今年の Tech・Ed も ひげづら

さっき書くのを忘れておりました。 今年も戦略系セッション Dynamic IT 用にひげをのばしております。 アラウンド40とはいえ、まだまだ若く見られるのです。 最近は若く見られることが少しうれしくなってきましたが、声も高い方なので、セッションに重みをだすには不利です。 まあ、これも今年で最後かもしれませんが、伝えることが仕事なので、そのくらいの演出も職人っぽくてよいのではないかと自己満足しているところです。 とはいえ、2日目の午後のセッションが終わればすっきり剃るつもりですので、4日目はひげ無しセッションです。 1度のTech・Edで2度おいしい、高添の変貌をお楽しみに!! マイクロソフト 高添  

14

Windows Vista のネットワークアダプタの順序設定

たまにはMS製品の設定の話しを。。。Vista が社内に普及する前にお伝えしておいたほうがよさそうな話があって、ちょうど良いので書いておきます。  ちょっと前の話しになりますが、Vista が入ったノートPCでネットワーク通信が遅いなと感じたんですが、となりに座っている田辺が ワイヤレスになってるんじゃない?って突っ込んでくれて原因がわかりました。 ツイストペアツイストペアケーブルで有線ネットワークにつながっているにも関わらず、無線LANが使われてたわけです。MSは有線・ワイヤレスの両方を社内で利用できますが、最近はノートPC率が高いので、ワイヤレス アクセスポイント経由で通信をしているマシンが多いのかもしれません。 とはいえ、気付かなかったのは恥ずかしいです(^_^;) で、原因がわかったのですが、今度は有線ネットワークを最優先にさせる設定画面が見当たらない。。。これも田辺と一緒に探しはじめ、こういう時はいつも(圧倒的に)早く見つけてくれるわけで、この時も「あった~」という声が。。。 いつも感謝!! ***設定方法はこちらです*** [コントロールパネル]_[ネットワークと共有センター]を表示し、左のタスク一覧から[ネットワーク接続の管理]をクリック。そうするとIPアドレスを手動で設定する時などに見るアダプタの一覧が表示されるはずです。 もし[ローカルエリア接続]と[ワイヤレスネットワーク接続]の両方が表示され、両方ともに有効になっている場合、ワイヤレスが優先的に使われている可能性があるということです。 さてここがポイント: ここで[F10]を押しましょう。どうでしょう? 隠しメニューが表示されるはずです。 余談ですが、ウェルカムセンターでも [F10]を押すとメニューが表示されます。。。 メニューさえ出てくれば、後は Windows XP と同じように[詳細設定]_[詳細設定]を選択し、優先度を変更すればよく、IPv4 や IPv6 とアダプタとのマッピングもここでできます。 最近のノートPCは有線とワイヤレスの両方が使えることも多いので、一度設定を確認してみてください。

12

Web で Seminar 。だから Webinar。 ~Hyper-V 2.0 を語っちゃいました~

昨日の夕方、日経さんにお手伝い頂き、中目黒のスタジオにて Hyper-V 2.0 のオンラインセミナーを実施しました。 約100名の方にご参加いただき、ご質問も多数いただき、まことにありがとうございました!! ブログ見てるとコメントを下さった方、いつもありがとうございます!! 「知らなかったよ」という方は、昨日の内容(Q&Aもいれて30分)がオンデマンドでも見れるようになってますので見てくださいね。 http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0g/103311/ デモの画像が非常に悪いので、デモは雰囲気で楽しんでください。 Hyper-V 2.0 上で稼働中の仮想マシンでビデオを再生しながら物理マシン間移動(ライブマイグレーション)をしているところです。 ================= で、カメラから見るとずっと下を向いてるんですよ。 だって、ペンタブレット型のスピーカー用の画面が下にあって、カメラは正面からとっているので仕方が無いんですよね。 説明だけだったら前を向けたんですが、わかりやすいようにと思うと、ペンを使って拡大したり線を書いたり。。。 結局、カメラ目線は、資料を使わずに話しをした最後のQ&Aの時くらいでした(^_^;) 終わった後、プレゼンテーション環境を使いこなしていたのをすごく褒めていただいたのですが、カメラ目線に加えて、プレゼン15分、Q&Aで15分という短時間だったので少し早口だった気がします。 男40、まだまだ精進せねばなりません。 ================= さて、この企画はもっと広がりがあります。 まずは記事。 http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0e/102875/ マイクロソフト、ハードメーカー様、SIパートナー様が語る Windows Server 2008 R2 を是非ご確認ください。 それからWebinar。 8月25日には「Windows 7と一緒に使うと便利になる機能」、9月中旬 には「Active Directory」を、マイクロソフトでプリセールスSEをしている山崎・高田の二人が話しをすることになっています。 http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/0i0f/102969/ ================== Windows 7 がさまざまなところで取り上げられておりますが、サーバーOS Windows Server 2008 R2 にも多くの期待が寄せられています。 先日、仙台でセミナーをした時、「R2ってめっちゃいいっすね~。まじでいいですよ、これ!!」と、マイクロソフトの東北支店の支店長が興奮してたくらいですから(^_^) 何が何だか分からないものを使ってほしいとは思いませんが、とにかくだまされたと思って使ってみて触って見ていただければと思います。 マイクロソフト 高添

11

次の Hyper-V で実現可能な Live Migration

Windows Server 2008 の Hyper-V では、Windows Server 2008 のフェールオーバークラスタ (MSFCとします)機能を利用することで 「Quick Migration」 という仕組みを提供しており、物理サーバーがダウンした時の”仮想マシンのフェールオーバー”や、計画保守実施時の”仮想マシンの物理マシン間移動”に対応していました。 ただ、この Quick Migration 環境は、MSFC がサービスをフェールオーバーさせる際に稼働中の仮想マシンはメモリ上のデータを共有ディスクに書きだす必要があり、仮想マシンは一旦保存状態になります。 要は、数秒から数十秒のダウンタイムが発生していました。 ダウンタイムといっても、コミュニティなどでデモをみてもらったりすると、”これくらいなら使えそうだね”と言ってもらえる事も多かったのですが、やはり他社さんもやっている”仮想マシンが止まらない仕組み”がほしいという声も少なくはありません。 ============== そこで登場するのが、次期サーバーOS Windows Server 2008 R2に搭載される 「Live Migration」 の機能です。 この Live Migration は、Windows Server 2008 R2 の Hyper-V 2.0 とフェールオーバークラスタに追加された新機能「Cluster Shared Volumes (CSV)」の組み合わせで環境を作っていきます。それでは、私が実施した設定の流れを見てみましょう。 ※あくまでも、Live Migration のデモをするためだけの環境設定だという事はご理解下さい。 2台の Hyper-V 2.0 マシンを用意 1台目の親パーティションに Active Directory ドメインサービスを立ち上げ、もう一台の親パーティションをドメインに参加させる iSCSI…

9

9月3日(金) のTech Fielders セミナーは Windows Intune  ~夕方からやります~

もう1か月を切ってますが、先日投稿した Windows Intune のセミナーを 9月3日に実施することにしました。 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032457143&Culture=ja-JP Tech・Ed が終わったばかりでもあるため、夕方からの短時間(18:00~20:00 受付17:30~)にしました。 「昼間は無理だよー」 という方の中で、Windows Intune に興味がある方は是非お越しいただければと思います。 **** さて、Windows Intune は、運用管理サービスの面白さに加えて、Windows 7 の新しい購入の形でもありますから、セミナーにご参加いただきたい方は非常に広いです。 でも、私がエバンジェリストとして実施するセミナーはそんなに数多くはありません。 そこで、今回は、 新しいものに興味のあるエンジニアの方 情報発信をしてくれる方 企業やパートナー様で Windows Intune の露出にご協力いただけそうな方々 にお集まりいただき、以下の4つで進めたいと考えています。 誰が見てもわかりやすく、強烈なインパクトを持つクラウドサービスの本質を知る Windows を期間で買うという新しいパターンを認識する 「運用管理ツールの運用管理を止めた」時に、企業に何が起きるのかを議論する Windows Intune を、どのように日本中に伝えるべきか策を考える 4はマイクロソフト都合のような文章になってしまいましたが、本音を書いておきますと、Windows Intune のインパクトがあまりにも大きいため、今後エンジニアのみなさんにどのようなメッセージを伝えていくべきか答えが出せていないのです。 ※ Windows Intune の機能そのものは、とってもわかりやすく簡単なので、マスターするのに時間はかからないでしょう。そこは問題ではなく、運用の在り方が変わる部分が気になっています。 ということで、単なるセミナーではなく、意見交換の会にしたいです。 ===== さて、セミナーの情報は、木曜日にはTech Fielders サイトに掲載されると思いますが、その前にニュースレターなどでも配信されていくことでしょう。 Windows Intune の認知度がどの程度かわからないので、どれくらいの方にご参加いただけるのかも正直わかりませんから、参加できる方はお早めのご登録がよいと思います。 (参加が難しくなったらお手数ですがキャンセル処理もお願いできるとありがたいです) それでは、新宿のセミナー会場でお待ちしております!! マイクロソフト 高添

9

新しい年度、高添が実施する最初のセミナーは 7/9(金) VDI 環境構築編です。

土曜日の大阪での Tech Fielders セミナーで、今期の私のセミナーという仕事は終了しました。 さすがに疲れました。 というのも、イベントやセミナー、お客様先に行ってセッションで話をしたりするのも含めると、年間77セッションをこなしていました。 2010年という年は、少し余裕をもって・・・と正月に考えていたのですが、この半年間は今までの人生で一番忙しかったですね。 7月以降の活動についてはに何をするかはこれから詳細を詰めていく事になりますが、無理がきかない歳になってきたのでもう少し仕事を減らさねば。。。と考えています。 が、あまり変わらない気がします(笑) ===== と考えている間もなく、7月9日(金水曜日)のセミナールームに空きがあったので、私が受け取って新しい年度の最初のセミナーをすることにしました。 テーマは VDI ! マイクロソフト製品による VDI 環境を一から作っていく道場スタイルのセミナーにしようと思ってまして、今回は App-V のインストール作業まで加えるつもりです。 先日の有楽町 東京国際フォーラムでのイベントでもあった通り、今後は Citrix さんと一緒にこの市場を盛り上げていく予定なのですが、まずは Windows Server 2008 R2というOSの標準機能でどこまでできるのか?を知ってもらうことから始めようと思います。 OS の標準機能で実現するマイクロソフトの VDI ↓ OSの標準機能以上の事が必要なら、この世界では明らかに最先端を行く Citrix さんのソリューションを追加 というパターンを覚えていただきつつ、まずはマイクロソフト VDI からスタートしていただこうと思ってます。 今までも Live Migration や VDI 環境を作っていくセミナーをやっていましたが、まだ参加されていない方は是非ともご参加ください!! =============================== 2010.07.09 [13:00-19:30] Tech Fielders セミナー 東京 道場スタイル [Windows Server 2008 R2…

8

Windows Azure Pack 最新版は、さまざまな情報やドキュメントと共に!

Windows Server 2012 R2、最新の Hyper-V、そして System Center 2012 R2 を導入したら、次は Windows Azure Pack でしょう。 OpenStack も面白いかもしれませんが、もっと簡単にクラウドを作ってしまいませんか? Microsoft Windows Azure Pack UI は Windows Azure で培ったノウハウの固まりみたいなものです。 仮想マシンをサービス化するとはどんなことなのか? SDN 化されたネットワークをどのようにサービスにすればよいか? リソースのプール化の本質が見える Web サイトという PaaS とはどんなものか? などなど・・・ 是非触ってみてください。 日本マイクロソフト 高添

8

新しい Tech Fielders サイトを公開しました!

7月最初の投稿で、とっても嬉しいお知らせがあります。 それは、 Tech fielders サイトのリニューアルについてです! Tech Fielders は「現場のエンジニアによる現場のエンジニアのためのチーム」であるため、サイトも「現場のエンジニア」目線にしたいと、ずっと、ずっと思っておりました。そう、「マイクロソフトはxxをやっています!」とアピールするのではなく、「現場に有益な情報」と「活躍している人」にフォーカスを当てさえすれば、無駄にアピールしなくても認めてもらえるのではないかと。 しかし、いろいろとあって実現できていませんでした。 が、この半年間、外回りを続けながらもリニューアルに向けて動いてまして、できたのがこちらです!! http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/default.mspx ===================================== 今までは、セミナー/コラム/インタビューという大きな枠でページが構成されていましたが、新しいページでは、今までの構成に加えて、ライトニングトークを含む Tech Fielders サイト上の情報をカテゴリーやキーワード、製品とテクノロジー名でフィルターが掛けられるようになりました。 まずは、カテゴリーから探すの中で、気になるカテゴリー名をクリックしてください。 その後は、左側の「キーワード」や「製品とテクノロジー」から気になるものをクリックしてください。 (もう一度クリックするとクリアされます) そうすることで、自分にとって必要な情報があるかどうかを比較的スムーズに確認することができるはずです。 また、メンバーサイトも大きく変わり、マイクロソフト社員ではない方々もたくさん Tech Fielders メンバーとして露出させていただきました! (会社ロゴも) ※ 賛同していただいた皆様、本当にありがとうございます!! ※ 感謝の気持ちを込めて、背番号を振らせていただきました。これであなたも Tech Fielders の一員です! ********* ちなみに、フィルターをかけると全然情報が少ないことがばれてしまいますが(笑)、あえてその状態からスタートします。 だって、Tech Fielders の場合、「情報が足りないよー」ではなく「情報が足りないから私が書きましょうかー」というコミュニケーションをしたいわけですから、無理にたくさん情報があるように見せる必要がなかったんですよね。 それでも、もっともっと情報が必要ですね! そう、Tech fielders はこれからです!! 私も頑張って発信しますので、是非みなさんもご協力いただき、一緒にチームを育てていただければ幸いです。 マイクロソフト 高添

7

スクリーンキャプチャという標準機能 ~Windows Server 2012~

管理者たるもの、サーバー環境のスクリーンをキャプチャし、ドキュメントに張り付けて・・・という作業は日課のようなものだろう。 フリーのツールのサイトに行くと、面白いツールもたくさん出ている。 ただ、フリーツールをサーバーにいれるというのも気持ちが良いことではない。 だったら標準機能でやってしまおうと、Print Screen でキャプチャしてペイントに張り付ける。 そしてファイルに保存。 作業自体は簡単だが、実にめんどくさい。 で。。。この投稿の出番である。 手元に Windows Server 2012 や Windows 8 がある方は、Windows キーを押しながら Print Screen キーを押してみてもらいたい。 一瞬画面がうす暗くなったかと思うと、ライブラリのピクチャの下にスクリーンショットというフォルダができているはずだ。 そして、その中には、 png 形式のファイルが見つかることだろう。 たまらない。。。このようなところもたまらない(笑) 日本マイクロソフト 高添

7

Windows Vista Ultimate での 多言語対応

お待たせしました!! というべきか、何度かBlogでも書いていた多言語の件ですが、Windows Vista Ultimate なら Windows Update サイトから入手できるようになったようです。 私のマシンは既に複数言語がインストールされているのですが、それでもスウェーデン語などインストールされていない言語パックはリスト化されています。インストールまでは試していませんが、OS の更新プログラム同様ダウンロードしてインストールしていただければ切り替えが可能になるはずです。 こちらが Windows Update の画面です。   手元に Enterprise版が無くて確認できていないのですが、Enterprise版も多言語対応しているので、同様のパターンでダウンロードができるのか? もちろん、最初から言語パックが入手できていれば Windows Vista インストール時に複数言語をインストールしておくこともできます。ん、事前ダウンロードとなるとボリュームラインセンスプログラムで Windows Vista Enterprise や Ultimate をお持ちの方だけってことになるのかな・・・ 今の私にはボリュームライセンス経由で製品を入手できるサイトへのアクセス手段がないので、既に試した方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

6