Azure の A8, A9 仮想マシンが ポータルから作れるようになりました。


A8, A9 インスタンスを IaaS 仮想マシンとして利用できるようになったのは 5月の TechEd のときでした。

「凄いことになった」と思いました。

すぐに触ってみたいと思いました。

が、PowerShell のコマンドでしか作れないことがわかりました。

難しくはないのですが、GUI大好きな私としては寂しく思いました。

で、さっき竹島友里さんのセミナーのデモを見ていて気づきました(汗)

image

なんと、Azure の管理ポータルでも、仮想マシン作成時に選択できるではありませんか!!

現時点では全てのデータセンターでサポートしているわけではないので、仮想マシンを作る場所の事は気にしてあげる必要がありますが、ちゃんとNICも2枚見えていました。

ああ、クラウドの制約がどんどんなくなっていく・・・

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content