4/11 Azure Stack セミナーをもう一度やります!

いろいろとお伝えしなければならないことがあるのですが、まずは第2回 Azure Stack セミナーのご案内です。 本当は3月中にやりたかったのですが、相変わらず時間が足りず・・・ 1回目に参加できなかった方、お待たせしました。 急なのですが、4/11に実施します。 Tech Fielders セミナー 「はじめての Azure Stack ~社内データセンターで Azure を動かすには~」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032749255&culture=ja-JP 内容は、ほぼ以前と同様で、スライドも公開しています。https://docs.com/takazoe-osamu/2147/20160219-tf-azurestack ※ DELLさん、HPEさんと話をする時間が作れてないので、最後のCPSは私からの紹介になるかもしれません。。。とブログを書きながら午後のセミナーの準備ができていないことにプレッシャーを感じています(笑) 検証をしてくれた人のLT大会とかやりたいのだけど、準備の時間もなく。。。 追加するとしたら、更に検証を重ねた結果をお伝えしたり、Web App、DB as a Service に着手できるといいなあくらいでしょうか。 ただ、Service Fabric や Microservice という言葉がなぜ Azure Stack に出てくるか?など、スライドを見ただけでは理解できない部分もあると思うので、一度聞いておいていただいて損はないと思います。 4/11 品川でお会いしましょう! 日本マイクロソフト 高添

0

「日本全国 Azure データセンター化計画」を勝手に発動!

世の中がクラウドファーストで進みつつある状況の中で、パブリックなクラウド Azure のリージョンは22 (発表済み28)、クラウド事業様によるMS技術を活用したクラウドが数百あり、日本にも2つのリージョン (その中に複数のデータセンター) が存在しています。 これは、最新IT技術の活用が世界中で伝搬しているということでもあります。 そして、今年の後半?もしくは来年には Azure Stack ベースのプライベートクラウドが世界中のプライベートクラウドとしても増えていくはずです! が、上の図だと、日本には片手を超えるくらいしかありません。つまらない。 私の野望は、こうすることです! そう、日本全国 Azure データセンター化計画です^^ マイクロソフトが作るのではなく、皆さまが環境を用意していただき、必要に応じて Azure と専用線でつないだりしていただきたいと思っています。 もちろん、「社内に置く必要はないので、パブリックなクラウドを活用するよ!」と言ってもらえるのは大歓迎です。 ただ、そのままだと社内には昔ながらのシステムがごっそり残ってしまう可能性が高いので、いずれは社内基盤の見直しも必要になるでしょう。だったら、一緒に考えませんか・・・という話です。 手元で Azure Stack を運用したとすると、何をパブリックなクラウドに預け、何を社内に残せばよいかはシンプルにルール化するだけでよいはずです。だって、開発環境も、システムテンプレートや運用パターンも共通化されるわけですから。。。 悪くない考えだけど、どうしようかな? と悩んでいる場合ではありません。時代の流れは新しいITを生み出してくれます。そして、Azure Stack はその流れを社内に持ち込むプロセス(定期的なアップデートモデル)も提供する予定なので、本気でビジネスとITを常に良い状態にし続けたいと思うのであれば、悩むよりも動きましょう。 Azure Stack は Technical Preview 1 の提供が始まっており、(それなりのマシン環境を用意しないといけませんが)自分の手元で動かしてみることができます!https://azure.microsoft.com/en-us/overview/azure-stack/ ただし、これだけは書いておかなければなりません。 Azure Stack 導入はゴールではありません。 それらをどう活用するか?はお客様次第です。 これまで大変だった作業を減らし、その空いた時間を使って、ITの現場で、今の業務課題や会社の課題をどうやって解決するかを議論できるようにしたいと思っています。 日本全国 Azure データセンター化計画が、そのお役に立てると信じ、これからもメッセージを出していきます。 一緒に日本のITを変えましょう! 日本マイクロソフト 高添

0

MSプラットフォーム最新動向を解説:4月の名古屋・広島・仙台でのセミナーも申し込み開始しました!

2月に投稿したこちら (http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2016/02/13/3660378.aspx) にも書きましたが、マイクロソフトのハイブリッド戦略や Azure Stack、Container、Nano Server、Hyper-V など、MSプラットフォーム技術の最新動向をお伝えするセミナーを全国で開催中です。 今週は木曜に 札幌で実施 し、少し間を開けて、4月に名古屋、広島、仙台でも開催します。 ようやくセミナー申し込みも開始したので、是非ご参加ください。 4/18(月) 名古屋: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352081 4/19(火) 広島: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352082 4/22(金) 仙台: Tech Fielders セミナー 「マイクロソフトのハイブリッドクラウド ”今”と”これから”」https://www.microsoft.com/click/services/Redirect2.ashx?CR_EAC=300352083 日本マイクロソフト 高添

0

12/17 の夕方は Windows Azure Pack on IBM SoftLayer の勉強会やります!

「クラウド業者間は競合するものだ」と決めつけるのは良くありません。これまで何度も一緒にセミナーをやらせてもらった IIJ さんや BitIsle さんもそうですし、先日投稿させてもらった「さくらインターネットさんの Azure Pack サービス開始」の話だってあります。 そう、クラウドにもいろんな形態があり、マイクロソフトはクラウドオンリーな会社ではないので、いろんな角度で見たときに競合ではなく協業できる場面がいくらでもあるんです。 たとえば今回のセミナーも同じです。 IBM さんとマイクロソフトは長年のライバル (IBMさんからすれば、ライバルだと思ったことはないかもしれませんが(笑) でもあり、最近はさらに距離が開いた感もありますが、SoftLayer のベアメタルサービス、Microsoft のプライベートクラウドツール Azure Pack のように、お互い、手が出せない領域のソリューションを持っているのも事実です。 ならば、一緒に何かできないだろうか?この組み合わせが実現すれば、お客様にとっての価値を生み出せる可能性があるのではないだろうか?と考えるのもサービス志向というもの・・・ そこで今回、オープンクラウドキャンパス と 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) 主催 ホステッド・プライベート・クラウド勉強会の中で Azure Pack on SoftLayer を開催することになりました。 http://eventdots.jp/event/575048 SoftLayer のベアメタルサービスに興味がある方、AzureそっくりなプライベートクラウドAzure Packに興味がある方、両社のそのほかのサービスにも興味がある方、「それ面白いねえ」みたいな事が簡単にビジネスになる時代になったと知っている人はぜひご参加ください。 <アジェンダ>18:30 – 受付開始19:00 – 20:30 セッション  ・5分   挨拶          スピーカー 一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) 荒井康宏  ・40分  SoftLayerの紹介と環境構築 ~ ベアメタルサーバー、Hyper-V、ネットワーク環境 ~          スピーカー: 日本アイ・ビー・エム株式会社 北瀬公彦  ・40分  Azureそっくりなプライベートクラウド紹介と環境構築 ~ System Center、Azure Pack…

0

念願の Azure Pack の書籍が出ました! = プライベートクラウドガイド

「常に最新」を追っかける仕事をしている私の目線が Azure Stack  に移りつつある今、お客様やパートナー様と Azure Pack に関する話をする機会が増えています。 確かに、ベータ相当のものをすぐに現場で使えるかというと、そこまでのリスクは背負えない場合も多く、これから出てくる技術は、Azure Stack、Service Fabric や Container サポートなど、我々ですらチャレンジだと思えるものも少なくありませんので、社内の安定基盤として今すぐにプランするのは Azure Pack でしょう。 延長サポートまで入れれ2022年までサポートされるテクノロジーでプライベートクラウドが実現できる Azure Pack は、運用も仮想化の延長で済み、しかも、誰もがわかりやすいと思えるAzure そっくりなユーザーインターフェースでサービス化も推進できます。 そして、とうとう、ようやく、念願の、書籍を、コミュニティ Invoke-V 主催者でもある GMO インターネットの樋口さんが執筆してくれて、Hyper-V 設計ガイドでもお世話になったインプレスジャパン様が出してくれました!! 樋口さん、インプレスさん、本当にありがとうございます<m(__)m> ******* ちなみに、オンプレミス好きの私がパブリッククラウドの Azure の仕事も受けてよかったなと思うのは、パブリッククラウドを触ったり勉強したりしている中で、テクノロジーを利用者にどうやって届ければよいか、自動化を何のためにしなければならないのかが理解できた点でした。また、利用者に届くことがない不要なものも少なからず存在することを改めて実感しました。 たとえば、Azureでは 「自動化できないものはサービスにできない」 わけですから、「サービスになっている= 自動化されている」ということです。一生懸命自動化に取り組むというのではなく、サービス化を徹底的に考えてIT技術を活用すれば自動化は自ずとついてくるわけです。 Azure Pack ベースでも同じことが言えます。 SDN も、同じ目線で考えればすぐにでも使いたくなるはずです。 そして、ようやくお客様やパートナー様が Azure Pack の面白さに気づいてくれる時がきたので、あらためて Azure Pack を、そしてその先にある Azure Stack をきちんと情報発信していこうと思ってます。 日本マイクロソフト 高添

0

プライベートクラウドを構築したい方へ! 突然ですが 7/21 (火) です。 22と書いてしまったのは間違いです(>_<)

先日 FlexPod Day に参画し、セッションやパネルディスカッションに出させていただきました。 どちらかというと VMware 色が強い FlexPod ではありますが、かなり強気なプレゼンをさせてもらって、一部の方からは直接お褒めの言葉をいただきました。 なぜ強気な発言ができるようになったか? それは、マイクロソフトがAzure をやることで大きく変わったからです。そして、自信をもって心からお勧めできるソリューションを用意できるからです。 ・単なる仮想化基盤だけではクラウドの比較対象にすらなれない ・「OpenStack は一般のお客様による運用は無理」だとみんなが言ってる中で、Azure そっくりなプライベートクラウドは仮想化運用の延長で済む ・しかもAzure とのハイブリッドクラウドの道が簡単に開けて、Azure を使った災害対策も驚くほどスムーズになる ・そのうえで動く Windows Server も同じライセンスの中で使える そこに FlexPod + Azure Pack の検証済みリファレンスモデルを導入すれば、サーバー・ストレージ・ネットワークもそして、Cisco/NetApp さんのハードウェアの運用管理も自動化も System Center で一元化できる。 このスピード感、そしてプライベートクラウドを作るというゴールとの近さが大事なんです。 と熱くなってしまいました(笑) 実は来週火曜日の午前中に マンダリンオリエンタルホテル東京 にてセミナーがあります。 シスコ・ネットアップ共催 FlexPod 活用セミナー ~Microsoft Private Cloud編~http://www.netapp.com/jp/forms/jp-201506-other-other-flexpod-followup-seminar-am.aspx ※ 単なる情報収集ではなく、使ってみたいと思うお客様やこのソリューションを本気で担ぎたいSIerさんが対象になりますので、そこはご了承ください。 CTCさんの社内VDI事例の話もあり、もちろん私もプライベート & ハイブリッドクラウドの話をすることになっているのですが、関係者に聞いてみたら、もう少し席があるとのことだったので、ブログで案内をさせてもらえることになり、書かせていただきました。 もし対象になりそうな方で、火曜日のAMだったらOKという方がいたら、是非お越しください。 会場にてお待ちしております。 高添

2

6/26 Open Compute Project Japan さんのセミナー

Facebook が提唱し Microsoft を含め多くの企業が賛同している Open Compute Project (OCP http://www.opencompute.org/) をご存知でしょうか? 日本でも Open Compute Project Japan 、略して OCPJ さん(http://opencomputejapan.org/) が活動をされています。 ****「オープンコンピュートプロジェクトジャパン」では、高効率で低コストのデータセンターを追求するワールドワイドなエコシステムを推進することにより、業界とエンドユーザーに貢献したいと考えています。**** 先日、別の会合に出た時に、OCPJ さんのセミナーを企画されている方々とお話をする機会があり、6/26 に 「OCP Japan Meet-up 2015 夏」 を MS のセミナールームで実施することになりました! 私もしくは新しいMSのエバンジェリストも少しだけお時間をもらってお話をすることになっています。 既に関係者の方や集客も始まっていますが、もし興味がある方がいたらご参加ください。https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032630021&culture=ja-JP 日本マイクロソフト 高添

0

3/24(火) は忙しい人のための「夜の勉強会」です。今回のテーマはAzure Pack!

セミナールームを押さえておきながら、忙しさで準備ができないってこと、良くありますよね? 私だけですかね? 私だけですね(笑) 無理してセミナーをやる必要がないのにって声が聞こえてきそうな気もしますが、それでも自分で企画することが大事なんですよ! 自分で考えないと鈍ってしまいますからね。。。 そこで今回は、私を含め昼間に時間が取れない人のために夜の勉強会を開催します! Tech Fielders セミナー「夜の勉強会 ~Azure そっくりなクラウドを作る Azure Pack とは~」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032618621&culture=ja-JP 徐々に、ジワジワと、Azure Packの認知度が上がってきていることは感じるのですが、まだまだですよね。 だから、少しでも時間があればAzure Packのデモをする場を作ろうと思って、今回のテーマとしました。 部屋が広いですし、集客の時間もないので、かなり余裕をもって席を独占できると思います(笑) 皆様のご参加をお待ちしています! 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添

0

2015/1/26 はCiscoさん、F5さんと共にAzure Pack & ACI & F5 で作るプライベートクラウドセミナーです!

特別協賛:シスコシステムズ合同会社Tech Fielders セミナー 「プライベートクラウドの現実解! Azure Pack & Cisco ACI with F5」https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032610705&culture=ja-JP お客様やパートナー様とお話をしていて、この1年でパブリックなクラウド Microsoft Azure への抵抗感がかなり減ったなあと感じます。 クラウド事業の専門チームが動く・・・とかではなく、普通に、これまでサーバーの仮想化やネットワークをやっていたエンジニアさんがパブリックなクラウドの事を語りだす時代になってきたんですね。 そして、パブリックなクラウドのポテンシャルを理解した人達から出てくる言葉があります。 「Azure Pack もアリかな」 この前も、大手金融のお客様と話をしていた時に、お客様の方からAzure Pack の名前が出てきました。 涙、涙、涙。。。 頑張ってきてよかったあ~ 既に BB システムさんが事例になってくれていますが、これからどんどん導入事例が増えていくことでしょう。 だって、社内だと数分で仮想マシンが作れるクラウドの時代に、これまで通りの仮想化で良いとは思えないですし、自社内にOSS系の技術者を抱えていないようならOpenStack の運用も難しいでしょうし、やはり一般の企業で社内にクラウドを作ろうとすると Azure Pack  しかないと思ってるんです。 そして、実際に導入をしようとしたときに出てくるのが、物理サーバーとかネットワークをどうする?だと思います。 そこで、2015年最初に実施する Tech Fielders セミナーは、シスコシステムズさんに特別協賛という形で参画してもらい、F5さんのご協力も得て実現した、3社で作るプライベートクラウドセミナーです! **** ご存知の通り Cisco さんは、サーバーベンダーとして Windows Server (Hyper-V)ベースのUCS も出してくれていますし、 ACI の Azure Pack 対応表明もしてくれましたし、NIC は オーバーレイネットワーク NVGRE のオフロードや超低レイテンシーなストレージアクセスのための…

0

クリエーションラインさんによる Azure Pack 検証レポート公開開始!

[ご存知ない方のために] Azure Pack とは、Azure そっくりなクラウドを社内で作るためのツールです。 さて、先日、某金融のお客様とお話をしていた際、先方から「Azure は少し早い気もするし、とりあえず  Azure Pack かなとも考えてみたりしてます」 というお言葉をいただきました。 その後、パブリッククラウド Azure にもいろんな可能性があることを知っていただけたこともあって、その話がオンプレミスの Azure Pack になるのか、Azure になるのか、それ以外なのかはまだわかりませんが、それでも、お客様の口から Azure Pack という言葉が出てくることがとても嬉しかったです。 地道な活動が、ようやくお客様に届き始めている。。。涙、涙 そんな中、クリエーションラインさんが Azure Pack の検証を進めてくれていて、第一回目のレポートを公開してくれました!! http://www.creationline.com/lab/6422 Azure Pack とは?から始まっていて、現場目線で見た Azure Pack について 1つ1つ解説をしてくれることでしょう^^ クリエーションラインさん、どうもありがとうございます!! **** Azure Pack を実際にデリバリしてくれる企業の準備も進んでいますし、日本での物理サーバー250台規模の事例もあるので、そろそろ社内の仮想化基盤を セルフサービス化しよう、Microsoft Azrue そっくりなクラウドを社内に作ろうと思っている企業の方々は、是非 Azure Pack をご検討いただければと思います。 また、OpenStack をやろうとしたけど断念したという方も、Azure Pack をご検討いただければと思います。 Azure Pack も今がゴールではありません、これからもどんどん進化していきます! 私もクリエーションラインさんや Azure Pack…

0