4/25 はWindows Server 2016 要素技術を一気に紹介するセミナーを開催します!

4/25 、丸一日使って Windows Server 2016 を紹介するセミナーを企画してたのですが、案内を忘れてました(汗) 小さめのセミナールームで、すでに30名近くお申し込みはいただいているので、残りの席をご案内したく投稿させていただきます^^ ****さてさて、最近、Windows Server 2016 について教えてくださいという質問やお仕事が増えてきたんですよね。 昨日は、ある業務アプリを持っているパートナー様と、クラウド基盤の話やその上で動くアプリケーションの話、それに向けて Windows Server が何をしようとしているかという話をさせていただきました。Windows Server 2016 は業務に近いITをやっている方にこそ受けるのだなとあらためて思った次第です。 ただ、私も含めたインフラ系のエンジニアさんは、その要素技術を正しく理解する必要があります。 さらに、いきなり手順書通りに作業をする時代は終わりつつある中、得意分野を突き詰めるだけでなく、全体のコンセプトも理解しておかなければ、要件が変わった瞬間何もできない人になってしまう可能性があります。 今回のセミナーは、1つ1つを深く掘り下げるのではなく、要素技術の進化を広くご理解いただくセミナーにしました。 Microsoft のハイブリッド IT 最新情報セミナーhttps://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032751087&Culture=ja-JP&community=0 ※ 5月にdecode という技術者向け有償イベントがあるのですが、そこでは時間の関係で概要レベルの話がほとんどできないので、「de:code に参加するけど、セッションリストを見て怖気づいてしまった」という方にも、このセミナーで予習をしていただきたいとも思っています。 [アジェンダ ] 若干変更される可能性があります。。。 9:30–10:00     受付10:00 – 12:00      --仮想化基盤、SDxx系 ・全体的なご案内 ・Compute (Hyper-V)   ・Software Defined Network & 最新ネットワーク事情 ・Software Defined Storage****お昼休み****13:30 – 15:00  -- アプリケーション基盤/DevOps系 ・Container ・Service Fabric ・Nano Server15:00 -17:00   -- その他新機能とハイブリッドソリューション系 ・Others and news (AD/Failover Cluster/…

0

MSプラットフォーム最新動向を解説:4月の名古屋・広島・仙台でのセミナーも申し込み開始しました!

2月に投稿したこちら (http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2016/02/13/3660378.aspx) にも書きましたが、マイクロソフトのハイブリッド戦略や Azure Stack、Container、Nano Server、Hyper-V など、MSプラットフォーム技術の最新動向をお伝えするセミナーを全国で開催中です。 今週は木曜に 札幌で実施 し、少し間を開けて、4月に名古屋、広島、仙台でも開催します。 ようやくセミナー申し込みも開始したので、是非ご参加ください。 4/18(月) 名古屋: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352081 4/19(火) 広島: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352082 4/22(金) 仙台: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352083 日本マイクロソフト 高添

0

東京以外の出没予定 ~大阪・岡山・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台~

今日はMS系コミュニティ立ち上げのため熊本に来ています。 30名近くの参加者が集まってくれるとは、最近の地方はアツいですね! さて、そういう空気を大事にしないともったいないので、再来週から3月の中旬にかけて、東京以外でもセミナーやコミュニティに顔を出すことになっています。なかなかお会いできない方も多いですし、Azure Stack を地方でお披露目する予定ですので、もしお時間があればご参加ください! 2/16(火) 大阪 NetApp Innovation 2016 Osakahttp://seminar.jp/nai2016/osaka.html 2/20(土) 岡山 Okayama ComCamp 2016 powered by MVPshttp://oitec.connpass.com/event/23479/ 2/23(火) 大阪 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697874&Culture=ja-JP&community=0 2/25 (木) 福岡 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697876&Culture=ja-JP&community=0 3/10 (木) 札幌 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697880&Culture=ja-JP&community=0 ちなみに、4月18日の週も 名古屋(4/18)・広島(4/19)・仙台(4/22) の準備中ですので、近隣の方、是非予定を開けておいてください! こちらはあらためて投稿します! 日本マイクロソフト 高添

1

11/26 のWindows Server Container & Nano Server & Hyper-V セミナー資料公開

当日の夜に公開しつつ、ズルズルとブログ書くのが遅くなってしまいました。 まずは、DevOps 技術と共に語られることが多い Container の Windows Server 版と、Conainer も動く極小 Windows Server = Nano Server のセッションスライドです。 https://doc.co/xsF4M2 また、Hyper-V や SDN, SDS に関するセッション資料はこちらになります。 https://doc.co/LZgza1 ※ Windows Server 2016 Technical Preview 4 は日本語版が出ていますが、もし機能検証をしたいのであれば、言語のところで躓く必要のない英語環境でお試しいただければと思います。 で、もう1つ、パートナー様のソリューション紹介についてですが、もう少しお時間をいただきたく。というのも、少しずつ企画してきたものがようやく動き出せることになりまして、今月中には数社のパートナー様のソリューションを紹介するビデオコンテンツを作成し、公開させていただきます!! ***** さて、セミナー中にもお伝えし、上記スライドにも書きましたが、重要なお知らせがあります。 それは、 最近の TechNet の情報はエンジニア目線で作られるようになってきた! ということです。 以前は、どこのページに行ってもリンク集のような状況で、何度リンクをクリックしても目的の情報にたどり着けないということがありました。 少しだけ言い訳をすると、メーカーとして情報を提供するために、漏れがないようにしたかったのです。大量の情報を整理していくうちに、情報は階層的になり、同じような情報はページを作ってリンクで飛ばすという形になり、様々な機能がつながっているWindowsの場合、結果としてリンクの先にまたリンクがあるというわかりにくいものになってしまいました。今でも、情報を網羅的に掲載する必要がある部分は、リンク集の塊になっているのは事実です。 でも、少なくとも、実際に最新機能を試したいと思う方に見てもらうためのサイト Customer Experience Guides は全く別物です。 Customer Experience Guides for Windows Server 2016 Technical Preview 4https://technet.microsoft.com/en-US/library/mt420609.aspx かなりスクロールしなければ最後までたどり着けないくらいに1ページは長くなったものの、できる限り1つのシナリオを1ページで完結するような作りになってきていますし、「まず触ってみよう」と思った時に、十分に参考にしていただけるものになってきています。 ※Windows…

0

12/19(土) は14回目のSCUGJ 勉強会 ~見どころはWindows Server 2016 & パーティ & LT ~

毎度、濃い内容とスペシャリストによるわかりやすい説明で参加者を魅了するコミュニティ System Center User Group Japan (SCUGJ) が年内に勉強会を開いてくれることになりました。 https://atnd.org/events/72539--------12:30 受付開始 13:00 Session:1 TBD 14:00 Session2: ShieldedVMって、なに? 15:00 Session3: Windows Server 2016 時代の監視と管理 16:00 Attendy Party ~System Center Night ~  LT セッションもあるよ。 17:30 終了(予定)-------- まだ調整中のセッションもありますが、Windows Server 2016 がテーマなので、ここでしっかりと聞いていただいて年末年始に自習をしていただければと思ってます。 また、年末なので、私も少しお手伝いをさせていただいて 16:00 から Attendy Party ~System Center Night ~を開催することになりました!!! マイクロソフト系のインフラ技術に携わっているスペシャリストが集う場でもあるので、興味がある方は是非ともご参加ください!!! もちろん私も、関係者側として参加しますので、もし枠が空いてればLTやるかもしれませんし、ただただ参加者のみなさんと飲んだくれて、話してはいけないことをポロッとしてしまうかもしれません^^ とにかく、1年の苦労をみんなで分かち合えればと思っております。 日本マイクロソフト 高添

0

12/17 の夕方は Windows Azure Pack on IBM SoftLayer の勉強会やります!

「クラウド業者間は競合するものだ」と決めつけるのは良くありません。これまで何度も一緒にセミナーをやらせてもらった IIJ さんや BitIsle さんもそうですし、先日投稿させてもらった「さくらインターネットさんの Azure Pack サービス開始」の話だってあります。 そう、クラウドにもいろんな形態があり、マイクロソフトはクラウドオンリーな会社ではないので、いろんな角度で見たときに競合ではなく協業できる場面がいくらでもあるんです。 たとえば今回のセミナーも同じです。 IBM さんとマイクロソフトは長年のライバル (IBMさんからすれば、ライバルだと思ったことはないかもしれませんが(笑) でもあり、最近はさらに距離が開いた感もありますが、SoftLayer のベアメタルサービス、Microsoft のプライベートクラウドツール Azure Pack のように、お互い、手が出せない領域のソリューションを持っているのも事実です。 ならば、一緒に何かできないだろうか?この組み合わせが実現すれば、お客様にとっての価値を生み出せる可能性があるのではないだろうか?と考えるのもサービス志向というもの・・・ そこで今回、オープンクラウドキャンパス と 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) 主催 ホステッド・プライベート・クラウド勉強会の中で Azure Pack on SoftLayer を開催することになりました。 http://eventdots.jp/event/575048 SoftLayer のベアメタルサービスに興味がある方、AzureそっくりなプライベートクラウドAzure Packに興味がある方、両社のそのほかのサービスにも興味がある方、「それ面白いねえ」みたいな事が簡単にビジネスになる時代になったと知っている人はぜひご参加ください。 <アジェンダ>18:30 – 受付開始19:00 – 20:30 セッション  ・5分   挨拶          スピーカー 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) 荒井康宏  ・40分  SoftLayerの紹介と環境構築 ~ ベアメタルサーバー、Hyper-V、ネットワーク環境 ~          スピーカー: 日本アイ・ビー・エム株式会社 北瀬公彦  ・40分  Azureそっくりなプライベートクラウド紹介と環境構築 ~ System Center、Azure Pack…

0

HP小川さんから皆さまへのプレゼント ~Windows Server 2012 R2 Hyper-Vのシステム設計「指南」書を無償提供~

みなさんご存知のHP小川さんが @IT さんに Hyper-V の記事を連載してくれていた事を知っている方も多いでしょう。 まとまった読み物だったらもっとよかったのに・・・という声があったかどうかはわかりませんが(笑)、今回、その Hyper-V の記事をシステム設計指南書として eBook 化してくれて、無償で提供してくれることになりました!! 人気連載まとめ読み!@IT eBook(14):Windows Server 2012 R2 Hyper-Vのシステム設計「指南」書を無償提供http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1511/09/news034.html ダウンロードしてみていただければすぐにわかりますが、ハードウェアから仮想化技術、Windows Server の癖までを熟知した小川さんならではの知見が盛りだくさんです! この記事をベースと考えて、ネットワークやストレージなどの最新情報や各メーカーさんの独自機能を加味して考察していただけると、安心してHyper-Vシステムを設計できるはずです。 これからHyper-Vを触るという方も、これまではなんとなく設計してきたという方も、是非ご覧ください! ——追加で、この記事であまり触れられていなかった SMB 関連の部分を少しだけ紹介しておきましょう。 ・NetApp さんの SMB 3.0 ストレージは既に事例もあります。 CTCさんの社内VDI環境は、Hyper-V & NetApp のSMB 3.0 ベースの組み合わせです。 http://www.netapp.com/jp/company/news/press-releases/news-rel-20140509-181876-ja.aspx オンプレミスだけならファイバーチャネルもありだと思いますが、ハイブリッドクラウドの時代を迎えるにあたり、疎結合なストレージが重要だと思ってます。 ・JBOD を使わずに高可用性を実現した超高速(130万IOPSクラス) Windows Server ベースのオールフラッシュストレージ(Violin Memory) もあります。 SCSKさんに音頭を取っていただき、IIJ さんに Hyper-V との組み合わせで検証をしていただいた結果もあるので、是非ご覧ください。 http://www.sbbit.jp/document/Item/12853 ・Violin Memoly の超高速ストレージを活かすには、高速なネットワークがほしいところ。 Mellanox さんは既に 100Gbps の世界へ突入しています。  Ethernetアダプタブローシャ(PDF) NVGRE のオフロードもできるということはHyper-Vにも対応しているということなので、SMB もRDMAも動くはずです。  さすがに100は無理だとしても、40/56 の…

0

首を長ーくして待っていた Nested Hyper-V のPreview が始まった!

詳しくはこちらのブログ Windows Insider Preview: Nested Virtualization を見ていただきたのですが、どうしてもお伝えしておきたくブログを書きました。 ※ 書きたいことがたまっているので、本来なら毎日のように書きたいのですが、時間が取れずすいません。 さて、Nested Hyper-V とは何かというと、これまでできなかった Hyper-V の上で Hyper-V を動かすことを言います。 こんな感じ。 現時点では多くの制約がありそうなので、あくまでも Preview であることを前提にお付き合いいただければと思いますが、それでも、テスト環境やデモ環境、ハンズオントレーニングや画面のスクリーンショットをとる場面などで大活躍が見込めるものでもあります。 ただ、1つご理解いただきたいのは、Hyper-V の上で Hyper-V を動かしたかった理由がコンテナにあるということです。 「In preparation for the first public preview of Hyper-V Containers, we are releasing a preview of nested virtualization. 」 現在開発中の Windows Server 2016 には Windows Server Container と Hyper-V Container の2つのコンテナ技術が載ってくる予定です。…

0

おかげさまで完売! de:code 2015 の私のセッション情報を案内します!

いろいろありましたが、ようやくここまで来ました。 まずは参加を決めていただいた皆様、どうもありがとうございます! セッションのタイムスケジュール(各セッションがいつ行われるかなどの時間割) も公開してありますので、一度ご確認ください。http://download.microsoft.com/download/E/C/C/ECCA6645-D091-4731-BA5A-33A0B5DD703C/decode2015_timetable.pdf さて、その中で私が担当するセッションの情報も軽くお伝えしておきます。 [初日] 13:25~   SPL-001    de:code special session ~マイクロソフトが考える 5 年後を見据えた技術提言~ 萩原をメインに、野村、荒井、そして私が少し先を見据えてITの方向性についてお話をします。 私はもちろんプラットフォーム担当で、持ち時間15分弱です このセッションですが、事前の打ち合わせで一緒に登壇する3名から出てくる言葉や思いが凄いんです 本当にIT業界のことを思ってるんだな、心からITが大好きなんだな、と、私より年配の方々から感じられるのはとても楽しいことです ただ、そもそも内容が難しいので、あとは当日どこまでわかりやすく話せるか?も重要です そこは、みんな悩みながら準備してます 私はそこが比較的得意なのでサクッと準備しちゃいましたが(笑) 17:25~ CDP-008  MS版Docker誕生! Windows Server Containers とは? まだ動くものがありません しかし、そのポテンシャルは計り知れません Azure もLinux のContainer に依存したサービスの提供を開始し、いずれはこのWindows Server Containers がサービスになるでしょう そのくらい大切です このセッションでは、コンテナって何?からスタートをして、Windows Server のコンテナ技術の解説も行います みせるものがないのも寂しいので、本社の開発チームが海外で実施したデモビデオをわかりやすく加工するつもりです なぜサーバー仮想化じゃないのか?それはこのセッションでわかってもらえるはずです [2日目] 9:30~  WIN-002  Windows 10 “Windows as a Service” このままじゃ、何のセッションかわからないかもしれませんね(笑) Windows 10 は1年間無償提供され、その後も新機能は無償で提供しますが、なぜそこまでMSは方向転換をしたのか?をお話します…

0

Ignite 2015 報告(2) ~de:code のSDNセッション準備は荒れ模様!?~

7時間寝て時差ぼけが少し解消された感のある今日はもう1つ投稿を。 昨日からシカゴで Windows Server 2016 TP2 と System Center 2016 TP2 Virtual Machine Manager の環境を作っておりました。 なぜわざわざシカゴで?と思われるかもしれませんが、理由はde:code で実施する5つのセッションのうちの1つ Software Defined Network の準備のためです。5つのセッション準備を並行して進めないと間に合わなそうで(汗) で、収穫はイマイチ(涙) もう少し触ってみますが、VXLAN や GRE、NFV 周りまで全てをそろえてお見せできるタイミングではなさそうです。 ということで、Windows Server 2016 SDN については既に60分のセッションで収まらないくらいの情報は持っているものの、SDN 周りの新機能の追加は少し先なのかなという感じですね。 で、せっかくなので、SCVMM TP2 で見つけた新しい画面を1つ紹介しておきましょう。 SCVMM で[クラウド] を作る際の設定画面で、Shielded VM Support の有り無しを選べるようになっています。 ハイパーバイザーとしての進化もあってよいのですが、マルチテナントなクラウドにおいて仮想マシンの安全性を高める動きはとても重要だと思っていて、マイクロソフトはクラウドファーストな戦略の中で、この辺の技術を優先して開発をしています。 ベースとなる Shielded VM については Hyper-V なMVPさん達に解説はお願いするとしますが(笑)、クラウドベンダー様、グループ企業向けにデータセンターサービスを提供しているIT企業様はクラウドのための Hyper-V と SCVMM の進化もお見逃しなく! 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添…

0