運用の効率化を考えていたらプライベートクラウドになった! の最後の記事公開!!

マイナビさんに掲載していただいていた記事ですが、3回構成の3つ目も公開されました。 http://news.mynavi.jp/column/hyper-vcloud/003/index.html **** 整理をすると、以下の3回構成になっています。 ① Hyper-Vベースの、コストをかけない簡易プライベートクラウド構築 ② 注目を浴びるRunbook – 自動化のカギを握るテクノロジーと仮想化のツツキ方 ③ Runbook×CMDBが生み出すITのサービス化 – 真のプライベートクラウドに向け そして、この内容は、先日実施したセミナーの内容を、自分の素直な気持ちも交えて記事に起こしたものです。 ※先日のセミナー資料はこちら ~ ITIL と自動化が仲良くすると?~ System Center 2012 による真のプライベート クラウド構築 v2 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx#s146 書き上げるのにはあまり時間をかけることができませんでしたが、久しぶりに自分の言葉で書いた気がします。 皆さんのお役にたてれば幸せです。 日本マイクロソフト 高添


【資料公開】 Runbook と ITIL の融合が 無理なくプライベート クラウドを作りだす

月曜日の Tech Fielders セミナーにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました! デモに関しては相変わらずドタバタしてしまいましたが、無事終わることができました。 そして、当日利用した資料を Tech Fielders セミナーに公開しました。 2/13「Tech Fielders セミナー 東京 「~ ITIL と自動化が仲良くすると?~ System Center 2012 による真のプライベート クラウド構築 v2」」 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/seminar.mspx#s146 ****** System Center 2012 は Virtual Machine Manager も大きく機能追加しましたが、このセミナーの内容をご理解いただければ 「仮想化は要素技術」であるというメッセージもわかってもらえると思っています。 社員の私が言うのもなんですが、ほんとに良く考えられ、作られていますよ。 日本マイクロソフト 高添

2

2月中旬から、System Center 2012 と xxx の露出を開始します!!!

今、大変忙しいです。 でも、めちゃくちゃ楽しいです。 これだけポテンシャルを持った製品を担当させてもらっているということが、たまらなく楽しいんです。 ご存知の通り、これまでは高添が少しずつ・少しずつ情報発信をしてきました。 が、2月の中旬からは、会社として、本気で情報発信を開始します!!! 私が登壇するものだけを集めても、今のところ確定しているのは、 ===================== 2/13(月 =明日ですね) Tech Fielders セミナー 「~ ITIL と自動化は仲が良い~ System Center 2012 による真のプライベート クラウド構築 v2」 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032503809&Culture=ja-JP 2/23(木) IDG Virtualization World 2012 「System Center 2012 で実現! ~自動化とプライベートクラウドとITILの密な関係~」 http://www.idg.co.jp/events/virtualization/2012/session/ 2/24(金) アイティメディア主催 ハイブリッド時代の運用管理セミナー 「結局は、どう自動化し、どう管理するかである。」 https://itmedia.smartseminar.jp/public/seminar/view/378 2/25(土) 第3回 System Center User Group Japan コミュニティ勉強会 「今回のテーマは セキュアな(クライアント)運用!」 http://atnd.org/events/24626 http://www.ustream.tv/channel/scugj-3rd-seminar ※私は話をしませんが、私よりも濃いメンバーがワクワクするようなお話をしてくれるので、私も勉強をしに参加します。 2/28(火) 日経BP Cloud Days…

1

マイナビニュース。。。運用の効率化を考えていたらプライベートクラウドになった!

マイナビさんに掲載してもらっているコラムの第2回分が公開されました! 前回は System Center 2012 Virtual Machine Manager による簡易的な簡単プライベートクラウドの説明でした。 http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2012/02/03/3478699.aspx そして今回は、「仮想化」から「自動化」へという流れの中でキラーアプリの1つになるかもしれない System Center 2012 Orchstrator という Runbook Automation ツールの紹介です。 【コラム】 運用の効率化を考えていたらプライベートクラウドになった! 注目を浴びるRunbook – 自動化のカギを握るテクノロジーと仮想化のツツキ方 http://news.mynavi.jp/column/hyper-vcloud/002/index.html *** プライベートクラウドという観点からすると、次の3回目の記事まで読んでもらう必要がありますが、まずは自動化の面白さを少しでも感じてもらえればと思ってます。 Active Directory の下りは、日本中の企業で4月に向けて使えそうな気もしますし。。。 ーーー ちなみに今回は、技術者向けの情報というよりも「気づき」を重視して、ほんの少し?上から目線で書かせてもらってます。 そう簡単には気づいてもらえないかもしれませんが(笑)、最近の高添は熱く語らないと言われるので、あらためて私の思いを伝えるということも重要かなと。 次の締切が月曜日、TFセミナーも月曜日、あああ。。。 日本マイクロソフト 高添


Wow! System Center 2012 シリーズ向けの Orchestrator IPがでました!

大変お待たせしました。 というか、誰よりも私が待ち望んでいました。 私と吉田さん・・・だった(笑) http://blogs.technet.com/b/scvmm/archive/2012/02/08/release-candidate-of-system-center-2012-integration-packs-for-orchestrator-released.aspx これで、最低限必要なものが揃ったので、これから来週月曜日のセミナーの準備を開始します。 このモジュールに悩まされないことを祈りながら。。。と書きながら、仮想マシン上の Orchestrator から SC2012VMM への接続がイマイチうまく行かず(^_^;) やばいかも。。。と思いながら、とりあえず物理PC上に ・Active Directory ・Hyper-V ・SC2012VMM ・SC2012Orchestrator を入れて、 ・winrm quickconfig をたたき、 ・PowerShell で Set-ExecutionPolicy RemoteSigned にしたらうまく行きました!! あー、とりあえず月曜日が無事迎えられそうで、ほんとによかった。 日本マイクロソフト 高添


マイナビニュースさんで System Cetner 2012 Virtual Machine Manager (プライベートクラウド)の記事を公開してもらいました。

とうとう System Center 2012 の記事が外にだせました。 http://news.mynavi.jp/column/hyper-vcloud/001/index.html マイナビさん、ありがとうございます! これから、いろんなイベントやセミナーでガンガンと露出を開始しますので、2月以降は目を離さないでくださいね。 ==== さて、内容ですが、これまでの反省も踏まえ、いきなり”自動化”ではなく、とりあえず”仮想化”からスタートしました。 先日も書きましたが、仮想化をやっている方々にとって、仮想化技術を使った自動化ではなくその先にあるシステム全体の自動化は少し距離があるようでしたので。。。 1ページの全3回連載を予定していて、2回目からは、仮想化を超えた自動化として、Runbook による自動化や サービスカタログとセルフサービスを使ったプライベートクラウド等の話につなげていく予定です。 **** ちなみに、今日の午前中は、沖縄のIT見本市で講演をさせていただきました。 今は那覇にいます。 が、のんびりしている暇も無く、2回目の記事をこれから書かなければ(^_^;) さあ頑張ろうっと。 日本マイクロソフト 高添


System Center 2012 に関する大きな発表がありました。

昨日は、System Center 2012 に関する大きな発表がありました。 これから出てくる System Center 2012 はスイートライセンスのみとなります。 http://www.microsoft.com/en-us/server-cloud/system-center/default.aspx ※ 日本語のサイトができたら再度案内させていただきます。 ・ System Center 2012 Datacenter Edition ・ System Center 2012 Standard Edition これまで個別製品だった System Center の各製品は、モジュールという位置付けになったといえるでしょう。 それが良くわかる例を紹介しましょう。 System Center 2012 の評価版ダウンロードページに行くとRelease Candidate 版のリストが並んでいまして・・・ http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/hh505660.aspx System Center 2012 Unified Installer System Center 2012 App Controller System Center 2012 Configuration Manager System Center 2012 Data…

6

4月は熱いラスベガスに行こう! ~MMSの早期割引は1月27日まで

説明はいりませんよね? と言いたいところですが、あらためて解説をしましょう。 マイクロソフトは、毎年、運用管理をテーマにしたイベントを開催しています。 その名は Microsoft Management Summit !! マイクロソフト マネージメント サミット !! もちろん、今年は 「Microsoft Management Summit 2012」 で、それが 4月にあるんです! http://www.mms-2012.com/ 場所は、ラスベガスのベネチアン 一昨年と同じで、とっても素晴らしいホテルですね、いろんな意味で(笑) ラスベガスの話は置いといて・・・ ご存知の方も多いと思いますが、今年はマイクロソフトの運用管理製品 System Center にとって重要な年になります。 その年の Microsoft Management Summit であるということを是非ご理解いただければと思います。 かなり熱いイベントになることでしょう。 そして、もし可能ならば、ラスベガスでお会いして、その興奮を一緒に楽しめればと思っています。 早期割引も1月27日までですから、そのチャンスも逃さないでください。 日本マイクロソフト 高添


12月16日(金) は、札幌で仮想化に関するセミナーをします。

地方(と言っても東京以外すべて)に行くと、セミナーが少なくなったとよく言われます。 そして、東京を離れると情報量が圧倒的に少なくなるとも言われます。 インターネットが当たり前で、携帯電話でもあふれかえる情報にアクセスできる時代になったにも関わらず・・・です。 どうしたらよいのでしょう? ***** という話を、札幌のビズポイントさんとしていて、じゃあ企画しちゃいましょうってことになりました! 12月16日は、そんな話から生まれたセミナーの第一回目です。 ビズポイント小塚さん、安納、そして私がお話をします。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032500073&Culture=ja-JP コンセプト重視なので、ただ聞きに来るだけでも良し、いきなり手を上げて質問をしてもらうでも良し、是非、地方にいるからという言い訳をしなくてよいように、積極的にかかわってもらえるとうれしいです。 ”ビジネス コミュニティ”という感じでしょうか。。。 こういう活動が全国に広がることを願いつつ、まずは札幌からスタートです!!! 日本マイクロソフト 高添

2

明日は itSMF でお話します。

※昨日作ったタイトルのまま投稿してしまいました(^_^;) 。明後日ではなく、明日です! 長沢のブログ itSMF オープンステージ登壇!マイクロソフトの事例セッション、オープンステージ、ブースでプライベートクラウドと ALM でも触れられていますが、明日は itSMF で長沢と共にお話をさせていただきます。 また、ブースには、最近だいぶ安定して動かせるようになった System Center Service Manager 2012 と System Center Orchestrator を使ったプライベートクラウドのデモを用意しておくようにします。 木曜日の Tech Fielders セミナーの準備がまだ終わってないので、ちょっと早めに失礼するかもしれませんが、見てみたいという方は是非お越しください。 日本マイクロソフト 高添