「de:code はTechEdの再来である」と断言できる日がきました!


インフラ系エンジニアの皆さん、お待たせしました!

de:code のセッションについてお知らせする時がやってきました。

次期 Windows Server 概要、SDS, SDN の最新情報はもちろん、Windows Server Containers (Windows 版 Docker)コンサルによるAzure IaaS 設計のベストプラクティス、ExpressRoute の濃い話、最近プレビューが始まった VMware 環境の災害対策機能Active Directory はおなじみのハイブリッドのデザインパターンやサポートエンジニアによるトラブル対処法VDI の最新動向では RDP10の検証結果もお披露目、Azure Pack は Roadmap セッションがあります。

そして、OSS に関するセッションも用意します。

他にもたくさんあるので、インフラ系エンジニアさんに聞いてほしいセッションのページも作りました!
https://technet.microsoft.com/ja-jp/events/dn934705

イベント名は気にせず、「クラウド & データセンター プラットフォーム」や「システム管理と運用」トラックなどを中心に、どのようなセッションがあるかをご確認ください。

そして、このイベントの良さは、自身の得意分野だけではない様々なテクノロジーとその専門家たちに出会えるところでもあります。

そこで、インフラ系セッションだけではなく、現在公開可能なセッションのリスト(ExcelとPDF)もダウンロードできるようにしました!

Azure セッションは開発系のトラックにもたくさんありますし、SQL Server 2016 は概要から始まり、 IoT や HDInsight などもありますし、まだまだ増える予定です!

TechEd にもなかった企画ものについては、別途投稿します。

とにかく、多くのエンジニアさんとこのイベントで成長したく、そして楽しみたく、予算と予定の都合をつけていただき、是非ご参加ください<(_ _)>

****裏話****

数か月間、「TechEd をやってほしい」という皆さんの声になんとか応えたくて、開発者向けではなくすべてのITエンジニアさんを対象とするイベントにしたくて、社内で行動してきました。エバンジェリストとして頑張ってきた10年で得られた皆さんとの信頼関係は私の宝物なので、インフラ系のセッションをガッツリ出来る状況が確約できなければ「IT Pro のイベントとは言えない」とか「TechEdの再来というブログは絶対に書けない」と声を張ることも多かったです。

嫌な思いをした人もいるでしょう、すいません。

でも、結果として、インフラ系のセッションだけでも2日間でおなか一杯になるくらいの濃い情報を用意できると思います。

そして、私が受け止めたほうがよいセッションも多くなってしまい、5つのセッションに登壇することになりました(汗)

※みなさん、後先の事を考えて行動しましょう(笑)

でもいいんです!みなさんが楽しんでいただけるなら、それでいいんです!

なぜなら・・・ クラウドの時代になって、あらためて「技術者こそが主役!」という場面に出くわす機会が増えているからです。

私も頑張りますので、是非 皆さんにも主役になってほしいんです。

新しい技術に反応ができなければ、苦しくなるのは自分自身ですから、新しい技術に触れて、ワクワクしてほしいんです。

そんな熱い思いをもって、関係者一同 準備を進めています。

だからこそ、是非ともご参加ください!

会場にて、セッションにて、皆様のお越しをお待ちしております。

日本マイクロソフト エバンジェリスト 高添

Comments (0)

Skip to main content