4月のサンディエゴは面白いかも

マイクロソフトは運用管理のテクノロジにかなり力をいれています。有償・無償問わず実用的なツールを出荷するようになってきている今、その事を肌で感じてくれている方もいることでしょう。そして、次はどんな有用なツールが出てくるんだ?と気になっている方に知っていただきたいイベントがあります。 それが、4月24日~28日にサンディエゴ (地図で言うとサンフランシスコやロサンゼルスの少し下)で開催される Microsoft Management Summit 2006 (MMS2006) というイベントです。 MMS2006では、現在マイクロソフトが提供している運用管理のための製品やツールの情報から現在開発中の新しい製品についての情報まで、システムの運用管理に関わる多くの情報が提供されます。 例えば、既に提供中の製品やテクノロジはこんな感じ。 SMS 2003 MOM 2005 System Center Data Protection Manager System Center Capacity Planner Management Best Practice Solutions based on MOF/ITIL Process Windows Server Update Services Windows Server 2003 R2 Management Technologies Group Policy WS-Management WMI MONAD (Microsoft Command Shell)   そして、初お目見えとなるであろう以下の製品のセッションも用意されているようです。 MOM V3 SMS V4…

0

R2 で Windows ファイルサーバーが生まれ変わる(4 = レポーティング)

昨日は投稿したはずがエラーで内容が消え、眠い目をこすりながらワードで書き直して投稿したのですが、文字が明朝系になってました。見づらくてもうしわけない。 で、今日こそは、R2 ファイルサーバーのレポーティング機能を書こうと思います。 R2のファイルサーバーレポーティング機能も、以前書いたクォータやスクリーニングと同様、「ファイルサーバーの管理」コンソールを利用することができます。ファイルサーバーリソースマネージャという項目を展開し、「記憶域レポートの管理」を選択。後はレポートを作成するためのタスクを好きなように登録していくだけです。 簡単に手順を追ってみましょう。1:[新しいレポートのタスクのスケジュール]をクリックし、ウィザードを起動2:”スコープ”として、レポートするボリュームとフォルダを追加 =今回はC:\R2testを追加してみます3:”生成するレポートの選択”でテンプレート化されたレポートから必要なものを選択  標準で用意されているもの (パラメータの編集可能) クォータの使用率  ファイル グループごとのファイル ファイル スクリーン処理の監査 最近アクセスされていないファイル 最近アクセスしたファイル 重複しているファイル 所有者ごとのファイル 大きいサイズのファイル いかがですか?会社のファイルサーバーにここ1年アクセスされていないファイルがどの程度、同じ(重複した)ファイルがどの程度あるのか等、コレだけ見てもファイルサーバー管理者にとっては見てみたい情報ばかりだと思いますよ。 そして、上記レポートは DHTML,HTML, XML, CSV, テキスト といった汎用的な出力形式が選択できますし、レポート作成を夜中にするといったスケジュールもたてられますし、そのレポートを特定のメールアドレスに送信することも可能になっていて、OSの標準機能としてはかなり現場の意見を取り入れた機能になっています。 で、ちょっと気になって確認したところ、このレポートタスクはタスクスケジューラに登録されていて、実際のタスクはタスクスケジューラによって管理されています。Vista に搭載される New イベントビューアのタスク連携についても同様のパターンでしたが、システムにおけるタスクスケジューリングの重要性が増してきているのかなと感じました。 これらの機能に Windows Workflow Foundation あたりが絡んできて、単なるタスクをフロー制御に置き換えたりできれば、Windows システムの運用管理にも今までになかった世界が広がるのかもしれませんね。

0

DHCP のスコープを作成するバッチファイルを作りました。

R2 ファイルサーバーのレポーティング機能について書きたいのですが、違うことばかり書いてましてすいません(^_^;)   今日は週末のWeekend 道場のためにコンテンツをアップデートしていて、少しでも時間を短縮したいと思って DHCP サーバーのスコープ作成を自動化することにしました。思いのほか簡単なので調べればすぐにわかることですが、その時間がないんだよ~っていう方のために情報共有をしましょう。   こちらが作ったバッチファイルの内容です。ブルーの記述が実際に動作する部分です。   rem 道場 DHCP 設定 rem Netsh による自動設定=事前にDHCPサービスだけインストールしておくこと。   rem サーバーの追加 (承認)はこれ netsh dhcp add server dj-sv01.example.net 192.168.1.11   rem 念のため、サーバーの削除(承認の解除)はこちら rem netsh dhcp delete server dj-sv01.example.net 192.168.1.11   rem スコープ作成 netsh dhcp server 192.168.1.11 add scope 192.168.1.0 255.255.255.0 ExampleNet newScope   rem スコープへのIPレンジの設定 netsh dhcp…

0

キャリア デザイン に物申す!?

今日は週末なので、ちょっとITとは違うお話を。 皆さんは自身のキャリアアップについてプランとかデザインをお持ちでしょうか? 私は今、Microsoft でエバンジェリストという面白い仕事をしています。この仕事は私の中ではかなりうれしいポジション(部長とか課長とかいう役職ではないですが)でして、今でも自分がエバンジェリストを名乗っていることが不思議だったりします。 でも、今までの社会人生活が常に順風満帆でエレベータやエスカレータが用意されていたわけではないんですよ。しかも、昔からコンピュータに詳しかったわけでもないし、計画的に自分をステップアップすることを考えてきたわけでもなく、あまり社交的ではないので人脈作りをしてきたわけでもなく、ただ自分がやるべき(だと信じた)ことをとにかく一生懸命やってきただけなんです。 「言われたこと」ではなくて「自分でやるべきだと信じたこと」というところがポイントではあるのですが、ひとつだけ言えるのは「自分がこうなりたいからこれだけやる」とか「給料を上げるにはこうしたほうがいいからこうする」とかって考えていたわけではないんですよね。 この歳になって少しずつ整理ができ始めているのですが、やっぱり「誰かのために何かをしてあげたい」とか「誰かに何かを伝えたい」というのが一番で、それができていると感じれるときはどんなに忙しくても体がついてきてくれて、そういう状況を見てくれている人たちも一緒になって頑張ってくれる時が一番幸せを感じるのです。そして、その繰り返しが今のありがたい環境を与えてくれているのだろうと思っています。 そういう意味では、クランボルツ博士の「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって形成される」というお話はすごく自分にも当てはまるなあって思うんですよね。もちろんこの方は、その”偶然の出来事”に出会うのは準備をしているからだとおっしゃっているようです。今仕事で悩んでいる方は、その手の本や記事がたくさん出ているようなので、一度目を通してみると少し気が楽になるかもしれません。 ちなみに、私にとってのバイブルというか格言というか、絶対に忘れることができない言葉は「背伸びをするな」という母親の一言です。福岡から上京する日に気丈だった母親が涙を浮かべ言った一言なんです。正直な話、ITの世界にいるとたくさん背伸びをしたくなるんですよね。いや、背伸びをしなければならないときもあると言ったほうがいいかもしれません。でも、背伸びはすぐにバレますから、これからも時に母親の言葉を思い出しつつ、身の丈にあった、そして心のこもった仕事を一生懸命しようと思っています。 もし背伸びをしている私を見かけたら注意をしてくださいね。そして皆さんも、背伸びはほどほどに。

0

道場では実際に何をやるのか

昨日は道場のコンセプトを書いたのですが、実際にやる内容もあったほうが良いだろうということで、今日はそちらを書いておこうと思います。 用意するのは、以下のVirtual PC イメージ・サーバー  2台 ①Windows Server 2003 R2 と ②Windows Server 2003 SP1・クライアント 2台 Windows XP SP2 (Office 2003 がインストールされたもの)*2 ①にActive Directory と DNS と DHCP をインストールし、クライアントをADに参加させる ②を R2 にアップグレードし、ADに参加させた後、ファイルサーバーの新機能を追加 ADでのユーザー登録やスクリプトの利用、R2 のファイルサーバー機能の設定と動作の確認 ①に Exchange Server をインストールし、クライアント2台を使ってOutlook 2003 から利用 ①に Rights Management Services (RMS) をインストール・設定し、2台のクライアントから利用 ①に Live Communication Server (LCS) をインストール・設定し、2台のクライアントで利用 ②に Windows SharePoint Services (WSS) をインストール・設定し、クライアントから利用 道場はこれをたった半日(4~5時間)で終わらせるわけです。 いかがでしょうか?このBlogを見ている方の中で「これはいい!」と感じた人はいたでしょうか?もし、この一連の内容を見て自分には必要ないと思えば週末に道場に通うこともないです。もちろん、申し込んでしまったから仕方が無いなんて思うこともありませんのでご安心ください。 ただ、こんな勉強をしたそうな人が近くにいたら是非紹介してあげてください。それと、内容よりも雰囲気を楽しみたいという方のご参加もお待ちしてます。

0

Weekend 道場も これで3回目

3月12日の日曜日、第3回目の道場を開催することになりました。 http://msevents-as.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=120467249&Culture=ja-JP   知らない方も多いでしょうが、「次があるかは参加された皆さんのフィードバック次第です」って言いながら始めた Weekend 道場というセミナーで3回目の実施が決まったんです。週末にもかかわらず新宿のMicrosoft のオフィスまで来てくれて、しかも楽しんで帰ってくれた皆さんには心から感謝しています。   ただ、心残りなことがあります。いきなりド~ンと宣伝してやっているセミナーとは違うので、まだまだ知られていないという事と、知られていないことが原因で「期待していたものとレベルが違いました(^^ゞ」というお話を聞くことがあるからです。   そこで今日は、あらためて道場を実施しようと思ったいきさつとコンセプトをお知らせしようと思います。   道場にて、Active Directory、Exchange Server、Rights Management Server、Live Communications Server、Windows SharePoint Services という多くの製品の環境を作っていくのには以下のような意味があります。 かっこいいデモはいいけど、エンジニアにとってはDEMO環境の作り方も大事なんだよね 道場では、インストールから設定、クライアント側の使い方まで実演します MS製品は多いけど、お客様や社内の人と話をするネタとして一通り理解しておきたい 5つのサーバー製品の基本機能と、連携し相互作用していくシステムが見れます 一通り理解しておきたいけど、「そんな時間は無いよ」が口癖になっている 午後半日で全ての工程を終了するので、忙しくて意欲のある人にこそお薦めです Weekend 道場なら週末実施なので、自宅で勉強するよりも効率的だと思います カタログだけ見て知ってるフリをするにも限界があるんだよね 道場の中で一連の作業を疑似体験できるので、説得力が増します 「この程度の作業でもこれだけの事ができるんだ」というところまではたどり着けます 実は、サーバー製品のインストール作業は参加者にやってもらっているので、一部の方にとっては疑似体験ではなく本当の体験になったりもします 実際に試すにもサーバーなんて手元に無い = マシンもスペースも環境の確保は難しい 道場では2台のノートパソコンと外付HDD、Virtual 環境を利用します あとは TechNet Plus Subscription があればDEMO環境は作れるんです 持ち歩ける DEMO 環境を目指してます。 → そろそろ出稽古ですかね 使わない製品のことなんて気にしていなかったが・・・ 知らない製品を初めて見て、面白い機能だなと気づくことだってあります 実際に使うかどうかではなく、一通り知っておけば他の製品との比較も容易になるし、全体が見えてくるという良さもあります Microsoftの社員、エバンジェリストとの接点なんて持てるわけがないと思っていた 道場は少人数制。英会話教室みたいですね(笑) 数百、数千の人があふれる場ではなく、気づいたら隣にエバンジェリストがいます…

3

ファイル操作にもトランザクションのすすめ

Windows Vista や コードネーム Windows Server Longhorn には、Transactional NTFS という機能が組み込まれています。そうです、ファイル操作にもトランザクションが使えるようになったんです。 使い方はいたって簡単。コマンドプロンプトを開いて、 transaction /?  と入力してみてください。すると、トランザクション制御のオプションが3つ表示されます。①スタート ②コミット ③ロールバックです。 例えば、あるフォルダに demo.txt というファイルがあったとすると、こんな感じです。 Transaction /start                        — トランザクションをスタートCopy demo.txt trandemo.txt       — 既存のdemo.txt テキストファイルを trandemo.txt という名にコピーRen trandemo.txt takazoe.txt      — trandemo.txt というファイル名を takazoe.txt という名前に変更(リネーム)Transaction /rollback        — トランザクションをロールバック おわかりですか?ファイルのコピーとリネームは成功します。しかし、トランザクションがロールバックされたために、ファイルは何事も無かったかのように demo.txt が残っているわけです。もし rollback ではなく commit と入力しておけば demo.txt と takazoe.txt の2つのファイルがちゃんと出来上がっているはずです。 コピーを1回行うだけであれば、わざわざトランザクションもないかもしれません。でも、複数のファイルを一括操作したい場合やコピーして名前を変更して・・・というような複数の処理を一気に行いたい場合などでは安心して作業ができるようになるのではないかと期待しています。 また、トランザクションをスタートした後、Reg.exe コマンドを使ってレジストリを操作することもできます。レジストリ操作は非常に神経を使うべきところですし、何かがあったらロールバックができるというのはありがたいのではないでしょうか。 そろそろ Vista の Beta が手元で動き始めたという方もいると思うので、是非…

2

R2 でアップグレードされる Microsoft Management Console (MMC)

ファイルサーバーのレポーティング機能の話をする前に、R2 の MMC ネタを1つ。 あまり知られていないのですが、R2 をインストールすると MMC が3.0 にアップグレードされます。大きな変化ではありませんが、自社アプリケーションの管理ツールを MMC スナップインとして開発している方は知っておいたほうが良いと思ったので取り上げてみます。 ん!? また互換性の問題?・・・と思いきや、ご安心下さい。MMC 3.0 は下位互換性を持つように設計されているので、MMC 1.2 や MMC 2.0 をベースに開発したスナップインでも動作します。よって、MMS スナップインを開発されている方もあわてなくてよいです。注意点があるとすると、MMCを閉じようとしたときに MMC 3.0 の形式で保存するかどうかを聞かれるところくらいでしょう。(R2 の Help に書いてあります) もちろん MMC も 3.0 になることでより便利なものになっています。開くとすぐにわかるほどの大きな変化は画面が3つに分かれたということでしょう。 今までは2つに分かれていたので、左側のツリーである項目を選択すると右側に表示をするという形でした。しかし、これからは3つ枠があるので、左はツリー・真ん中に情報・そして新しく出来た右側には操作の一覧が並ぶという形が作れます。わざわざ右クリックをして操作を選択しなくても、真ん中に表示されている内容に応じて選択可能な操作のリストが右側に自動表示されてるので、今まで以上に操作性が上がるわけです。 他にもいくつか改良点もありますし、運用管理ツールを MMC 3.0 ベースに書き換えてみてはいかがでしょうか?

0

R2 で Windows ファイルサーバーが生まれ変わる(3 = クォータ)

クォータの機能は Windows Server 2003 も持っていますが、R2 のクォータ機能はフォルダ単位での制限が可能になりました。そして、このクォータ設定も、「ファイルサーバーの管理」コンソールを利用することができます。 設定はいたって簡単で、クォータ設定画面で制限をかけるフォルダを選択し、制限値を設定するだけです。ただし、以下のようなオプションを利用することで、面白さは広がります。 ハード クォータ と ソフト クォータデフォルトは「ハード」ですが、「ソフト」を選ぶことで制限値を超えての利用を許可します。どんな時に使うかというと、ある容量を超えたら管理者がメールを受け取るなどの監視用途などです。 しきい値1つのクォータ設定に対しても、複数のしきい値の設定が可能です。例えば、個人用に用意したフォルダに制限を掛けている場合に、容量の80%を超えたらそのユーザーにメールをし、100%になったら管理者にもメールが飛ぶ仕組みを作るといったことができるわけです。 通知オプションメールの送信、イベントログへの書き込み、スクリプト実行、そしてレポート作成など、管理に必要と思われる機能が提供されます。メール送信では、差出人・Cc・Bcc・返信先をあらかじめ登録しておくことも可能です。 同じ設定を複数のフォルダに対して適用しやすいように、設定をテンプレート化しておくことも可能です。もちろん、標準で用意されている6種類のテンプレートを利用することも出来ますが、さすがに制限する容量などは状況によって異なるでしょうし。 おわり・・・!? そうだ、クォータってこれだけなんですが、R2 の説明をすると必ず「特定のグループに対してクォータの制御が掛けられるか?」と聞かれるのでここで触れておきますが、アクセス権設定とクォータ設定を組み合わせて利用してもらうことになるでしょう。(もし設定方法を知っている人がいたら教えて下さい) ということで、次回は新しくなったファイルサーバー機能の最後としてレポートの機能を書きますね。 ******本当は、今いろいろと触っている Vista や Longhorn Server が面白いんですよね~まだ書くには早すぎるような未確認情報が多いのですが、気になる用語を書き出している最中ですし、昨日書いた New Eventlog System に加えてたくさん書いていこうと思ってます。 このままだと私の机はポストイットだらけになりそうなので、そろそろ整理を始めなくては・・・

0

New EventLog System について

Windows の イベントビューアといえば運用管理者の必須アイテムですが、その必須アイテムも Windows Vista や Longhorn Server で大きく変わることになりました。 アーキテクチャから見直したこのイベントビューアには、例えばこんな機能がついています。 イベントサマリ機能をトップページに配置 例えば、24時間以内におきた警告・情報・エラーの数を即座に確認可能 1時間、1週間なども標準で表示され、すぐに対応すべき状態かどうかの判断ができる ビューの作成 特定の条件でフィルタをかけて登録しておけば、必要な情報がすぐに見えるようになる 都度検索する必要も無い データ保存機能 選択した複数のイベントを1つのファイルとして保存することが簡単にできる ビューと組み合わせたり、期間指定をしたりして1つのファイルに保存しておけば再利用性も高くなる XMLで保存することもできる 特定のイベントをトリガとしたタスク実行設定 新しくなったタスクスケジューラとの組み合わせにより、イベントドリブンのタスク実行が可能 タスクの作成はイベントビューアからも メール送信、プログラムやスクリプトの自動実行設定などが可能 期間指定も可能なので、「1ヵ月間特定のエラーを監視したい」「特定のエラーが出たらメールで知らせたい」という要望にも簡単に応えられる Subscription 設定 まだきちんと実装されておらず、最新のFeb CTP というビルドではエラーになる。あくまでも可能性を信じてお待ちいただきたい機能 イベントログを他のマシンに送り込んだり、他のマシンからイベントを取得したりできるようになりそう。 イベントログのシステムが1台のマシンで閉じることなく、管理者は複数マシン環境を自分のマシンで確認ができるようになる。(ような機能だと思う) いかがですか?システムの運用管理をされている方にとっては、重要な変化です。Windows Vista のテスト環境があれば是非試してみてもらえればと思っています。

0