1日で企業ITを変革できる方法教えます。 ~詳細は8月26日に

仮想化基盤が生み出すのは仮想マシン。 でも企業が生み出してほしいのは仮想マシンではなくビジネスの価値でありイノベーションと言われるようになりました。 だからクラウド! ん~でも、ビジネスの価値やイノベーションがゴールなのであってクラウド化はゴールではありません。 ここを勘違いしている人があまりにも多い気がする。 もちろん、クラウドにおけるITの進化のスピードが速く見えるは間違いありません。マイクロソフトはその理由を知っています。 なぜなら、これまでは、OSや製品を提供し、そこに包含された新機能の普及活動を行うことで企業内で使われる可能性が生まれ、その機能の実装方法をWEBに公開したりトレーニングを行うことで企業内でその機能の検証が始まり、実際に使おうという判断が下ったとしてもドキュメントがわかりやすいとかわかりにくいとかもあって実際に使われ始めるまでに数か月や数年というのが普通でした。 でも、クラウドはマイクロソフト自らが実装し、すでに動く状態に仕上げた形でサービスとして提供するわけですから、新しい機能の開発と利用者に対するアプローチの距離が一気に縮まるんです。新しい技術とクラウドとの間に直接的な関係がなくても、「新しい技術はクラウドから提供される」といったシナリオが描きやすいわけです。 では、パブリックなクラウドだけがそういうメリットを持っているのでしょうか? 実は、そうでもなくなってきています。 8月26日のセミナーでは、1日で企業内にプライベートクラウドを導入する方法をお知らせします。しかも、パブリックなクラウドのメリットを活かさないのはあまりににももったいないので、テーマはハイブリッドクラウドです。 全部パブリックなクラウドは無理。。。とわかっている企業さんには是非ともご参加いただければ幸いです。 ハイブリッドクラウド実践活用セミナー http://www.info-event.jp/dell/dhcs/q3/schedule/ 日本マイクロソフト 高添


5/9 マイクロソフト & DELL Hybrid Cloud System 共催 「今すぐできるハイブリッドクラウド基盤 Azure Pack セミナー」やります。

正直、仕事が回っていません(汗) でも、今しかないというタイミングの仕事が大量にあって、どれも優先順位を下げられないので、一部の方にはご迷惑をおかけするかもしれませんが、やれるところまでやってみようと思ってます。 その優先順位を下げられない1つが Azure Pack です。 今週水曜日にDELLさんが企画してくれたHybrid Cloud System のイベントはあっという間に満員御礼となったらしく、この流れをしっかりと受け止めて、みなさんに Azure Pack の良さをご理解いただきたいと思っています。 そして、普段の私のセミナーはMSのコンセプトの話と技術解説が多いのですが、今回はできる限りデモをしたいと思っています。 ーーー ちなみに、このセミナーを立ち上げようと思った最初のきっかけはこちらの Project Phoenix でした。 https://github.com/microsoft/phoenix Two Cloud one Portal (https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt665412.aspx) ということで、Azure Pack のコンソールからパブリックな Azure の仮想マシンの操作ができるらしいのです。。。 http://jeffgraves.me/2016/03/02/azure-pack-connector/ しかも、Azure の Classic Portal でありながら、The connector supports the Azure Resource Manager fabric. ということで、ARMベースのAzure VMの管理ができてしまうと(笑) こんなに面白そうなもの試したいと思いますよね!? でも、時間が取れず、モヤモヤ感も晴れなかったので、セミナーを企画することで自分に試してみる理由を作ってしまったといういつものパターンなのです。 ただ、このところDELLさんと長い時間お話をさせていただくことも多く、本セミナーは一緒に実施することになりました。 Azure Stack の足音が聞こえてきているとはいえ、仮想化基盤の延長で運用ができる Azure Pack はプライベートクラウドには向いているのも事実なんです。今回は、あらためてそのソフトウェアコンポーネントの素晴らしさと、ハードウェアが到着したその日にAzure Packが動き出し、さらにはAzureへの災害対策設定まで完了してしまう…


ご要望にお応えすべく 4/11 にAzure Stack セミナー 2回目を実施します

ここ数週間、外向けのプレゼンの仕事は少ないのに、なんでこんなに忙しんだろう???という日々を過ごしています。 いろんな宿題を抱えているのですが、まずは、2月に実施した Azure Stack セミナーの話から行きましょう。 その節は、お陰様で多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。アンケート結果を見る限り、(皆さんお優しいので) ご満足をいただけたようにも感じましたが、実施の前後、当日は予定が合わなかったとか、申し込みしようとしたけどキャンセル待ちだったとか、いろんな声をいただいておりました。 3月後半から4月前半は避けようと思いつつ、4月後半からは全国行脚、5月には有償イベント de:code もあるので、急なのですが、以下の日になんとか部屋の確保と実施を決めました。 4/11 (月) Tech Fielders セミナー 「はじめての Azure Stack ~社内データセンターで Azure を動かすには~」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032749255&culture=ja-JP 1:企業のインフラ担当者目線で見る Microsoft Azure の基盤技術と利用形態2:Azure を社内に持ってくるために ~Azure Stack という選択肢~3:Azure Stack を導入するために理解しておくべきWindows Server 2016 の要素技術4:Cloud Platform System 紹介※ 内容は一部変更される可能性があります 基本的に、前回と同様です。スライドはこちら https://doc.co/p3XLcB 見ていただいてわかると思いますが、「Azure Stack こんな感じで使えますよー」みたいな話はあまり多くなく、実装の話が中心です。「オンプレミスで実現する Blob Storage が Scale-out File Server & Microserviceベースの Storage Service で出来ている」とか「フェールオーバークラスターではなく Service…


東京以外の出没予定 ~大阪・岡山・福岡・札幌・名古屋・広島・仙台~

今日はMS系コミュニティ立ち上げのため熊本に来ています。 30名近くの参加者が集まってくれるとは、最近の地方はアツいですね! さて、そういう空気を大事にしないともったいないので、再来週から3月の中旬にかけて、東京以外でもセミナーやコミュニティに顔を出すことになっています。なかなかお会いできない方も多いですし、Azure Stack を地方でお披露目する予定ですので、もしお時間があればご参加ください! 2/16(火) 大阪 NetApp Innovation 2016 Osakahttp://seminar.jp/nai2016/osaka.html 2/20(土) 岡山 Okayama ComCamp 2016 powered by MVPshttp://oitec.connpass.com/event/23479/ 2/23(火) 大阪 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697874&Culture=ja-JP&community=0 2/25 (木) 福岡 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697876&Culture=ja-JP&community=0 3/10 (木) 札幌 Tech Fielders セミナー「マイクロソフトのハイブリッド クラウド "今" と "これから" 」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032697880&Culture=ja-JP&community=0 ちなみに、4月18日の週も 名古屋(4/18)・広島(4/19)・仙台(4/22) の準備中ですので、近隣の方、是非予定を開けておいてください! こちらはあらためて投稿します! 日本マイクロソフト 高添

1

もう我慢できない。2/19 に Azure Stack のセミナーをやることにしました。

期待値だけが一人歩きしている Azure Stack ですが、先日公開されたプレビュー版のハードウェアスペックが物議を呼んだのはご承知の通りです。 ソフトウェアの検証のはずが、16物理コアのデュアルソケットにメモリ128GB が推奨・・・http://blogs.technet.com/b/server-cloud/archive/2015/12/21/microsoft-azure-stack-hardware-requirements.aspx これじゃあ、簡単に試せないではないか(怒) という声も聞こえてきそうですが、誤解を恐れずに書いておくと、簡単に試すものではないということ、手を出すには覚悟がいるということをご承知おきいただきたいと思ってあえて書きました。 なぜなら、パブリックなクラウド Microsoft Azure (の一部の機能)を社内で作ろうとしているわけですから・・・ もちろん、インストール作業の簡素化は図ろうとしていますし、1つ1つの技術をバラバラに積み上げていく必要もありません。 ただ、Azure Stack は Windows Server をインストールするのとはわけが違いますし、運用はシンプルな仮想化と同じではありません。 徹底的に自動化が進み、一生懸命作業をするよりも、いかに自動的に成し遂げるか、スムーズにサービスを提供するかを考えることになります。 その代わりに、利用者にとって最高のメリットを提供しようというわけです! 面白くなってきましたね^^ Azure Stack については、早くみなさんに話したいと思いながら過ごしてきましたが、もう我慢できなくなったので、2/19 にセミナーをすることにしました。 Tech Fielders セミナー「はじめての Azure Stack ~社内データセンターで Azure を動かす~」http://events.msfthcp.com/?eventID=JA-Azure-IPVNT-FY16-02Feb-19-Azure-Stack-of-first-in-corporate-data-centers-running-Azure&ls=Website&lsd=AzureWebsite この日にどれほどの情報が出せるか不明な点が多々あるものの、一度だけ聞いたからといって満足できるような話ではありませんので、そこは気にしていません。 私自身、今年一年は Azure Stack と向き合っていくことになりますので、2/19はそのスタート地点をみなさんと共に作れればと思っています。 DELLさんからもCPSの話をしてもらう予定ですのでお楽しみに! 日本マイクロソフト 高添