9/1 の Japan Partner Conference では Azure Stack ラックを展示したくて・・・


みなさん、こんにちは。

大掛かりな組織変更の波の中で、流れに任せてゆらゆらと揺れながら、たまに自分の主張をしてみたりしていますが、今期は、日本マイクロソフトの中でいくつかの部署に分かれていたパートナー様担当リソースが1つのチームに集結し、私はそこに配属されました。

テクノロジーやソリューションに関係なく、パートナー様を数社担当することになります。

本音としては、「すべてのパートナー様やお客様に対し、私が持っている情報と知識をフル活用したい」 という思いは消えていませんが、大きく変わった組織にはまだまだアンバランスな部分もあるので、それが最適化されていく中で私を含むリソースの調整が入る可能性を信じ、そしてAzure Stack V-Teamという会社に認められたもう1つの顔をフル活用して様々な活動をしていこうと思っています。

本題ですが、そういう事情もあり、これまで ほとんど絡むことがなかったパートナー様向けのイベント Japan Partner Conference (https://www.microsoft.com/ja-jp/partner/jpc/2017)に全力で対応することになりました。

その1つが、タイトルにも書いた Azure Stack ラック展示です。

----

A氏「Azure Stack ラック展示したいよね」

高添「そうね、それは面白そうだね」

B氏「また~、何言ってんすかあ」

A氏「だって、インパクトあるじゃん。Azure Stack ならそのくらいやりたいよね」

B氏「そりゃインパクトはあるだろうけど、今から展示会場の調整って・・・」

A氏「JPC に参加してくれているパートナーさんに Azure Stack のインパクトを知ってもらわなくていいんだっけ?」

~ PCでJPCの資料を探すB氏 ・・・ 1分後 ~

B氏「ま、調整してみますかね !(^^)!」 (突然乗り気・・・(笑)

二人が私を見る・・・

高添「わかりました。展示してもらえるかどうかも含め、メーカーさんに聞いてみますね」

----

正直なところ、最初は難しいだろうと思っていました。

が、今まさにハードウェアベンダーさん4社 (Dell EMC, HPE, Lenovo, Cisco) に多大なるご迷惑をおかけしながら、ラック4つの大掛かりな展示に加えてハードメーカーさんが一番見せたいサーバーの展示を含め準備を進めてもらっています。

しかも、自社のイベントと予定がかぶってしまったりで、ラックの準備が難しいベンダーさんもいらっしゃいましたが、

B氏「ラックがなきゃ、インパクト出せないので展示そのものをみなおさないと・・・」

という一言。

その瞬間、ふと思いついたベンダーさんがありました。

ヤマト通信工業様という、Open Compute Project でお世話になっているラック専業ベンダーさんです。

連絡をしてみたところ、いいよと言ってくれまして、せっかくなら面白いラックをということで、免震ラックとサイレントラックの展示をしてくれることになりました!!!

そんなこんなで、サーバーベンダー4社とラックベンダーのご協力と、JPC を支えてくれているイベント側のベンダーさんにもかなりの無理をお願いしながら図面の最終調整中です。

「間に合うのか、これ?」という状況ですが、何とかするしかないです。

ということで、今年の Japan Partner Conference は、Intelligent Cloud - Intelligent Edge 戦略に基づき、エッジ側の基盤 Azure Stack の展示を含めた大掛かりなイベントとなります!!!

ぜひ、Azure Stack ラック展示ブースに足を運んでいただき、各社から最新のサーバー事情や Azure Stack ビジネスについてお話を聞いてください。

また、自社内にきちんとしたデータセンター設備がないけど Azure Stack に興味があるというパートナー様は、ヤマト通信工業様の免震ラックやサイレントラックにもご注目ください!!!

----

今年の JPC はそれで終わりません。さらに・・・・

エクイニクス・ジャパン後藤さん、三井情報 青木さん、デル 鈴木章太郎さん、HPE 高野さんに協力をいただいて、20分のMicrosoft Azure Stack 研究会(MAS研) ビジネスコミュニティセッションもやります!!!

このセッション、Azure Stack 日本専任リソースの松崎も含め、6人で登壇して全部で20分しかありません。

登壇したことがある人には何が起こるか十分に想像できると思います(笑) でも、それもまた楽しいですね、ワクワクします。

----

そしてもう1つ、コミュニティ部屋にMAS研のブースも用意してもらっていて、(ほんの少し作業をしてもらうかもしれませんが) Azure Stack に興味を持ってくれている人に先着順でプレゼントもありますので、どうぞMAS研ブースにもお立ち寄りください。

Azure Stack の詳細はそこで聞いてもらってもいいですよ!!!

ちなみに、私は Azure のハンズオンの講師もやることになっているので、ブースや展示会場にいる時間は少ないと思いますが、少しでも多くの参加者の方とお話できればと思っています。

それでは来週、JPCでお会いしましょう!!!

高添

Comments (0)

Skip to main content