Microsoft Management Summit 2010 で出てきたキーワードと私の宿題

時差ボケ、夜中の仕事、寝不足。。。かなり辛い出張なのですが、妙に楽しいラスベガスです。 さて、もうすぐイベントも終わりに近づいてきており、いろんな話がありましたが、まずはキーワードを整理しておきましょう。 ちゃんと説明したいものについては別途投稿しますが、まずは簡単に書いておきます。 Dynamic Systems Initiative – Dynamic IT 2003年から進めてきた戦略で、モデル化や仮想化、自動化を軸に開発から運用までを自動化する仕組みのことです Visual Studio Lab Management Dynamic IT の中で語られていた「アプリケーション開発とインフラ管理をつなぐ」具体策の1つ? モデル化は試行錯誤を繰り返しつつも発展途上ではありますが、2010という名前の付く製品としては、SCVMMと連動して、開発したアプリケーションのテスト環境を構築するものが提供されます System Center Service Manager とうとう、ITIL 実践のためのMS製品の開発が完了しました。日本語は少し遅れて(と言っても、もうすぐ?)登場します CMDB を持ち、インシデント管理や変更管理、問題管理などの機能を提供するとともに、Active Directory や System Center Configuration Manager、System Center Operations Manager などとの密な連携によって、構成アイテム登録の自動化やシステム監視アラートからのインシデント発行など、「”これ”と”これ”がつながると、もっと楽なのに」という運用管理者のご要望にお応えします System Center Virtual Machine Manager V.Next 開発中の SCVMM の次期バージョン (まだまだ先なので、具体的なセッションは無し) サービス(システム)を意識した仮想環境の自動構築、仮想アプリケーション配布、オフラインパッチング等の機能が追加され、仮想化管理を単なるインフラ管理からシステム管理へと押し上げることができそうです System Center Operation Manager による Windows Azure の監視…


Dr.高添の”誰でも”プレゼン 8 TIPS ~その4 拡大ツールを活用しようの巻~

こちらのページ↓の下の方に公開しているPPTについて、先日も投稿した通り、細かく解説していこうと思います。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/sanka.mspx ~その1~はこちら ~その2~はこちら ~その3~はこちら ************* 今日は、上記PPTでは触れなかったプレゼンテーション時の拡大ツールについてお伝えしたいと思います。 ※ 実は名古屋のイベントにご参加いただいた方からご質問をいただいたので、これもお伝えすべきだと考えました。 さて、拡大ツールのメリットは、「画面を拡大して大きく見せること」だけではありません。 私が拡大ツールを多用する理由はこちらです。 自分が話しをしたいところをクローズアップさせる 「参加者」と「プレゼンターである私」がスライドの同じ場所を見ている状態を作ることができる (親切に見えて実は参加者にはわかりにくい) レーザーポインタを使用しなくてよい 1枚のスライドに多くの情報を詰め込むことができる 元来、プレゼンテーション資料のフォントサイズは大きい方がよいとされていました 諸説あると思いますが、20ポイントが1つの指針で、できれば20以上、どんなに小さくても16という感じだったと思います しかし、フォントを大きくすると、1枚のスライド内で表現できる情報量は少なくなります 「プレゼンテーションだからそれでいい」 そう。資料を見てもらうのがゴールではなく、資料を見ながら”しゃべりで伝える”からプレゼンテーションですから・・・ とはいえ、手元に残る資料にはできる限り情報が載っていてほしいという声もあります ちなみに、大きいフォントで、多くの情報を伝えようとすると、枚数を増やすことになりかねません これが厄介です よほど練られたシナリオでなければ、ページをめくるたびに前に伝えたものは薄れていきます  そこで出てくるのが拡大ツールの有効活用です 拡大ツールありきのプレゼンテーションスライドの場合、フォントの大きさにはあまりこだわりません それよりも、1枚のスライドで伝えたいものは1枚に収めることを重視します たとえばこちら これは特殊な例ですが、このスライドを複数枚に分けてしまったら、意味が薄れてしまうのは目に見えています でも、拡大ツールを使うと、各項目をつなぐ線の意味も含めて解説していくことができます 中心点がどこにあり、そこから派生して何がおき、それが更に何かを生み出している。。。みたいな 特に、全体像から詳細に落としていくような説明の場合には、有効でしょう というように、「プレゼンテーションだからフォントを大きく」という時代は終わりました。 これによってプレゼン手法も、そして資料作りそのものにも変化が起きてくるはずです。 もちろん「フォントを小さくすればよい」というわけでもないので、「ページに最低限何を盛り込むべきか?」という視点からスライド作りをスタートさせ、出来上がったスライドにプレゼンテーションを合わせればよいでしょう。 ちなみに、動きを見てもらいたいものについては、フォーカスではなく今まで通りアニメーションを駆使するとよいでしょう。 今までのプレゼンテーションのノウハウ、拡大ツールを使った新しいプレゼンテーション、そしてアニメーション、この3つをうまく組み合わせながら、参加者の頭の中にいかにスムーズにイメージを残していくかを考えてみるとよいでしょう。 ************* えらく前置きが長くなってしまってすいません。 拡大ツールの話しでしたね。 私がいつも使っているのは Zoomit(ズームイット) というツールです。 マイクロソフトが提供している無償ツールの中に Sysinternals というツール群がありますが、 http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb842062.aspx (Process Explorer などは結構有名なのではないかと) Zoomit はその中の1つで、上記ページやこちらからダウンロードできます。 http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb897434.aspx (日本語ページのスクリーンショットはバージョン…

2

VHDブート は敷居が高いと思っている方へ ~もしかしてbcdedit が苦手ではないですか?~

まだベータですが、待ちに待ったツール EasyBCD のベータ版が公開されましたね。 http://neosmart.net/forums/showthread.php?t=642 **** 昔、Windows のブート環境は Boot.ini というテキストファイルで制御していたので、今どんな設定になっているかを確認するのも、ブート設定の変更をするのもすごく簡単でした。 しかし、Windows Vista からブート周りのアーキテクチャーに大きな変更がありました。 そのおかげもあって、VHDファイルからブートできるようになったりと、大きなメリットがあるのです。 が、ブートに関する詳細情報を見たり、その情報を変更するには、bcdedit というコマンドをたたく必要があります。 おそらく、この作業の敷居が高い。 ま、情報を表示したりする程度なら難しくはありません。 VHDブートをするためにたたくコマンドも、パターンを覚えてしまえば難しくありません。 しかし、一度設定した情報を削除するとなると、bcdedit /? とたたいて、どれだったっけかなあ・・・みたいな。 とりあえず制御はできるようになったけど、いろいろとオプションがある中で、自分がたたいているコマンドって正しいのかな?とか。 **** そこで出てくるのがこのツール。 そう、bcdedit というコマンドをたたかずに、GUI で設定ができるというものです。 今までもあったツールですが、VHDブートに対応しておらず、私もずっと対応を待っていました。 そしてようやく出てきました。 まだベータではありますが、やっぱり便利ですね。 もし興味があれば、一度使ってみてはいかがでしょうか? ベータですから、何があるかわかりませんが、直観的な GUI が大好きな私としては、手放せないツールの1つです。 マイクロソフト 高添

2