MSPJ マイグレーションコンペティション2015 fall 挑戦者絶賛募集中!


私も参加させていただいている日本 MSP 協会(MSPJ)の中にはコンペティションワーキンググループがあります。

MSPJ は 運用技術そのものを生業にしている企業の集合体なので、次代を担う若手運用技術者同士の交流・競争を通して日本のMSP事業者における運用技術の向上を目指しているのです。

そして11月28日、そのワーキンググループのメンバーが企画をした運用技術を競うコンペティションが開催されます。

http://connpass.com/event/21360/

マネージドサービスプロパイダーにお勤めの若いエンジニアさんがこのような場に参加してスキルをどんどん向上していく姿は素晴らしいと思います。

ただ、私としては、一般企業のIT部門内で運用をしていて、自分の力を試してみたいと思っている若いエンジニアの方にも参加していただきたいと思っています。

社内ではスキルが高いと思われていても(そう感じていても)、実際に外の世界を見ると、本物のスペシャリストと呼ばれるエンジニアさんとの実力の差に圧倒されて自信を失ってしまうということもあるはずです。

でも、自信を失う、または自分よりも圧倒的にすごい人達の存在を知ることは、早いに越したことはありません。

しかも、そういう人達との人的な交流は、今後のエンジニア人生の宝物になるでしょう。

さて、今回のお題(予定)は LAMP なシステムを予定しています・・・

むむ、じゃあ何故マイクロソフトの私がブログに書くのか?

それは、今や Microsoft Azure 上では多くの LAMP 環境が実稼働しており、そこに垣根を感じなくなってきているからです。

そして、LAMP かどうかではなく、運用の本質のようなものを学んでいただき、それを Windows Server の運用にも役立てていただきたいのです。

おそらく、OSS や LAMP の世界で新しいツールを好きに使ってゴールを目指すのと、会社が決めた非常に厳しい制約の中で工夫をしまくって一歩でも前に進めようとするのは全く違うことでしょう。

でも、今の日本には両方が存在しているのは事実ですし、自分が置かれた立場を正しく理解してこそ、次につながるはずです。

そして、”クラウド” はその垣根を超える役割を担い始めていますので、「うちのシステムには関係ない」なんて言ってるとダメです。

さあ皆さん、是非参加してみてください!

—-予定課題—-
クラウドへ移設してついでにいろいろ…ってよくあるよね。

  • お題: いま動いているふるーいシステムをバージョンアップしてね
    • できれば利用者に影響なしでやりたい
    • できれば冗長化したい
    • できればさくさく動くようになると嬉しい
    • できればプロビジョニングコードが欲しい
    • できればサーバに関する資料があると嬉しい
  • 実施した内容と結果については報告してくださいね
  • 背景という名の発注者の弁
    • もうすぐサポート切れるって言うし、セキュリティが心配だし、でもそんなにきちんと管理する手間もとれないし、わかるひともいないし、今のうちになんとかしておきたいんだよねー
    • あんまり何回もいじりたくないから、できるだけ長く使えるようにしてほしいなぁ

——————-

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content