高速なストレージは人を幸せにする。と思う。 9/27 大阪でも東芝さん主催 SSD/Flash勉強会!


この数年間、いろんなストレージベンダーさんと一緒にビジネスをしてきました。

全力を注ぐと言えるほど時間を使えなかったのは申し訳ない限りですが、それでも高速ストレージや管理性の高いストレージの有用性など話をしていてワクワクするものでしたし、何よりストレージが高速化することによって受ける直感的/直接的な恩恵は誰もが知るところだと思います。

SSDも容量が増え、手の届かない高額なものではなくなり、企業システムでもオールFlashストレージが語られるようになり、Windows Server 2016 では NVMe SSDをSATA SSDとを認識してティアリングするといった話もでてきたりします。

そう、Software Defined Storageというソフトウェアスタックの話に合わせて、今はハードウェアも含めたストレージをきちんと勉強する時です。

情報発信をする側の私も、Interop Tokyo 2016 の東芝さんブースに呼んでいただいてWindows Server のストレージ機能についてお話をさせていただきましたが、それだけでは足りないので、その流れで進められている勉強会にもマイクロソフトとして参画しています。

そして、東京ばかりでやるのもなんなので、9月27日には大阪でセミナーがあります。

SSD/Flash勉強会(大阪会場) [主催:東芝]

私はちょうどアトランタに出張中のため、残念ながら参加できませんが、マイクロソフトからは皆さんご存知の小塚が登壇しますので、ストレージに対するマイクロソフトからのメッセージを是非お聞きください!

日本マイクロソフト 高添


Comments (0)

Skip to main content