9月13日(金) 午前は、IT ディシジョンメーカー必見 ! エバンジェリスト部長の語らいの場

先ほど、9月13日の午後に VDI のセミナーを実施するという投稿をさせていただきました。 http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2013/08/31/3593852.aspx ただ、せっかく札幌に行くので、ITアーキテクチャー推進部というエバンジェリストチームの部長と一緒に札幌に乗り込み、Windows 8.1 や Surface も含め、マイクロソフトの最近の動きをお話しするとともに、ITのディシジョンメーカーやご担当者の皆様とディスカッションをする場を作りました!!! ======= 北海道地区の IT ディシジョンメーカー必見!「マイクロソフトと語る これからの IT プラットフォーム ストーリー」 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032561732&Culture=ja-JP&community=0 ======= 「売らないといけない」 けど 「売れさえすればよいという訳でもない」 のがマイクロソフトです。 そこで、マイクロソフトの中には、営業活動だけでなく、日本という市場とコミュニケーションをしているエバンジェリストという立場の中の人間がいます。 私もそうです。 私の上司もそうです。 今回は二人でお邪魔します。 何でも言うことを聞きます・・・なんてうそをつくつもりはありません。 ただ、皆様の日頃のご苦労、悩み、ご不満、ご期待、ご要望と、時代の流れ、我々の思い、製品の進化、いろんなものの接点が見いだせればと考えています。 ということで、これからどのような IT 投資をしていけばよいか悩んでいる IT ディシジョンメーカーの方、ITのご担当の方々にお越しいただき、率直なご意見を聞きながら、「今とこれから」のヒントをもってかえっていただければと思ってます。 あまり広い部屋ではありませんが、多くの方にご参加いただけることを願っております。 どうぞよろしくお願いします。 日本マイクロソフト 高添

0

皆様の声をお聞かせください ~マイクロソフトの活動を良くするために~

7月から始まった新しい期。走り続けながらも、1年間のプランニングが佳境に入ってきました。 そこで、あらためてみなさんの状況を知りたく、TechNet 配下で調査を開始しました。 http://www.microsoft.com/japan/technet/survey/default.aspx 私自身は、お陰様で日々多くの方のご意見を聞くことができますが、数字化するまでには至っておらず、マイクロソフトのほかのメンバーに対しても主観的な意見としてしか伝えられないでおります。 そして、この調査にて多くの方からのお声を頂戴できれば、それは皆様の声として客観的に受け止めることができます。 みなさんが忙しいのは重々承知していますが、日本のマイクロソフトの活動を良くするために、ほんの少しお時間をいただけるとうれしいです。 実は、Tech Fielders セミナーは今年は出来ない可能性がありましたが、何とか続けられそうです。 これも、セミナーのアンケートを一生懸命みなさんが書いてくれているから、止めるのはもったいないと言ってもらえたわけです。 上記調査は、9月7日(金曜日)23時59分まで実施しています。 是非とも、ご協力よろしくお願いします。 日本マイクロソフト 高添

0

SCVMM を使ったシステムのシャットダウンの仕方

東北地方太平洋沖地震の影響などによる計画停電が続く中、現在停電の対象になっていない地区であっても、夜や週末に向けてHyper-V 環境を停止する必要があると思います。 そのため、別の記事として Windows Server や Hyper-V 環境のシャットダウン方法 について投稿させていただきました。 そして今回取り上げるのは System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) というマイクロソフトが提供する仮想環境の統合管理ツールについてです。 おそらく、複数の Hyper-V や SCVMM を利用している環境のご担当者でしたら、シャットダウンする方法に悩まれることもないでしょう。 しかし、現在は異常事態でもあり、普段 IT を操作しない方がシャットダウン処理をせざるを得ないという状況があるかもしれません。 この投稿では、通常の運用ならば注意するであろう細かな点はあえて無視し、誰にでもシャットダウンの処理をしていただけるように非常に簡単にまとめたものになります。 リスクを怖がって何もしないでいきなり停電を迎えるよりも、最低限の処理をしておいた方が良いという観点でいただければと思います。 ご理解のほど、よろしくお願いします。 ***注意*** くどいようですが、ITご担当者もしくは担当のベンダー様がいらっしゃる場合は、通常通りの手順で、無停電電源装置や専用の管理ツールの利用、稼働中のアプリケーションを意識したご対応をお願いします。 また、本来ならば事前にバックアップを取っていただけると安心です。 バックアップを含む停電への対策つきましては、TechNet のサイトにまとめてありますので、こちらをご覧ください。 ********* 【SCVMM を使ったシステムのシャットダウンの仕方】 まずは、管理用サーバー機の前に行ってください。このような画面になっていると思います。 省電力モードなどで画面が暗くなっている場合には、マウスやキーボードを触ってみてください。   サーバーの画面の前で、キーボードの「Ctrl」と「Alt」と「Delete」キーを同時に押してください。 パスワードの欄が空白なので、管理者の方に聞いたパスワードを入力し、[青い右向き矢印]をクリックしてください。    ログオンすると、Windows Server 2008 (R2)の画面が表示されます。 SCVMM の管理コンソールを起動します。 デスクトップにアイコンがあれば、それをダブルクリックしてください。 デスクトップにアイコンがなければ、[スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft System Center]-[System Center Virtual Machine Manager…

0

基本的な Windows Server と Hyper-V のシャットダウンの仕方

(情報が遅くなり申し訳ありません。現在、各種サーバー製品に関する情報をまとめておりますが、きれいなサイト立ち上げには若干時間がかかるため、一時的にブログを利用します。) 東北地方太平洋沖地震の影響などによる計画停電が続く中、現在停電の対象になっていない地区であっても、夜や週末に向けて Windows Server や Hyper-V マシンを停止する必要があると思います。 そこで、非常に簡単ではありますが、Windows Server 2003 (R2含む) と Windows Server 2008 (R2含む) 、そして Hyper-V マシンのシャットダウン方法についてまとめました。 ***注意*** ITご担当者もしくは担当のベンダー様がいらっしゃる場合は、通常通りの手順で、無停電電源装置や専用の管理ツールの利用、稼働中のアプリケーションを意識したご対応をお願いします。 ただし、ご担当者以外の方が急きょ対応しなければならないような場合には、管理者用のパスワードをご担当者に確認したのち、この内容を参考に安全にシャットダウンをしてください。 また、本来ならば事前にバックアップを取っていただけると安心です。 バックアップを含む停電への対策つきましては、TechNet のサイトにまとめてありますので、こちらをご覧ください。 ********* 【Windows Server 2003 と Windows Server 2003 R2 のシャットダウン方法】 まずは、サーバー機の前に行ってください。 このような画面になっていると思います。 省電力モードなどで画面が暗くなっている場合には、マウスやキーボードを触ってみてください。  サーバーの画面の前で、キーボードの「Ctrl」と「Alt」と「Delete」キーを同時に押してください。 パスワードの欄が空白なので、管理者の方に聞いたパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。 アプリケーションが動いていたら、それを終了させてください。 アプリケーションがとじたら、左下の[スタート]をクリックしてください。 さらに、[シャットダウン]をクリックしてください。 シャットダウンのための画面が表示されます。ただし、この状態だとOKボタンが押せません。 そこで、説明というボックスの中に[停電対策]と入力してください。そうすると以下のようにOKボタンが押せるようになります。 [OK]をクリックすることで、Windows Server 2003 や Windows Server 2003 R2 マシンはシャットダウンされます。 物理マシンがシャットダウンされたら作業は完了です。…

0

停電を意識した Windows PC の節電とバックアップについてまとめてあります。

計画停電、皆様のお仕事や生活は大丈夫でしょうか? マイクロソフトにできることは何か。。。の1つとして、節電を意識した Windows PC を使う方法や、バックアップの方法が書いてあります。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg715287 日本の役に立つために1つ1つ積み重ねていくしかないです。。。というとなんだか自分がやったようですが、私が作ったのではなくて Windows を担当しているメンバーが急ぎ作ってくれたそうです。 同じ社員ながら、みんなの頑張りには驚かされます。 私自身で試せておらず申し訳ないですが、パッと見た限りでは良くまとまっていますし、とにかく少しでも早く広く情報をお届けできればと思い、私も投稿させてもらいました。 気になることがあれば遠慮なくフィードバックください。 どうぞよろしくお願いします。 日本マイクロソフト 高添

0

東北地方太平洋沖地震に伴う支援と対応について ーBPOSも使ってください。

昨日 Windows Azure については連絡をさせていただきましたが、先ほど正式な発表がマイクロソフトとして掲載されました。 http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3971 Windows Azure だけでなく、迅速なコミュニケーション手段になりうるBPOSも対象に加えてありますので、遠慮なく使ってください。 特に、連絡用電子メール、電子掲示板および伝言板、文字/音声/映像チャット、緊急支援物資の管理、緊急管理用データベースなど、コミュニティや開発者の方がクラウドを使って開発を進めてくれています。 ただ、急を要する場合にSaaSはすごく使えると思うので、何かあればすぐに以下のメールアドレスにご一報ください。 Exchange Online、SharePoint(R) OnlineおよびLync(TM) Online:jpbpsinf@microsoft.com ―――― それから、サポートについてですが、サポート窓口は営業していますが、災害復旧事案の対応を優先するため、当面の間コールバック対応としています。 http://support.microsoft.com/?ln=ja 大変申し訳ありません。 ご理解のほどよろしくお願いします。 そして、気の利いた事が書けず申し訳ないですが、とにかく頑張りましょう。 日本マイクロソフト 高添

0