書籍紹介! 私も参加した「NVGREのすべて」と村嶋さんの「Hyper-V 実践ガイドブック」


まずは、4月3日に「NVGREのすべて」の発売を開始しました!

記念セミナー & 即売会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>

また、「英語の書籍でもここまで詳しいものは無い」と言える書籍を年末年始も平日も週末もなくメインで執筆してくれた後藤さん、他にも山ほど仕事を抱えながらネットワークのサービス化という大事な章を担当してくれた小塚さん、そして執筆を許可してくれたビットアイル様とビズポイント様、さらにはこの本を出版するにあたりご尽力いただいた日経BP出版局の皆様には心より感謝しています!

物理ネットワークの進化も面白いですが、その進化とは違うクラウドサービスベンダー目線の機能はとても現実的だと言われます。Windows Server 2012 でもかなり凄いことをやっていましたが、Windows Server 2012 R2は更に進化しましたから。

パートナー様に話をしに行くと「オーバーレイは目からうろこだ」「これまで聞いたSDNの話の中で一番良かった」と言ってもらったりもしています。もちろん、Hyper-V ベースのネットワークの仮想化と System Center ベースの SDN がここまでできるとは、特にネットワーク系のエンジニアの方は知らないことでしょう。だからこそ書籍を出しましたし、使えるかどうかの判断をするためにも、選択肢の1つとしてネットワークエンジニアさんにはご理解いただきたいと思っています。

私のブログを見ている方は、どちらかというとネットワークではなくサーバー系の方が多いでしょうから、是非ともネットワークのご担当者に一声かけていただければと思います。VXLAN / STT / NVGRE という3種類のプロトコルがあるのに、NVGREの事だけ知らないなんて罪だと(笑)

そして、この本を読めば実装方法が書いてあるので、是非試してみてくださいとお伝えください。
もちろん、このブログを読んでいただいている皆さんも!
(物理非依存の考え方を持つ SDN なので、サーバーが無い方はノートPCでも試すことができます)

http://www.amazon.co.jp/dp/4822298302

内容の濃さとは対照的に2700円はとても安いので、ポチッとやっちゃってください^^

ーーーーーーーーーーーーーーーー

それから、いつもお世話になっている村嶋さんから「Windows Server 2012 R2 Hyper-V の本を出したよ」とご連絡をいただきました!

村嶋さん、ありがとうございます!!

http://www.vwnet.jp/mura/book/WS12R2HV.htm

Windows Server 2012 R2 の Hyper-V をすごく丁寧に解説してくださっていますね!

是非こちらもポチッと行きましょう^^

そうそう、村嶋さんからプレゼントで数冊もらったので、今度関係するセミナーを実施するときにプレゼントさせていただきます!!。
(道場時代の抽選プログラムが最近大活躍です)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも書籍の話がいろいろとありまして、私がすべてに関与するのはさすがに難しいので、この人だと思える人にお声掛けさせていただきますね。

それでは、デジタルな時代にも負けず、紙の本を楽しみましょう。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content