Exchange 2007 のインストール手順

Exchange 2007 のインストールの手順は、昨日書いた前提条件をクリアした上でこんな感じになります。 使用許諾 インストールの種類の選択(基本 or カスタム) Exchange の組織名 クライアント環境の設定 インストール前提条件の確認 実際のインストール Exchange Server のインストールをしたことがある方は、あれっと思うかもしれませんが、Exchange 2003の頃のように ForestPrep や DomainPrep という言葉が出てきません。ちなみに、ForestPrep や DomailPrep だけを実行する手順はまだチェックできてないので詳しくは今後ということで・・・ それから、インストールの種類というのがあります。Exchange 2003 の場合はインストール作業が終わった後でフロントエンド、バックエンドを設定で使い分けていたのですが、Exchange 2007 からは各機能をサーバー毎に個別にインストールできるようになりました。よって、そのサーバーで実行したい機能だけを選択するということならカスタムを選べばよいわけですね。基本を選ぶと4つの基本機能が自動的にインストールされます。 注意点は、週明けにでも書きます。 そして、クライアント環境の設定に関する項目では「Outlook 2003 以前のクライアントがあるかどうか?」という質問に答える必要があります。Outlook 2003 以前のクライアントがあると答えた場合はPublic Folder を作成し、なしを選択するとPublic Folder は作成されないようです。 この辺は、Exchange を Communication & Collaboration に特化させていき、情報共有系は SharePoint テクノロジおよび.Net アプリケーションへと移行していくという流れにつながっていくのでしょう。 さて、各種設定が終わったら前提条件の確認を行ってくれます。そこでエラーが出ればエラーの内容を解決し、エラーが無ければインストール開始となります。 以下のスクリーンショットは、Windows Server 2003 R2 のActive Directory が混在モード( mixed…


Exchange 2007 のインストール開始

IT Pro 道場 LOVE 編のために、Exchange 2007 のインストールを始めました。 まずは、Active Directory を立てた Windows Server ”Longhorn” にインストールを試みるもうまくいかず。そこで、 Longhorn AD を流用し、そのADに参加させた Windows Server R2 メンバーサーバー上にインストールを試みたが、それでも失敗。 ※ AD のドメインモードは Windows Server 2003 で、ドメインやフォレストがLonghorn モードになっていたわけではないです。 結局 Windows Server 2003 R2 上に AD を立てて、そこに Exchange 2007 をインストールすることにしました。 以下は、Exchange 2007 インストール前にしておくことです。Windows Server 2003 R2 であれば、Monad RC を別途用意するだけでよいのでが便利です。 .Net Framework 2.0 Internet Information Services 6.0…


LOVE (Longhorn Server, Office 2007, Vista, Exchange 2007) Beta2

「きれいなデモを見るだけではなく、実際に構築しているところから見て勉強するセミナー」 それが IT Pro 道場ですが・・・ 社内の多くの方のご支援もあって、IT Pro 道場 LOVE Beta 編 を実施する方向で話が進んでおります。 ここでいう LOVE とは?    Longhorn Server , Office 2007 , Windows Vista , Exchange 2007 です。 決して、私が愛を語るエバンジェリストだからではありません。。。 ということで、 ・ベータプログラムに参加してみたけれどゆっくりインストールする暇がない、とか・インストールまではしてみたものの実際に設定をしようとすると敷居が高くて、とか・ベータ製品の説明会はバラバラにやっているので全部に行けそうにない、とか もろもろの事情で、これから出てくる製品に興味はあっても踏み込めていない皆さんにも短時間で内容の濃い情報提供ができそうです。 ちなみに、道場は一人一台のマシンを用意するハンズオントレーニングではなく、あくまでも代表の方にインストール作業をしていただく方式をとっています。この方法により、一人でテキストを見ながら手順を追っていくだけで終わるのではなく、実際にインストールの画面を確認するのと同時にエバンジェリストの説明も聞けるわけですね。だから、疑似ハンズオントレーニングと製品セミナーの両方の良さを兼ね備えたものになるわけです。 今まで通りWeekend 道場でのお披露目になるのか、それとも大きな会場で多くの方々向けに実施できるのか、両方なのか、今調整中ですのでもうしばらくお待ちください。 あれっ、決まってない予定を書いてどうする? と思う方もいると思いますが、そろそろターボをきかせないと終わらなそうだったので、あえて Blog でリークして自分にムチをうっちゃいました(^^ゞ それと、この準備のためにここ一週間は Exchange 2007 や SharePoint Server 2007 を触り始めていたわけなんですが、Exchange 2007 は Beta2 でエラーなくインストールできるようになったし、SharePoint は比較的素直に動いてくれていることが確認できたので、そろそろ本格的に IT Pro 道場シナリオを作り始めようかなと思っているところです。 シナリオを作る過程では、LOVE…

1

千葉道場巡業 終了

MSC から始まり、週末に実施しました。そして、忙しい方の近くに行って話をしたいとの思いで企画した首都圏回りの第一回目が千葉でした。 平日開催は初めてですし、いわゆるアウェーゲームの感覚もあり、かなり心配していました。 でも、いつものWeekend 道場と同じように楽しくお話もさせていただきました!! 懇親会はいつもより人数が少なかったので、今まで以上に近い感じでお話をさせていただいた気がします。皆さんからのご意見はほんとに参考になりますし、モチベーションという心への刺激にもなります。 まだまだ続くのですが、やってよかったと心から思いました。 来ていただいた方、道場を紹介してくれた方、集客に協力いただいた営業さんも、みなさん本当にありがとうございました。 でもでも、余韻に浸っている暇もなく明日は大宮です。半日ずっとしゃべり続けるには体力も必要なのですが、アンケートによかったと書いてもらえる限り、私にできることなら頑張りたいと思います。


千葉・大宮・立川・横浜、そして宇都宮 ~システム担当者や IT エンジニアの皆さんへ~

千葉・大宮(埼玉)・立川(西東京)・横浜(神奈川地区)・宇都宮(北関東) の近くにいる企業のシステム担当者の方や IT エンジニアの皆さんへ 皆さんは、短時間で多くの情報を得たいと思った時に何をしますか? 東京都心のセミナーに参加します?自分で本を買って読みます?それともインターネットで? 勉強の仕方っていろいろあるんですけど、やっぱりこれですよ、これ。 百聞は一見に如かず!! だからセミナーって大事なんですが、普通のセミナーに参加してきれいなデモを見ても実際に自分でその環境をつくれるかどうか。。。 これはIT エンジニアの方にとって大きな課題なわけです。 そう考えると勉強しなければならないことはあまりにも多く、本を読んだりインターネットで調べたりするにも一人でやれることには限りがあって、結局行き当たりばったりな日々を送ることになったりして。。。 しかもマイクロソフトはたくさんのソフトウェアを次から次へと出荷しているわけで(^^ゞ そこで、短時間で多くの情報を伝えられる方法 をいろいろと考えたんですよ。 そして。。。見つけたのが「道場」方式。 とセミナー形式でお届けする ”IT Pro 道場”http://www.microsoft.com/japan/technet/community/evangelists/dojo/default.mspx マイクロソフトが提供している理想の情報インフラを構築するための製品群 (Active Directory, Exchange, RMS, LCS, WSS) をインストールして、設定して、クライアント側も設定をして実際に利用しているところまでを午後の半日ですべて見てもらいます。マイクロソフトの製品群は複数入れると相互連携が始まるので、個別製品をカタログで見るのとは違った世界が待っていますよ。 しかも。。。「マイクロソフトの人がやればできるけど、自分には無理」と思ったりしますよね。その声も反映させてまして、イントール作業は抽選で当たった参加者にお願いをしています。 半日しかないので、システム設計や各製品の詳細な情報の提供はできません。もし詳細を聞きたいという方は、ちゃんと時間をとってセミナーではなくトレーニングを受けていただきたいと思います。でも、一回でも一通り見ておくことで、上記製品群への敷居は間違いなく低くなることでしょう。 そして。。。 週末に好評開催中だった IT Pro 道場ですが、週末に加えて平日も開始します!!詳しくはこちら。 しかも、お忙しい皆さんが近場で同じようなセミナーに参加できるように、私を含む IT Pro エバンジェリストチームが出稽古を実施します。そう、皆さんが働いている千葉・大宮(埼玉)・立川(西東京)・横浜(神奈川地区)・宇都宮(北関東)の5拠点で。。。 私も全拠点にお伺いしますので、楽しく勉強をしながら楽しい会話も一緒に楽しみましょう。心から皆様のお越しをお待ちしております。 そして、同僚の方に「もっと勉強したい」とか「最近マイクロソフト製品を触る機会が増えたので勉強しなきゃ」とか「近くでセミナーやってくれればいいのに」とか言っている方がいたら、それから、IT Pro 道場のコンセプトに同感して同僚や後輩を是非参加させたいという方は、社内にて道場の宣伝をしてもらえるとありがたいです!! そうそう、IT Pro 道場は無料のセミナーですから、支払の申請とか要りませんので。


Weekend 道場も これで3回目

3月12日の日曜日、第3回目の道場を開催することになりました。 http://msevents-as.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=120467249&Culture=ja-JP   知らない方も多いでしょうが、「次があるかは参加された皆さんのフィードバック次第です」って言いながら始めた Weekend 道場というセミナーで3回目の実施が決まったんです。週末にもかかわらず新宿のMicrosoft のオフィスまで来てくれて、しかも楽しんで帰ってくれた皆さんには心から感謝しています。   ただ、心残りなことがあります。いきなりド~ンと宣伝してやっているセミナーとは違うので、まだまだ知られていないという事と、知られていないことが原因で「期待していたものとレベルが違いました(^^ゞ」というお話を聞くことがあるからです。   そこで今日は、あらためて道場を実施しようと思ったいきさつとコンセプトをお知らせしようと思います。   道場にて、Active Directory、Exchange Server、Rights Management Server、Live Communications Server、Windows SharePoint Services という多くの製品の環境を作っていくのには以下のような意味があります。 かっこいいデモはいいけど、エンジニアにとってはDEMO環境の作り方も大事なんだよね 道場では、インストールから設定、クライアント側の使い方まで実演します MS製品は多いけど、お客様や社内の人と話をするネタとして一通り理解しておきたい 5つのサーバー製品の基本機能と、連携し相互作用していくシステムが見れます 一通り理解しておきたいけど、「そんな時間は無いよ」が口癖になっている 午後半日で全ての工程を終了するので、忙しくて意欲のある人にこそお薦めです Weekend 道場なら週末実施なので、自宅で勉強するよりも効率的だと思います カタログだけ見て知ってるフリをするにも限界があるんだよね 道場の中で一連の作業を疑似体験できるので、説得力が増します 「この程度の作業でもこれだけの事ができるんだ」というところまではたどり着けます 実は、サーバー製品のインストール作業は参加者にやってもらっているので、一部の方にとっては疑似体験ではなく本当の体験になったりもします 実際に試すにもサーバーなんて手元に無い = マシンもスペースも環境の確保は難しい 道場では2台のノートパソコンと外付HDD、Virtual 環境を利用します あとは TechNet Plus Subscription があればDEMO環境は作れるんです 持ち歩ける DEMO 環境を目指してます。 → そろそろ出稽古ですかね 使わない製品のことなんて気にしていなかったが・・・ 知らない製品を初めて見て、面白い機能だなと気づくことだってあります 実際に使うかどうかではなく、一通り知っておけば他の製品との比較も容易になるし、全体が見えてくるという良さもあります Microsoftの社員、エバンジェリストとの接点なんて持てるわけがないと思っていた 道場は少人数制。英会話教室みたいですね(笑) 数百、数千の人があふれる場ではなく、気づいたら隣にエバンジェリストがいます…

3