2月22と23日は九州と関西で VDI や運用管理クラウドのセミナーがあります。私は22日に仙台でセミナーです!

「知ってもらえなければ選択されることはない」 ということで、2月の22日と23日は、パートナー様にもご協力をいただき、日本マイクロソフト社員も総出でMicrosoft Azureを知ってもらう活動をすることになっています。 http://event.shoeisha.jp/special/20170222 そして、関西と九州では、私が良く知っている「テクノロジー的な裏付けができるメンバー」が以下のセミナーを開催します。 —— 2月22日 関西支店 はじめてみませんか? ハイブリッド クラウドのススメ~最新版 クラウド上で構築する VDI から、はじめてのクラウド運用管理まで https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x131833588f9 2月23日 九州支店 はじめてみませんか? ハイブリッド クラウドのススメ~最新版 クラウド上で構築する VDI から、はじめてのクラウド運用管理まで https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x130723926bc —— ご存知の通り、VDI や管理基盤もクラウド化の波が押し寄せています。 そして、その2つに関しては、マイクロソフトの強みを生かせる分野で、しかも他社の追随を許さないほどの充実したサービス提供が始まっています。 知らないと損です。 クラウド版の VDI、運用管理製品のクラウド化について知らなかったという方、他社の話を聞いたけどピンとこなかったという方、是非ご参加ください。 **** ちなみに私はというと、2/22 は仙台で、リコージャパンさん、日本ヒューレット・パッカードさんとのセミナーの中でお話することになっています。 http://www.ricoh.co.jp/event/seminar/16S254.html ~ 15:15 – 16:05  【A2】 最新 Windows Server とクラウドで考えるファイルのセキュリティ~ 東北の方は、会場にてお待ちしております! 日本マイクロソフト 高添


「Windows Server 2016 新機能セミナー」開催決定 ~6/15は久々のVDI、6/17はストレージです~

6 月はマイクロソフトにとって 1 年間の締めくくりの月であり、来期に向けた活動を始める時期でもあります。 インフラ系エバンジェリストの私も、来期に出てくる Windows Server 2016 をどのように日本市場に浸透させていくかをずっと考えていて、これまでの数か月は Nano Server や Windows Server Container、Service Fabric といったアプリケーション基盤 (DevOps と呼ばれる世界に近いテクノロジー) の話を通して Windows Server 2016 が目指す新しい方向性についてお伝えしてきました。 これらの技術は、今後製品化に向けて開発が進む中でブラッシュアップされていくでしょうし、パブリックなクラウドを利用されているエンジニアのみなさんには、次期サーバー OS が目指す方向性に共感していただけるのではないかと思います。 ************************* ただ、Windows Server 2016 はそれだけではありません。これまでの Windows Server の歴史を受け継ぐ各種機能も当然新しくなっています。 「馴染みのある技術が進化する」のはエンジニアにとってうれしいことですし、Windows Server 2016 という新しいサーバー OS の登場とともに低リスクで再検討しやすい領域でもあると思います。 そこで、そろそろいいかなと思えるタイミングであるという判断をして、VDI とストレージに関するセミナーを開くことにしました。 6/15 Windows Server 2016 新機能セミナー (VDI 編)  13:30-18:00 (13:00開場) https://www.microsoftevents.com/profile/form/index.cfm?PKformID=0x234119bb46 ※ Windows Server…


熊本に新しいコミュニティ ”熊本クラウド語ろう会(熊クラ会)” 発足! 2/13に勉強会も^^

Microsoft Azure、Office 365  にプライベートなクラウドまで、様々なマイクロソフトの雲をテーマにしたコミュニティが熊本に立ち上がりました!!! https://www.facebook.com/groups/1547539522234350/ 先日福岡でコミュニティ勉強会をした時に、いつも熊本から来てくれている加藤さんから話がありまして、これはお手伝いしなければと思いました^^ そして、2月13日に勉強会を初開催します!https://kumacloud.doorkeeper.jp/events/36640 Azure を使ったアプリ&システム開発のコツ  日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 畠山大有 全部クラウドが無理な人のためのハイブリッドクラウド  日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添修 熊本におけるクラウド導入事例  熊クラ会代表 加藤司 LT:是非ご参加下さい  LT発表者募集中です!  登壇される方はFacebookページにて表明をお願い致します。 ——ということで、クラウド開発にハイブリッドなインフラ技術、そして事例のお話もあります。 既に何度か勉強会はしていたそうなので、こじんまりと初めて、現場目線の情報共有がうまくできるとよいですね。 2016年は熊本でもクラウド熱を高めたいと思ってますので、もし熊本に知り合いがいたら紹介してあげてください! 日本マイクロソフト 高添


イケメン倉持さんの[Azure を Ansible で操作する]記事公開!

最近、OSS やデータセンターの方々とお話をする機会が非常に多くて、「Ansible いいよね~」という話を聞いてました。 Ansible は Red Hat さんに買収されてしまったものの、OSS と共に生きる Azure にとってどこまで有益なのかは知っておきたいと思っていたところ、自ら記事を書いてくれる人がいてくれました。 そう、TIS のイケメン 倉持さんです! Microsoft Azure を意のままに操る Ansible 事始め 私は概念や方向性のような記事を技術的目線から書くことが多いのですが、やはりエンジニアさんの記事はいいですね。 何ができるかがよくわかります。 是非ご覧ください! さて、マイクロソフトワールドにいる私と倉持さんとは住む世界が違っていたのですが、かなり前にSIOS さんとの協業で一緒にビデオに登壇してからお付き合いさせてもらっていまして、こういう方と自社のサービスについて普通に会話ができるようになるとは、時代も変わりましたね。 これからは、ますます、エンジニアとして良いものを良いと言える関係を多くの方と築いていきたいとおもいますね。 日本マイクロソフト 高添


Group Policy がサービスに!? 新しい Azure Active Directory は勉強せねば・・・

「Azure Active Directory は、社内の Active Directory とは別物です」 これが、これまで Azure 上の Active Directory へ興味を持ってくれたお客様に最初に伝えないといけない一言でした。 そして、結果的に Azure 上に仮想マシンを立て、そこにドメインコントローラーをインストールして利用していただくパターンをおススメすることが少なくありませんでした。 もしくは ADFS などでしょうか。 しかし、とうとう、社内の Active Directory のクラウド化が進み始めました。 最初は Windows 10 が Azure Active Directory へログオンできるというものでした。 そして今回は・・・ ・Use LDAP, Active Directory domain join, NTLM, and Kerberos authentication ・Manage Azure virtual machines effectively using Group Policy https://azure.microsoft.com/en-us/services/active-directory-ds/ まだ実態を見ていないので、全く同じものと言える段階ではありませんが、それでもこれまでとは大きな方向転換だな?と思ってしまったのですが、いやいや、大きく変わった事に対して方向転換だと断言してしまうこと自体が古い考えなのでしょう。 クラウドファーストを掲げるマイクロソフトが今重要視しているのは ”使ってもらえる便利な IT…


NVIDIA と Hyper-V の密な関係は Azure 側からスタート!

マイクロソフトの GPU 仮想化といえば、RemoteFX です。 物理サーバー(Hyper-V マシン) に搭載した GPU のパワーを Hyper-V 上の複数の仮想マシンから利用できるように実現した技術で、ベータの頃からイベントでデモをしたりしていました。 <<仮想マシンから見たディスプレイアダプター:ここがポイント>> Dxdiag を見ると、ちゃんと DirectX 関連のアクセラレータも使えるようになっています。 ただ、時代の流れは速く、GPUベンダー NVIDIA は新しい形の GPU 仮想化技術を世の中に送り出し、最初は Xen Server、そして VMware 社が対応し、VDI における GPU 活用例が徐々に現実味を帯びてきています。 そして、マイクロソフトはというと、クラウドファーストを旗印に、特定のGPUベンダーへのロックインを避け、ハードウェアではなくクラウドに最適化する方針をとろうとしていました。 GPU の仮想化についても、Windows Server 2016 の Technical Preview 3 を見てもわかる通り、NVIDIA との特別な関係には触れられていません。 しかし、クラウドファーストを徹底するために、先日大きな方向転換の発表をすることになりました。 Azure IaaS にまもなく登場予定の N シリーズという仮想マシンの発表です。 https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/videos/azurecon-2015-applications-that-scale-using-gpu-compute/ Hyper-V マシンに搭載した NVIDIA の GPU パワーをダイレクトに仮想マシンから活用する仕組みを搭載する予定です。 仮想マシンの中から見たディスプレイアダプタが RemoteFX の時と大きく変わっていることがお分かりになるでしょう。…


ついに実現。F5 BIG-IP for Azure !^^!  ~9/4(金) FEST でセッションあります~

気が付けば、仮想マシンを使ってクラウド上にシステムを構築する事が普通になりつつあります。 サーバーの仮想化が高機能化し、SDN がメガクラウドを支える技術として成長したわけですから、自然な流れとも言えるでしょう。 そんな中、F5 さんも Azure 対応をしてくれることになりました! テーマは ハイブリッドクラウド だそうです! ***** これまでもご一緒させていただく機会はありましたが、すごく良いタイミングで FEST というイベント(http://www.microsoft.com/ja-jp/events/fest/2015/) があるので、今回スポンサーになってくれて、セッションでお話をしてくれることになりました!! 本当にありがとうございます! 9/4 (金)  13:35 – 14:20[ SPN-313 ] オンプレ担当者も納得! Azure セキュリティ レベルの保ち方~ハイブリッド クラウドと F5 BIG-IP for Azure~  牧田 延大 氏 F5 ネットワークスジャパン株式会社 シニアプリセールスコンサルタント ## セッションタイトルに変更があったようなので、Blog も修正させていただきました ## F5 さんがハイブリッドをどのように実現してくれるのか? 多くの企業様で動作しているBIG-IPが、Azure と共に何を提供してくれるのか? などなど、私も聞いてみたいことがたくさんありますし、すでに F5 BIG-IP をお使いでハイブリッドクラウド化を検討している企業の方にも是非聞いてほしいです。 もちろん、ハイブリッドなネットワークの提案をしたいと思っているパートナー様も必見です! ***** ちなみに、MSのイベントに行っても学ぶものはないし・・・と思っている方がいたら、だまされたと思って参加してみてください。 初日はパートナー様向け、2日目は事例中心、3日目は技術中心で、F5 さんにご登壇いただく3日目だけでも、OSS ツールとAzure の関係、IIJ…

1

ネットワールドさんがAzureに着手!^^!

ネットワールドさんは、製品の流通に携わる企業さんなので、当然パブリックなクラウドによるIT変革の大きな波には慎重に対応しなければならないはずです。 ただ、ここ最近は国内のクラウドベンダーとの協業などを通じて、ネットワールドさんらしい大胆な取り組みが始まっているようです。 そして、今度は Azure です! 7/10 東京開催の Networld Fes では、劇団ネットワールドの前座?として大きめの部屋で Azure を含むハイブリッドクラウドの話をさせてもらえる事になっています。 https://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/537 「14:15~15:15 Microsoft が目指すこれからの Hybrid Cloud とは?」 私のセッションでは、これまでの経緯、マイクロソフトのデータセンターへの取り組み、今後のクラウド戦略とハイブリッドクラウドに向けた新しいソリューションの話などをさせていただきます。 もちろん、その後の劇団ネットワールドも必見です!  肩に力が入った状態では本来の能力は活かせません。劇団ネットワールドは、肩から力を抜いた良い状況の中でビジネスやテクノロジーを語るためのヒントを提供してくれます。 —— さらに、ネットワールドさんが Azureの検証もしてくれていて、セミナーも企画・開催してくれることになりました!!! クラウドファースト時代のAzureの価値セミナーhttps://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/549 大阪・名古屋・東京・福岡の4会場です。 どんな話をしてくれるのか、楽しみですね^^ 日本マイクロソフト 高添


Azure Site Recovery の日本の事例は”ダシを科学する”会社フタバ様

12月12日金曜日、六本木にてDellさんと一緒にハイブリッドクラウドセミナーを実施しました。 クラウドの認知が進み、企業のプラットフォームとして当たり前のように検討されるようになったものの、フルクラウドよりハイブリッドクラウドのほうが、もう少しわかりやすく言うと 「軸足は自社内のシステムに置きつつもクラウドはうまく活用していきたい」 というのがちょうどよいと思う企業が多いと思います。 だから今回のセミナーも、Dellさんからコンパクトデータセンター VRTXや最新サーバーシステムFXのお話をしてもらい、私がMSのデータセンターへの取り組みやAzureの紹介、そしてハイブリッドクラウドの具体的な使い方例を話しました。 もちろん最後は事例セッション! 新潟からマイクロソフトの技術を知り尽くしたSI企業 ティーケーネットサービス (http://www.tknetservice.com/) の武田社長から、実際にお客様に提案をし、導入している機能をいくつか紹介してくれました。数あるWindows Serverの機能の中で、この辺がポイントになるんだなとよくわかりました。 そして、そのティーケーネットサービスさんと共に「ITの全体最適化」を進めている株式会社フタバ(http://www.futaba-com.co.jp/)の中村様が登壇! 実際にWindows Serverの標準機能やSystem Centerをうまく活用しながら出来上がった社内システムのお話をしていただきました。そこには、Direct Access あり、VDI や社内PCの管理方法のお話あり、Azure Site Recovery ありと、IT担当の方がITをうまく活用して社内を良くしていくという雰囲気がとても出ていて、面白かったです。 そして何より、日本人の心ともいうべき”おダシ”の会社様が Azrue Site Recoveryを使ってくれているというのがうれしかったです !^^! お客様のビデオはこちらにもありますので、雰囲気はこちらでも伝わると思いますから、是非見てください。 関係者の皆さん、どうもありがとうございました! *****さてさて、Azure Site Recovery は、社内システムをパブリックなクラウドにするのが難しいと思っている企業も、パブリックなクラウドを何から使おうか迷っているお客様にとっても、非常に良いシナリオになると思っています。 多くの方が待ち望んでいたアーキテクチャーの変更についても、もう少しお調べして投稿します。 是非是非、ご活用ください! 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添


1日で技術情報を貯金できる 10/31(金) 福岡のセミナーに参加しましょう。

先々週、先週と、グローバルナレッジさんのイベントで「マルチスタックエンジニア」についてのお話をさせていただきました。 また、先週水曜日の「クラウド時代のエンジニアのスキルを考えるセミナー」でも、私がどんな感じで仕事をしているかを話させていただきました。 両方ともに共通してお話をしたのは、いろんな事に反応できるエンジニアになってほしいということです。 そのためには情報を持っておかないといけません。 しかも、自分で探し出すよりも知っている人から聞いたほうがはるかに効率的です。 そう言えば、10/31に福岡で今度やるセミナーは、それです。 MS & DELL & Win.tech.q 共催 Tech Fielders セミナー in 福岡~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032597472&culture=ja-JP 最新のハードウェア、Microsoft Azure、Azureを使った災害対策、Azure Pack、Windows Server 2012 R2、VDI、VDI のAzure版・・・ VDI事例を話してくださる方から届いたスライドを見ましたが、そこだけでもかなり面白いですし、800ページの書籍を案件をこなしながら書いちゃうようなスペシャリストさんの話も聞けます。 パブリックなクラウドしか持っていないベンダーのセミナーではないので、クラウドの良さはお伝えしますが、自社内のサーバーも否定をしません。 わからないところがあれば、あとでこっそりでもいいですし、飲みながらでも質問してもらってもかまいません。 私は昔、極度に緊張するタイプだったので、質問をするのに声が震えたり、のどが渇いたりしていて、質問したいことがあるのにあきらめていたことがありました。 が、変われました。たぶん、自信がなかっただけなんです。 なので、自分はこのままでよいのか? と思っている方は特に、この1日、みっちりと話を聞いていただいて、まずは情報武装を始めましょう。 そして、人前で話をしたことがないエンジニアさんは、ライトニングトークという時間を活用して、5分で自分が持っているとっておきのTipsをお話してみてください。 お申込みはこちら http://www.microsoft.com/ja-jp/techfielders/interview.aspx 人生が変わるかもしれませんよ、私のように・・・ —ということで、先日も投稿したのですが、Microsoft Conference の準備やら出張やら、体調不良やらで、フォローができていないので、もう一度お伝えしておきます。 それでは、九州の皆さん、月末に中洲川端でお会いしましょう! 日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添