マイクロソフトが提供する4つの仮想化技術

近々、外部のセミナーでマイクロソフトの仮想化技術についての話しをすることになっていて、資料作りとデモ環境構築が必要だったので、今週はWindows Server “Longhorn” の情報発信のプランニングや Dynamic Systems Initiative (DSI) の資料の整備と並行してセミナーの準備もしておりました。 その仕事の中で、2週間前に San Diego で行われた Microsoft Management Summit (MMS) 2007 というイベントの100個を超えるセッション資料の斜め読みも行ったのですが、この作業が私はとても好きだったりします。斜め読みと言っても、4~5時間かけて各セッション資料が訴えようとしているポイントや、書かれている新製品のコンセプトを読み取っていくので、終わった時にはかなり疲れるのですが。。。 それでも、多くの情報を一気に1つのまな板の上に載せることによって、点が線になり、線が面になり、最後は立体的(現実的)なものへと頭の中でイメージが出来てきます。イメージが出来てしまうと誰かに早く伝えたくなるたちなので、時間を忘れて新しいPowerPoint資料を作り始めるんです。そう、これがエバンジェリスト高添のモチベーションの1つにもなってたりするんです。 そして、MMS 2007 で使われた資料は、Longhorn にも DSI にも、そしてセミナーで話しをする仮想化セッションにも影響を与えてくれたので、その中の1つを紹介しておこうと思います。 それが、「マイクロソフトが提供する4つの仮想化技術」の話しです。 Server Virtualization  = Virtual Server、Windows Server Virtualization Client Virtualization = Virtual PC Application Virtualization = SoftGrid Presentation Virtualization  = Terminal Service 結論から言うと、サーバーの仮想化は今後のITに非常に大きな影響を与えることを理解した上で、「サーバーの仮想化だけが仮想化ではない」という事実も理解してほしいのです。 IT導入がゴールとなり本来の目的を見失っているプロジェクトが少なからずあるとはよく聞く話ですが、仮想化についても同じではないかと思っていて、仮想化技術を導入することがゴールではなく、新しい技術をうまく利用することによって、今までの概念では起こり得なかったことをやってしまおうというのが大事ではないかと思います。そういう意味では、アプリケーションを実行環境ごとパッケージ化してクライアントに配布するSoftGrid や、サーバー上にインストールされたアプリケーションをクライアントからリモートで利用するターミナルサービスも、柔軟なシステム構築には強力なツールであり、注目に値するものだと思います。これは本音です!! ****余談ですが、1~4の仮想化の技術は、System Center ブランドの運用管理ツール群と連動することによって、ダイナミックなシステム構築と運用コストの削減の両立を図ることができようになります。(なる予定です。。。が正しい表現かも)

1

Virtual Earth に Photosynth、見えないものが見えてきそうです。

まずは、道場つながりで気になった記事「Microsoft Virtual Earth マッシュアップ道場」。http://itpro.nikkeibp.co.jp/as/ms_ve/index.shtml マイクロソフトが提供している「Virtual Earth」 の面白さと、それを利用してさらに面白い事をやってしまう方法をあらためて感じていただければと思います。 (昔、オフコンの修理屋さんをしていた時は、同僚が手書きしたお客様までの道のりがあまりにも分かりにくくて、手のひらサイズの東京マップ(本)を愛用していたのを思い出しました) ***** そしてもう1つ、皆さんは Photosynth なるものをご存知でしょうか?http://labs.live.com/photosynth/ 観光スポットを撮ったバラバラな写真を3次元の世界でつなげて見ることで、その空間の中にいるような感覚になれるすごいやつです。 世界中の人々が撮った写真をかき集めて Photosynth で仮想空間を作ってしまうなんて面白そうですよね。一昔前なら「どうやって写真を集めるんだよ?」って議論が必要だったでしょうが、YouTube の勢いを見ればわかる通り、今や世界中の観光スポットの写真くらいすぐに集まりそうな気もします。 写真の中の風景のみを残し、人を影ごと消す技術なども研究されていたりしますから、インターネットさえあれば人のいない仮想観光スポットにいつでもいける日がくるのでしょう。 Secondlife のような明らかに作られた世界ではなく、写真をつなぎ合わせて出来上がったもう1つの(仮想)地球上で仮想現実が動きはじめたりして。。。 行ったこともないところに初めて行って、「一度来たことがあるような・・・」という感覚に陥る日も出てきそうですね。


Virtual PC 2007 提供開始

IT Pro 道場にご参加いただいた方にはBeta版を見ていただきましたが、ようやく正式版がでてきました!! http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=04D26402-3199-48A3-AFA2-2DC0B40A73B6 インストールに時間がかかるものではないので、Virtual PC 2004 SP1 をお使いの方も、入れ替えを検討していただければと思ってます。


Virtual Server 2005 R2 がフリーダウンロード可能に ~DSIへの道~

既に日本語の情報も出始めているようなので、私からもお話を。 Virtual Server 2005 R2 が無料化され、マイクロソフトのダウンロードセンターからダウンロード可能になりました!! もちろん、4/1の冗談ではありません。先ほどダウンロードセンターに日本語版も出ていることを確認したので。。。 なぜ?という話も出てくるでしょうし、VM Ware や他社仮想化ソフトウェアとの戦いがクローズアップされることだろうと想像はしていますが、4年前から Dynamic Systems Initiative (DSI) を追ってきた私からすると、個別製品の戦いなどという小さな話ではないのです。 そもそも、マイクロソフトが提唱する”DSI”の世界では、システム開発から展開・運用、そしてフィードバックにいたるまでのライフサイクル全般をモデル化し、自動化し、システムの運用管理コストを大幅に削減しようとしていますが、そのためには仮想化技術はなくてはならないものです。 仮想化技術は、プラットフォームの展開~運用に柔軟性・拡張性・即時性をもたらし、システムをダイナミック(動的)に追加・変更していくためには必須なので、我々がほしかったのは仮想化製品ではなく仮想化技術であったと言っても過言ではないと考えていて(あくまでも個人的見解ですが)、今回の内容が社内で回り始めたときも「とうとう来たか」という感じで受け止めました。例えば、仮想的ディスクアクセスを実現する Virtual Disk Services や動いているデータのコピーを取れるShadow Copy Services、アプリケーションをOS依存からFramework依存へと変えた.net なども、製品というよりはプラットフォームの機能の一部といった感じなので、全てがDSIにつながっていると見れば極々自然な流れなのです。 さらには、既に発表されているMOMやSMS、DPM 関連の管理ライセンス形態の発表も、DSIのモデル化や自動運用への道へとつながっていき、最終的には皆さんが行っている多くの手作業をどんどん自動化していくことでしょう。http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2644 やっとDSIネタが書けました。これからはDSIが旬(なはず?)ですよ!!