首を長ーくして待っていた Nested Hyper-V のPreview が始まった!


詳しくはこちらのブログ Windows Insider Preview: Nested Virtualization を見ていただきたのですが、どうしてもお伝えしておきたくブログを書きました。

※ 書きたいことがたまっているので、本来なら毎日のように書きたいのですが、時間が取れずすいません。

さて、Nested Hyper-V とは何かというと、これまでできなかった Hyper-V の上で Hyper-V を動かすことを言います。

こんな感じ。

現時点では多くの制約がありそうなので、あくまでも Preview であることを前提にお付き合いいただければと思いますが、それでも、テスト環境やデモ環境、ハンズオントレーニングや画面のスクリーンショットをとる場面などで大活躍が見込めるものでもあります。

ただ、1つご理解いただきたいのは、Hyper-V の上で Hyper-V を動かしたかった理由がコンテナにあるということです。

「In preparation for the first public preview of Hyper-V Containers, we are releasing a preview of nested virtualization. 」

現在開発中の Windows Server 2016 には Windows Server Container と Hyper-V Container の2つのコンテナ技術が載ってくる予定です。

そして、後者の Hyper-V Container は Hyper-V の仮想化技術をうまく活用して、コンテナ技術採用の妨げとなっている「OSコアを共有する」という部分を回避することができるようになり、エンタープライズ利用を想定した技術として注目をされ始めています。

しかし、Hyper-V Container はあくまでもコンテナ技術であり、Docker 社との協業から生まれたスピード感と管理性を兼ね備えている必要があります。となれば、これまでのように物理サーバー上でしか動かないという条件はあまりにも厳しいのです。

だからこそ、クラウド上でサービス化されている仮想マシンの上で Hyper-V が動き、そしてそのHyper-V と一緒に Hyper-V Container が業務システムを支えるという仕組みが必要でした。

今日はその第一歩、いやスタート地点に立つための助走にすぎませんが、もしお時間があれば試してみていただければと思います。

私もはやく試したい!

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content