Azure Stack Technical Preview 開始! 一人で感動^^;


この日が来るのをどれだけ待っていたか・・・

アメリカ時間の1/29 に、こちらのブログ (Microsoft Azure Stack Technical Preview is now available for download) で告知を行い、ダウンロードを開始しました!

私も事前にPowerPoint などは見ていたものの、エンジニアとしてこれから試してみることになりますので、スタート地点はみなさんとほぼ同じです。

正直、ブログなんか書いている場合ではないのですが(笑)、この興奮はきちんとお伝えしたく、書いております。

始めようと思った方、まずはこちらをご覧いただくのがよいかと思います。
https://azure.microsoft.com/en-us/documentation/articles/azure-stack-overview/#

Introduction to Azure Stack というページに行きますが、左側のメニューに展開のための手順などもありますので、すぐに試したい方は Deploy Azure Stack POC あたりからどうぞ。

お気づきかと思いますが、クラウドファースト企業ならではの Azure サイトでの情報提供です。

----------
それから、System Center Orchestrator Guy で Automation の Specialist でもある D'Joy (Charles Joy)  が早速 Azure Stack の Guidance を整理してくれています。

http://blogs.technet.com/b/charlesjoy/archive/2016/01/30/aka-ms-for-azurestack-guidance.aspx

この中には、フォーラムへのリンクやマイクロソフトへのフィードバック(&投票)サイトなどもありますので、本気で Azure Stack と向き合う必要がある方は、こちらのリンク集を軽く頭に入れておくとよいでしょう。

======
さて、Azure Stack の全体像も少し見えてきましたが、様々な情報の中に Technical Preview 1 という記述があります。

これは、Technical Preview に続きがあるということです。

まだパブリックなプレビューがスタートしたばかりで、すべての機能が実装されているわけではないということをご理解ください。

そして、こちらのスライドにあるとおり、Azure Stack は Extensible Service Framework を持っていて、MSから提供されるスタックだけでなく、パートナー様から提供されるスタックも連動して使える予定です。

snip_20160201123430

最初に Azure Stack 連携ソリューションを出してくれるのはどのパートナー様なのか?楽しみですね。

さて、午後は作業開始だ!

手戻りを減らすため、私がやりたいゴールをイメージする(=ドキュメントの中身をかみ砕く)ところからスタートします。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content