イケメン倉持さんの[Azure を Ansible で操作する]記事公開!


最近、OSS やデータセンターの方々とお話をする機会が非常に多くて、「Ansible いいよね~」という話を聞いてました。

Ansible は Red Hat さんに買収されてしまったものの、OSS と共に生きる Azure にとってどこまで有益なのかは知っておきたいと思っていたところ、自ら記事を書いてくれる人がいてくれました。

そう、TIS のイケメン 倉持さんです!

Microsoft Azure を意のままに操る Ansible 事始め

私は概念や方向性のような記事を技術的目線から書くことが多いのですが、やはりエンジニアさんの記事はいいですね。

何ができるかがよくわかります。

是非ご覧ください!

さて、マイクロソフトワールドにいる私と倉持さんとは住む世界が違っていたのですが、かなり前にSIOS さんとの協業で一緒にビデオに登壇してからお付き合いさせてもらっていまして、こういう方と自社のサービスについて普通に会話ができるようになるとは、時代も変わりましたね。

これからは、ますます、エンジニアとして良いものを良いと言える関係を多くの方と築いていきたいとおもいますね。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content