Azure Pack IaaS 環境を作る手順 ~超簡易版~

金曜日のセミナーにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました! 途中途中、事前の準備が足りないところもあって失礼をいたしました。 セミナー資料は Tech Fielders サイトにも掲載予定ですが、取り急ぎ少し修正して SlideShare にあげておいたので興味がある方は見てください。 20140725 tf azure_pack_slideshare from osamut **** 54枚のスライドになっていますが、一番見ていただきたいのは 12ページにあるこちら↓です。 これが IaaS と仮想ネットワークサービス 実現のための全行程です! OpenStack のコンフィグレーションに疲れたあなた、是非 Azure Pack をお試しください(笑) また、Hyper-V や ストレージ、ネットワークの構築の構築については SlideShare に一部情報を載せていますが、詳細は別の機会といたしましょう。 ちなみに、なんだ Hyper-V か・・・とか、System Center がいるのか・・・と思わないでください。なぜなら、 「仮想化の1つ1つの技術を極めて、それらがサービスになるのかどうかを検討する。」 のではなく 「こういうサービスをやりたい。だから、それが実現できるこの機能を使えばいい。」 というサービスありきの考え方が重要になってきているからです。 それに気づかれた方は、Azure Pack (もしくはAzure Packで実現できているようなサービス) ありきで技術に落としていくという順番が大事であることにも気づかれたことと思います。 もちろん、ご要望にお応えできるくらい、サービス基盤として Hyper-V と System Center は高機能・高性能になりました。 Hyper-V や System Center は使ってみたいけど環境を作るリソースがないということでしたら、ご登壇いただいた…

1

Citrix さんも Tech Fielders セミナーに登場! 7/23(金) も VDI の環境作り やります!!

7/9 が終わったばかりですが、7/23 の Tech Fielders セミナーも VDI で行きます! メインの内容は、マイクロソフトの VDI 環境を一から作っていく道場スタイルです。 が・・・・ VDI の先駆者といえば Citrix さん。さらに、両社の協業も進んでいるので、よかったら登壇してくださいとお願いをしたところ OK をいただきました! 7/8 に Citrix さんにお邪魔しまして打ち合わせをし、ミニセッションも当初予定の 30 分から 1 時間に変更しました。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032455321&Culture=ja-JP ~~~~~~ ということで、7/23は、 ① マイクロソフト製品だけで実現する敷居の低い VDI とは何か? を、Windows Server 2008 R2 の Remote Desktop Services や App-V のインストールから設定まで疑似体験することで理解し、さらに、 ② Citrix さんの XenDesktop が VDI 市場にもたらす新しい世界が何か? を、実際に動いているところを見て、知ることができます。 営業的なセミナーというよりも、VDI 技術者にとって現実を理解するのに最適なセミナーになるのではないかと勝手に思い込んでいるので(笑)、多くの方にご参加いただければと思います。 そうそう、ライトニングトークに出てくれる人を大募集してます!!…

0

Hyper-V 環境の状態をリアルタイムに確認・分析するツール ”VEstat” ~フリーの評価版も~

7月9日の Tech Fielders セミナーにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました! ミニセッションにて解説していただいた、三井情報様のツール ”VEstat” をあらためて紹介します。 http://biz.mki.co.jp/product/maker/mki/vt_platform/vestat/index.html 増え続ける仮想マシン、それをホストする Hyper-V の状態を監視が必須なのはご存じのとおりです。 それを容易に、しかも現場のエンジニアさんが喜ぶ「今の状態が一目でわかるツール」というのはなかなかないものです。 この ”VEstat” は、昨年の IT Pro Expo の展示会場で紹介してもらったのがきっかけで私も存在を知ることになったのですが、なんとも面白いツールだなあと思いましたし、私が現場のエンジニアだったらほしいツールの1つであることは間違いないと思いました。 以下は、ホームページから借用した利用イメージです。 是非サイトを訪れていただいて、こういう事ができるんだ!というのを実感していただければと思います。 ~~~~ さて、その ”VEstat" の話を Tech Fielders セミナーでしてもらうことになったきっかけが、フリー版の提供の話をもらったことでした。 http://biz.mki.co.jp/product/maker/mki/vt_platform/vestat/ve_free.html 「百聞は一見にしかず」 このようなツールは、実際に触ったり見てみたりするのが一番早いので、是非試してみてもらえるとうれしいです。 ツールの良さもそうですが、Hyper-V ってこういう風に情報を取ることができるんだ!という気づきにもなり、それは間違いなく安心感につながるはずですから。 **** ちなみに、マイクロソフトは System Center Operations Manager というツールを提供しています。 人の目で常に監視するのではなく、ITのエージェントで監視し、アラートをあげたり、それを解決した履歴を残したり、さらにはそれをナレッジにつなげていったりするツールです。 ”VEstat” とは若干位置づけが違うので、ご自身にマッチした管理ツールということで、どちらか、もしくは両方をうまく使いこなして頂ければと考えています。 マイクロソフト 高添

0

Exchange Server 2010 にバルクでユーザーを作成する PowerShell スクリプト

先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx に公開してあり、資料の最後にも入ってはいますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。 ================= 用意する CSV ファイルの例はこちら。 (私たちの名前が入っているので、こちらはテキストコピーできない状態のままとさせてください) そして、実行する PowerShell スクリプトはこちら。 (青字のところは、環境に合わせて変更してください) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ## Exchange Server 2010 へのセッション確立 $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://ex2010.contoso.com/PowerShell/ -Authentication Kerberos Import-PSSession $Session   ## CSVファイルからのデータインポート $data = import-csv c:\demoscripts\MBinfo.csv   ## パスワード情報のセキュア処理 function New-SecureString([string] $plainText) { $secureString = new-object System.Security.SecureString foreach($char in $plainText.ToCharArray()) {…

0

SharePoint Server 2010 で大きく変わったインストール手順

先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx に公開してありますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。 ================= SharePoint Server 2010 のインストールをしてみると、インストールの手順が大きく変わったことに気付くことでしょう。 SharePoint Server 2010 のインストールには、他の製品よりも多くの前提条件があります。 しかし、その面倒さや複雑さを一気に解消してくれるのがこちら。 「ソフトウェア必須コンポーネントのインストール」という項目を選択すると、インターネットに接続さえしていれば、ほぼすべての事前作業を終わらせてくれるようになっているのです。 例えば、Windows Server 2008 に SharePoint Server 2010 をインストールしようとすると、OS のサービスパックのインストールからIISモジュールの追加、必要な各種モジュールのインターネットからのダウンロードとインストールを自動でこなしてくれるわけです。 もちろん、Windows Server 2008 R2 にインストールするときは、OS の違いを理解して処理してくれます。 それはそれは、とても便利です! ~~~~~~~~ SharePoint Server 2010 は、機能が大幅に拡張され、ほんとに面白い製品になっています。 その分、勉強すべきこと、試してみるべきことはたくさんあります。 だからこそ、インストール作業に力をかけなくて済むこの機能が重要なのだと思っています。 よかったら試してみてください。 マイクロソフト 高添

0

Office Communications Server 2007 R2 を Windows Server 2008 R2 にインストールする際の大まかな流れ

先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx に公開してありますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。 ================= Office Communications Server 2007 R2 ですが、他の製品と比べるとインストールまでの手順が多いのでお気を付け下さい。 前提条件の確保 ドメイン参加 役割と機能の追加 KB975858 適用 (約1分) Active Directory 証明書サービス立ち上げ DNS サーバーへの SRVリソースレコード追加 Office Communications Server 2007 R2 (OCS) インストール Active Directory 準備 RTC 関連グループへのユーザー追加 OCS インストール (サーバーの展開) OCS サーバー構成 証明書の要求と構成 IIS での証明書設定 サービスの開始 管理ツール インストール 管理と利用 RTC ユーザー有効化設定 ※ 1つ1つの作業は難しくないのですが、手順が多いですし、いきなりホワイトペーパーを読み解こうとすると大変なので、まずはざっくりと流れをイメージしていただければと思います。 ======…

0

Exchange Server 2010 インストール事前準備用の PowerShell スクリプト

先日の Tech Fielders セミナー の資料はこちら http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx に公開してありますが、検索では引っかからないかもしれないので、すぐに使えそうな部分は直接投稿しておきますね。 ================= まずは Exchange Server 2010 ですが、インストールまでの手順はこんな感じです。 前提条件の確保 Windows Server 2008 R2 準備 ドメインに参加 FilterPack インストール (約1分) サーバーの役割と機能を追加 (約4分) Net.TCP Port Sharing サービスの自動起動設定 Exchange Server 2010 インストール (約6分) で、今回紹介するのは「前提条件の確保」の中の4番の手順として実行する PowerShell スクリプトです。 コピーしたい方はこちらから。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー # ServerManager モジュールの追加 Import-Module ServerManager # IIS役割と役割サービスの追加 Add-WindowsFeature NET-Framework,RSAT-ADDS,Web-Server,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Metabase,Web-Net-Ext,Web-Lgcy-Mgmt-Console,WAS-Process-Model,RSAT-Web-Server,Web-ISAPI-Ext,Web-Digest-Auth,Web-Dyn-Compression,NET-HTTP-Activation,RPC-Over-HTTP-Proxy –Restart ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 一度パターンを覚えてしまうと、Exchange のインストールの敷居が下がりますので、是非お試し下さい。 ※ なお、このパターンで道場スタイルのセミナーをし、インストールをして実際に動いているところも見てはいただいているのですが、インストール後に管理コンソールが起動しないという話も聞いています。どうやら安納も同じ状態だったと言ってました。 これについては、もし理由がわかったらお知らせします。…

0

資料公開! Tech Fielders セミナー 東京 道場スタイル [理想の情報インフラ 2010]

Tech Fielders セミナー 「理想の情報インフラ 2010」へご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!! 当日使った資料をこちらに公開しておきました! http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx 道場スタイルを利用して Active Directory だけがインストールされた状態から、Exchange Server 2010, SharePoint Server 2010, Office Communications Server 2007 R2 の環境を作っていくセミナーの資料なので、テスト環境を作る際の参考にして頂ければと思います。 [PDF→] [XPS→] ちなみに、この資料に含まれていない、もしくはセミナー中に解説しきれなかった部分についてはブログでフォローさせていただきます。Office Communications Server 2010 については・・・7月以降の方向性が決まってからとなりますが、もしインストールしたり試してみたりする機会があれば、その情報をまとめてお伝えします。 マイクロソフト 高添

0

@IT さんにて MS VDI 記事の第一回が公開されました!

@ITさんにはいろんな記事を書かせていただいてますが、Windows Server 2008 R2 の概要を書いて以来、少しご無沙汰しておりました。 本当は担当の方々とはよくお会いしていて、本当はもっと早く書きたかったのですが、忙しくて何も進まず、遅くなってしまいました。 が、新しい期がはじまる前になんとか第一回目の記事を公開でき、Citrix さんとの協業のイベントも終わった今こそ、良いタイミングだったかなとも思います。 http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/vdi01/vdi01_01.html 内容ですが、いきなり 環境構築というのも突然過ぎるので、今回は デスクトップにまつわる複数の仮想化技術のメリットとデメリットをおさらいしながら、あらためて VDI を理解してもらおうという記事になっています。既に VDI のイメージはできているという方は、2回目以降の マイクロソフト製品で作る VDI 環境の手順を楽しみにしてください。 念のため書いておくと、ステップバイステップガイドやホワイトペーパーはマイクロソフトのWebサイトにありますし、実際に作っていく手順を見て見たければ7月9日と23日の Tech Fielders セミナーにご参加いただければと思いますが、気になった時にパッと検索して確認したり、常にそこに行けばわかりやすい解説記事があるという安心感が@ITさんにはあるので、長く読んでもらえればと思っています。 マイクロソフト 高添 P.S. Microsoft VDI の環境を位置から作っていく Tech Fielders セミナーのお申し込みはこちらからどうぞ。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx 2010.07.09 [13:00-19:30] Tech Fielders セミナー 東京 道場スタイル [Windows Server 2008 R2 で作る VDI 環境構築実演] 2010.07.23 [13:00-19:30]  Tech Fielders セミナー 東京 道場スタイル [Windows…

0

5 月 22 日、広島のコミュニティ「ヒーロー島」で VDI の道場やります。

日頃より良くして頂いている広島のコミュニティの方と調整をしておりまして、21日に Microsoft Virtualization Summit で広島に行くので、そのまま土曜日に勉強会を開催してくれることになりました。 http://heroshima.jp/17th.aspx 私のセッションのテーマはVDI。 東京で何度も実施している道場スタイルのセミナーのコンテンツがとても評判が良いので、それを使ってVDI環境を一から作っていこうと思います。(+ App-Vも) 「きれいなデモを見せられても、自分で出来る気がしない」とか、「簡単だと言うけど、嘘に決まってる」とか、そんないろんな想いを持った方にもお集まりいただき、本当のところを確認してもらえればと思ってます。 ちなみに、ハンズオンではありません。が、私が用意するマシンを使ってみんなで作っていく感じにしたいので、操作は参加されている方の誰かにお願いするつもりです。 デスクトップの仮想化が進んでいく中で、マイクロソフトのVDIで何ができるのか?をあたらめてお話しをしたいと思ってますのでお楽しみに。 ==== それから、お昼、そして懇親会とお話をする時間もたくさんあると思いますので、ラスベガスの Microsoft Management Summit 2010 のお話しなども軽くしたいと思ってます。 私でお応えできることならば喜んでお話しさせていただきますので、遠慮なくお声掛けください。 ==== ちなみに、ヒーロー島のページにも書いてもらってますが、勉強会の前日は広島支店で 「事例で納得!Microsoft Solution Forum& Virtualization Summit 2010」 を実施しています。私もサーバーの仮想化を中心にしたセッションを持っているので、もしよかったらお越しください。 なお、明日は新潟日帰りです。 新潟の朱鷺メッセのイベントにご参加される方、どうぞよろしくお願いします。 マイクロソフト 高添

0