10/30 午前中 ~Azure の災害対策機能 Azure Site Recovery セミナーを実施します

Azure は Hyper-V で動いているから、VHD という仮想マシンのファイルは双方向で行き来ができる・・・ 変換したりするのではなく、ファイルをコピーすれば動くような感覚でシームレスハイブリッドクラウドが実現できるのは、とても素晴らしいことだと思っています。 ただ、せっかくHyper-V が動いていて、Hyper-V には遠隔地に仮想マシンを複製する Hyper-V レプリカという機能があるのに、なぜAzureに仮想マシンが複製できないんだろう??? そう思っていた方も少なくないはず。 今回、正式にリリースした Azure Site Recovery という災害対策機能は、まさに Hyper-V レプリカを使って Azure に仮想マシンを複製する機能です!! 伝える側の悩みは、凄いのに簡単すぎて、その凄さが伝わりにくいことでしょうか(笑) 私としては、伝わるまで、わかってくれる人が見つかるまで語り続けるしかありません。 ということで、まずは10月30日(木) の午前中に Tech Fieldersセミナーを実施することにしました。 [Tech Fielders セミナー] Azure Site Recovery ~社内システムがメイン、でも災害対策はクラウドで~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032597504&Culture=ja-JP&community=0 Azure Backup サービスから、Azure Site Recovery まで一通りお見せします。 *** 時代はクラウド・・・ といっても、まだまだIT基盤の軸足は社内のデータセンターにあるのが現状です。 であれば、今後のIT投資を見据えて、社内のデータセンターで安定運用をしながら、いざという時のためにMicrosoft Azureを使って仮想マシンの複製を持ちましょう。 そうすれば、これまで敷居が高すぎて手を出せなかった災害対策を実現できるようになります。 もちろん、Azure上で本当に動くのかを確認し、定期的に災害対策テストを行うことも可能です。 今はVMwareなんだよね~という方にも答えを用意していますので、多くの方に聞いてみていただければ幸いです。 10/30は品川に直行で! 午後はお客様先でクラウドを使った災害対策の提案を! それでは、会場にてお待ちしています。 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添


10/31 福岡 最新のITを丸一日で伝えるセミナーを開催します!

福岡で密度の濃い勉強会をやりたい・・・と、コミュニティリーダー知北さんやエバンジェリスト高岡と話をしていました。 そして10月31日(金)に、マイクロソフトとDell さん、そして福岡のコミュニティ Win.tech.q の共催セミナーを実施することになりました!! MS & DELL & Win.tech.q 共催 Tech Fielders セミナー in 福岡~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032597472&Culture=ja-JP&community=0 ・Windows Server 2003 サポート終了話あり・Microsoft Azure やクラウドを使った災害対策の話あり・できたてホヤホヤの書籍の著者からWindows Server 2012 R2の話あり・Dellさんの最新サーバー機を見ることもでき・オンプレミスで作るプライベートクラウド Azure Pack の話あり・VDI については、福岡での VDI 事例を現場の方にお話いただけることになりました! また、しばらくご無沙汰してしまってましたが、現場のエンジニアによる現場のエンジニアのための活動「Tech Fielders」の再始動を記念して、福岡でライトニングトークの時間も用意しています。 話す内容はあまり気にせず、最近出会ったTipsや苦労話など、5分でお話をしていただける方を募集中です。 コミュニティ Win.tech.q のほうで連絡をしてもらってもよいですし、ライトニングトーク参加者募集のサイトも用意したので、こちらからマイクロソフトに対して応募していただいてもOKです!http://www.microsoft.com/ja-jp/techfielders/interview.aspx そのあとはすぐに懇親会ですので、失敗してもすぐに忘れられます(笑)皆様からのご応募、お待ちしております! それでは10月末、福岡でお会いしましょう。 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添


9/26(金)~27(土) は大阪! Japan Azure User Group Japan (JAZUG) と一緒に2日連続のセミナーを開催します。

このところのブログはセミナーの案内ばかりですが、伝えたいことがたくさんあるのでお許しください。 ーーー さて、9月に4周年を迎えた Azure コミュニティ JAZUG が全国でセミナー中です。http://jazug.doorkeeper.jp/ 私は Azure 専門のエバンジェリストではありませんが、インフラ系専門としてAzure IaaS 系や RemoteApp、災害対策系をカバーしておりまして、このたび大阪にいる黒田氏のご指名により大阪のセミナーに参画することになりました。 正直私より詳しい人達もいますが、中の人として、Azure以外も含め広くMSテクノロジーを見ている立場の人として、何かしらのメッセージが出せるのではないか、お役に立てるのではないかと思って頑張ります。 さて、早速セミナーの申し込みサイトの案内をしましょう! ーーーーーーーーーーーーー2014-09-26(金)13:00 – 18:00「Microsoft Azure」とは何か。その最新動向は? – Azure最新情報を知って意見交換できるセミナーhttp://jazug.doorkeeper.jp/events/14939 ーーーーーーーーーーーーー 9/26(金) は平日なので少しビジネス寄りです! Azureに興味があるけどあまり知らないという方でも大歓迎です。 セッションが難しければ、隣の部屋でお話しましょう~ くらいな感じで(笑) ちなみに私のセッションでは、企業システムにおけるキラーソリューション Azure Site Recovery (Azure と社内のHyper-V を使った災害対策)について話そうと思ってます。 ーーーーーーーーーーーーー 2014-09-27(土)13:30 – 18:00関西Azure研究会/JAZUG 秋のAzure収穫祭http://jazug.doorkeeper.jp/events/14278/tickets/M399zJ9fNkuFzhKCAevR ーーーーーーーーーーーーー それから9/27(土)は、週末ですから少し肩の力を抜いて・・・ 普段ITに絡むときはスーツしか着ない人もジーパン、短パンで来てもらえるような雰囲気です。 私は土曜日も少し時間をもらって、Azure と Azure Pack の比較でもしようかなと思っています。 クラウドオンリーな会社と、クラウドファーストなハイブリッドクラウド企業の大きな違いをご理解いただけると思います。 両方ともWebサイト上にはまだ詳細が出ていませんが、大阪でやる Azure セミナーの中でも広く深いものにしたいなと思っています! Azureに興味があるとか、そろそろクラウドの勉強をしようと思っているという関西の方は是非ご参加ください。 セミナー会場でお待ちしております。 日本マイクロソフト エバンジェリスト…


8/28 は VDI と Azure の関係をお伝えするセミナーを開催します!

告知が遅くなってしまいました(汗) もし都合がつく方はお申込みください。 さて、今回のセミナータイトルは・・・ Tech Fielders セミナー「複雑化した VDI をリセット!  MS VDI + Azure でシンプルな VDI を目指そう!」 です。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032593113&culture=ja-JP **** VDI に対するお客様の期待は様々でしょうが、その中でも一番大きなのは「リモートで動作するシステムを手元で不自由なく利用したい」ということなのだと思っています。 なぜなら、それが、データや業務処理を社外に持ち出さない仕組みとして利用できるからで、結果として情報漏えい対策につながるからです。 また、大規模災害などによる交通マヒでも場所を選ばず仕事ができ、それは在宅勤務などを含む働き方の改善にもつながるからです。 最近サーバーベースドコンピューティング =旧ターミナルサービス的な利用が見直されているのは、「仮想デスクトップをたくさん並べなくても、結果が同じであれば良い」という判断につながってきているからだと思います。 **** で、今回のセミナーです。 MS VDI については何度もお話をしているのですが、今回も、あらためて OS 標準機能で作るシンプルな VDI についてお話をするところから始めます。 これが、VDI を Azure に持って行く際に必要となるコンポーネント解説になりますので。。。 ここでMS VDI の基盤側の話をしてしまうかもしれません そのうえで、MS VDI on Azure IaaS (現時点では RDS on Azure IaaS と言ったほうがよいでしょう) とは何かをお話しします。 そして今回の目玉、Azure の機能として提供される Microsoft Azure…


今度の Hyper-V 書籍は Azure との関係にも踏み込んでいる!

最近、マイクロソフトのインフラ系書籍の勢いがすごいです(笑) 今度は、技術評論社さんからも Hyper-V 仮想化技術活用ガイドを出してもらいました!!! 大阪にいるエンジニア Fさん、忙しい中に執筆ありがとう!! http://www.amazon.co.jp/dp/4774165719/ ***最近の Hyper-V は Azure 抜きでは語れませんから、この本ではちゃんと Azure VM にも触れてくれています! いろいろと調べていただいたようで、Linux on Hyper-V の話から System Center、MS VDI に仮想化に関するライセンスまでも。。。かなり網羅性のある本になっていますね。 「やっぱり紙だよな」という方は、是非読んでください!! 日本マイクロソフト 高添


Azure の A8, A9 仮想マシンが ポータルから作れるようになりました。

A8, A9 インスタンスを IaaS 仮想マシンとして利用できるようになったのは 5月の TechEd のときでした。 「凄いことになった」と思いました。 すぐに触ってみたいと思いました。 が、PowerShell のコマンドでしか作れないことがわかりました。 難しくはないのですが、GUI大好きな私としては寂しく思いました。 で、さっき竹島友里さんのセミナーのデモを見ていて気づきました(汗) なんと、Azure の管理ポータルでも、仮想マシン作成時に選択できるではありませんか!! 現時点では全てのデータセンターでサポートしているわけではないので、仮想マシンを作る場所の事は気にしてあげる必要がありますが、ちゃんとNICも2枚見えていました。 ああ、クラウドの制約がどんどんなくなっていく・・・ 日本マイクロソフト 高添


6/27(金) は Microsoft Azure IaaS の最新情報を仙台でお話します!

先ほど、福島のコミュニティでセッションを持たせてもらうという投稿をしましたが、その前日6/27(金)にマイクロソフト仙台の支店でMicrosoft Azure IaaSのセミナーをすることになりました! マイクロソフトのエバンジェリストが語る 「Microsoft Azure システム構築セミナー」~IaaS編~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032589462&culture=ja-JP **** クラウドというものに対しては、 ・純粋にパブリックなクラウドを活用しようとする方 ・これまで数年間で進めてきたサーバー仮想化の次のステージとして考えている方 ・または Windows Server 2003 サポート終了に伴う投資先として考えている方 などなど、いろんな視点があろうかと思いますので、多くの方のご参加をお待ちしてます。 **** さて、東北を含め他の地区では「クラウドはまだ先」と思われている方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、1つ言えるのは、関東でのクラウドビジネスは半年で大きく流れが変わったということ。 購入したり構築したりする手間がなくなる、契約や登録をするとすぐに使えるクラウドは、使ってみようと思った瞬間からシステムが動き出すまでの時間がこれまで想像できなかったくらいに短いのです。 その、想像力をはるかに超える能力をもってすれば、半年という時間は人や企業を動かすのに十分だったのかもしれません。 だから、東北の皆さんにとっても、そんなに遠くはないはずです。 きっかけを待って誰かが動き出して考えるのか、そのきっかけを自ら作るのか。。。です。 ーーー 余談ですが、前にイベントで全国にお邪魔した時にも以下のようなお話をさせていただきました。 新しいスマフォが出た時に 「東北は情報も少ないから、今出た機種は3年後に検討するよ」 なんてことはないですよね?と。 テレビなどの家電と同じように、スマフォも日本中で一斉に新しくなるし、東北の方も最新機種を持っているはずなんです。 しかも、クラウドの進化の要因の1つはデバイスの進化です。 最初っからインターネットにつながる最新のデバイスを最大限活用するには、社内に置いてあるシステムよりもクラウドが便利です。 だから、スマフォを使っている方の多くはクラウドサービスも使っているはずです。(今やガラケーでも同じでしょうが) そう、「クラウドはもう少し先」といって勉強もお客様向けの提案も先延ばしにしながら、自分自身はクラウドの恩恵を受けている。 そんなのつまらないですよね?? だからこそ、今回のセミナーは最新情報をきっちりお伝えします。 一緒に勉強して、クラウドの活用方法について考えてみましょう。 楽しみにしています! 日本マイクロソフト 高添


6/24 午後は クラウドを前に今後の自分の在り方を考えるセミナー

先日 IT MediaさんとDELLさん主催の クラウド時代の SI を考えるセミナーに登壇させていただきました。 基調講演だったのですが、クラウドの勢い、クラウドでできることがどんどん増えているという技術的な現状、そしてクラウドSIerの存在などのお話をさせていただきました。 私のセッションの受けがどうだったかはわかりませんが、セミナーそのものは2日で満員御礼となったようですし、参加されている方々はとても真剣で、本気で悩まれている方々が多いのだなと実感しました。 ーーー実は、Azure 日本データセンター発表に伴う活動をプランしている中で、”スキル”をテーマにしたセミナーやエンジニアさんとのコミュニケーションが重要だと思っていたので、私のほうで企画をさせてもらい、ようやく6月に実施できる運びとなりました。 今日から始めるクラウドへの意識改革!~ Microsoft Azure を題材に、これからの自分のあり方を考えよう ~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032589067&culture=ja-JP 15:00~17:00の2時間で、Azureというクラウドを題材にエンジニアに必要なスキルをどのように考え、自分の意識をどのように変えていけばよいかを考えるきっかけをつかんでもらうセミナーになっています。 この手のセミナーは参加者の意識や主体性が重要になりますが、人間ですから、このような話を誰から聞くか?も重要だと思いました。 なので、スピーカーは皆様ご存知の竹島友理さんにお願いしました。 すべての事象に意味があるわけですが、今回竹島さんにお願いしたのにも意味があります。 彼女は私が尊敬するトレーナーさんの中の一人で、単なるトレーニングで終わらず、コンセプトを理解し、ご自身からのメッセージもセミナーの最中にきちんと盛り込むことができる方なので、今回お願いすることにしました。あとは、やさしい語り口で厳しいことが言える方であったのも理由の1つです(笑) クラウド時代にどうすればよいか? もちろん答えはありません。いや、答えは人それぞれに持っていてよいと思います。 ただ、その答えを自分なりに導き出すために、その答えを納得できるものに近づけるために、今回のセミナーをうまくご活用いただければと思います。そして、人への伝え方も同時に学んでいただければと思います。 多くの方のご参加をお待ちしております。 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添


TechEd North America 2014 始まりました。 Azure は新機能が盛りだくさん。

年1回の海外出張が定着してきた感じです。 去年までは MMS でしたが、今年は TechEd に統合されたので、そちらに参加することになり、ヒューストンに来ています。 基調講演よりも Azure IaaS セッションのほうが新機能の発表が多かったので、第一弾としてそちらを報告しておきますね。 MSDN Subscription を使った開発者による DEV & TEST のために、Client OS を Azure で動かせるようになりました。 Azure VM に Agent が入るようになり、Chef や Puppet が使えるようになっているのはご存知の通りですが、仮想マシン作成時にカスタムスクリプトを実行したり、リモートからパスワードのリセットを実行したりできるようになりました。 SCVMM との連携が始まります。 といっても、SCVMMのサービステンプレートや Azure Pack のロールテンプレートを知っている人は、その流れだと思ってもらえればよいでしょう。(詳細は別途確認してお知らせします) Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 仮想マシンの変換ツールがAzureに対応しています。 VMwareさんの環境で動く仮想マシンを、変換しながら Azure に持って行けます。 複数ディスクがアタッチされた仮想マシンのキャプチャーが可能に。 SUSE Enterprise Linux のサポートを Azure サポート経由で受けられる。 RDMA まで動く A8,A9 インスタンスを…

4

Microsoft Virtual Machine Converter 2.0 で VMware 環境から Azure へ!

出ました!! VMwareさんの環境から Hyper-V 環境に仮想マシンをコンバートするツールの最新版!! http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42497 こちらがページで、黄色いところが気になりますね。 そう、どうやらVHDに変換して、Azure に持って行けるようになっているそうです。 時間を見つけて試してみたいところですが、手元にVMwareさんの環境がなくすぐに試せないので、成功した方がいたら教えてくださいね(笑) 日本マイクロソフト 高添

1