集いでお話をします。 テーマは「System Center だらけの 6 時間 !」 私はサクッと軽いセッションですが、この会は「よくぞここまで集まっていただきました!」叫びたくなるくらいのスピーカー人で、普段聞けないお話が聞けそうですね。 5/19(土) は大阪、5/26(土)は東京で、参加登録は、以下のどちらのサイトからでも辿れます。 http://www.microsoft.com/ja-jp/techfielders/seminar.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/cloud/hh780969 が、直接行きたい方はこちらから。 大阪:https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032511461&Culture=ja-JP 東京:https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032511462&Culture=ja-JP ※東京は既に多くの方にお申し込みをいただき、早々に申込みを締め切らないといけない状況になりそうなので、参加したいという方は早めのご登録を、無理になったという方はキャンセルをお願いします。 **** それから、System Center 2012 RTMの環境を作る時間が取れぬまま、今を迎えてしまいました。 Windows Developer Days が終わったら、メモリ32GBのSSD搭載ノートPCに環境を作ろうと思っています。 そう、ようやくExchangeとOutlookを使ってワークフローが動くところや、OpsMgrでの監視、Service Manager のデータウェアハウスなども1台のマシンで実現できる可能性も出てきました。 恵まれた環境を用意してもらえる事に感謝しつつ、それを最大限活かせるように頑張ります。 日本マイクロソフト 高添

1

System Center 2012 提供開始!!!

とうとうこの日がやってまいりました。 まずは、TechNet Subscription と MSDN Subscription のご契約をいただいているお客様向けにダウンロード可能な状況になっています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/downloads/ http://technet.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/downloads/ Subscription をお持ちの方、ベータだからなあという言葉はもう使えませんよ(笑) 是非、お試しください! というか、私もデモ環境を入れ替えねば。。。 日本マイクロソフト 高添


2月中旬から、System Center 2012 と xxx の露出を開始します!!!

今、大変忙しいです。 でも、めちゃくちゃ楽しいです。 これだけポテンシャルを持った製品を担当させてもらっているということが、たまらなく楽しいんです。 ご存知の通り、これまでは高添が少しずつ・少しずつ情報発信をしてきました。 が、2月の中旬からは、会社として、本気で情報発信を開始します!!! 私が登壇するものだけを集めても、今のところ確定しているのは、 ===================== 2/13(月 =明日ですね) Tech Fielders セミナー 「~ ITIL と自動化は仲が良い~ System Center 2012 による真のプライベート クラウド構築 v2」 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032503809&Culture=ja-JP 2/23(木) IDG Virtualization World 2012 「System Center 2012 で実現! ~自動化とプライベートクラウドとITILの密な関係~」 http://www.idg.co.jp/events/virtualization/2012/session/ 2/24(金) アイティメディア主催 ハイブリッド時代の運用管理セミナー 「結局は、どう自動化し、どう管理するかである。」 https://itmedia.smartseminar.jp/public/seminar/view/378 2/25(土) 第3回 System Center User Group Japan コミュニティ勉強会 「今回のテーマは セキュアな(クライアント)運用!」 http://atnd.org/events/24626 http://www.ustream.tv/channel/scugj-3rd-seminar ※私は話をしませんが、私よりも濃いメンバーがワクワクするようなお話をしてくれるので、私も勉強をしに参加します。 2/28(火) 日経BP Cloud Days…

1

マイナビニュース。。。運用の効率化を考えていたらプライベートクラウドになった!

マイナビさんに掲載してもらっているコラムの第2回分が公開されました! 前回は System Center 2012 Virtual Machine Manager による簡易的な簡単プライベートクラウドの説明でした。 http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2012/02/03/3478699.aspx そして今回は、「仮想化」から「自動化」へという流れの中でキラーアプリの1つになるかもしれない System Center 2012 Orchstrator という Runbook Automation ツールの紹介です。 【コラム】 運用の効率化を考えていたらプライベートクラウドになった! 注目を浴びるRunbook – 自動化のカギを握るテクノロジーと仮想化のツツキ方 http://news.mynavi.jp/column/hyper-vcloud/002/index.html *** プライベートクラウドという観点からすると、次の3回目の記事まで読んでもらう必要がありますが、まずは自動化の面白さを少しでも感じてもらえればと思ってます。 Active Directory の下りは、日本中の企業で4月に向けて使えそうな気もしますし。。。 ーーー ちなみに今回は、技術者向けの情報というよりも「気づき」を重視して、ほんの少し?上から目線で書かせてもらってます。 そう簡単には気づいてもらえないかもしれませんが(笑)、最近の高添は熱く語らないと言われるので、あらためて私の思いを伝えるということも重要かなと。 次の締切が月曜日、TFセミナーも月曜日、あああ。。。 日本マイクロソフト 高添


System Center 2012 に関する大きな発表がありました。

昨日は、System Center 2012 に関する大きな発表がありました。 これから出てくる System Center 2012 はスイートライセンスのみとなります。 http://www.microsoft.com/en-us/server-cloud/system-center/default.aspx ※ 日本語のサイトができたら再度案内させていただきます。 ・ System Center 2012 Datacenter Edition ・ System Center 2012 Standard Edition これまで個別製品だった System Center の各製品は、モジュールという位置付けになったといえるでしょう。 それが良くわかる例を紹介しましょう。 System Center 2012 の評価版ダウンロードページに行くとRelease Candidate 版のリストが並んでいまして・・・ http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh505660.aspx System Center 2012 Unified Installer System Center 2012 App Controller System Center 2012 Configuration Manager System Center 2012 Data…

6