DaaS 用のリファレンスアーキテクチャーガイド ~Azure版もあります


時代の移り変わりを受け、少しずつですがマイクロソフトの情報の在り方も変わってきています。

その1つがリファレンスアーキテクチャーに関するガイダンスの提供です。

日本語でないのは申し訳ありませんが、全体像を把握するためにDocの中にある図だけでも見てください。

Desktop Hosting Reference Architecture Guide
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39285

image

利用する規模は 「Desktop hosting services for tenants ranging in size from 5 to 1500 users.」ということで、1500ユーザーくらいまでを対象に考えられています。

図を見るだけでもわかりますが、テナント(利用する企業)ごとに、認証基盤である Active Directory などが用意されます。

ということは、IPアドレス管理が複雑になりかねません。

そこでこのガイドでは、NVGREによるネットワークの仮想化技術によって、柔軟に対応するよう促しています。

また、このガイドは Windows Server 2012 ベースで書かれているので、ネットワークの仮想化に必須なゲートウェイ機能をマイクロソフトが提供していないと書かれています。しかし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、Windows Server 2012 R2 からは、OSがゲートウェイ機能も提供しますし、BGPによるお客様のデータセンターとのマルチパスVPN接続も可能になっていますので、より現実的になっています。

是非、Windows Server 2012 R2 の新機能をご理解いただき、読み替えてもらえればと思います。

*****
それからもう1つ。

Windows Azure 上で DaaS を実装する際のガイドもあります。

Windows Azure Desktop Hosting Reference Architecture Guide
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsazure/dn451351.aspx

こちらは、DaaS といっても、リモートデスクトップ セッションホスト(旧ターミナルサービス)ベースのアーキテクチャーになっています。

image

こちらも、利用する規模は 「Desktop hosting services for tenants ranging in size from 5 to 1500 users.」ということで、1500ユーザーくらいまでを対象に考えられています。

こちらも、Windows Azure の仮想ネットワークが使われていて、Windows Azure 上に Active Directoryのドメインコントローラーが配置されます。VPN接続を使って社内のActive Directoryドメインの延長として利用するイメージでしょう。

リモートデスクトッププロトコルは8.0、8.1で劇的に進化を遂げていますし、来年には日本データセンターも開設されるので、遅延や帯域についても大幅に改善されることでしょう。

ただし、一般の企業様が自社で構築するのではなく、DaaS などのサービスプロバイダー様が構築し、サービスとして提供する形態を考えていますので、まずはサービスプロバイダーの関係者の皆様に見ていただければと思っています。

日本マイクロソフト 高添

Comments (4)

  1. >ランニングは幾ら位になるのでしょう?

    私もAzuruビジネスに深くかかわっているわけではないので、間違ってたらごめんなさい。

    細かく調べる時間が取れるか怪しいので、こちらのサイトの情報をもとにざっくりと書いてみます。

    http://www.windowsazure.com/…/calculator

    Azure上に最低限必要なものは、AD、RDライセンス、FileServer、RDCB、RDGW、RDWebのサーバー6台で、XLの仮想マシンとして並べたとすると月¥266,895.60、そこに仮想デスクトップを提供するMサイズの仮想マシンを10台並べると月¥111,206.50、Azureから送り出されるデータを1,998GBとすると月¥31,444.57、仮想ネットワーク代としては2,000時間なら月¥8,303.95です。

    試算の裏付けが乏しいのですが、合算すると10名で月¥417,851.-

    管理サーバーやネットワークの負荷を気にせずに、ざっくりと、このまま仮想マシンを100台にした場合は、月¥1,112,065.-

    定期メンテナンス時の継続性を考えるとまだまだ課題はありそうですが、負荷に応じて管理系サーバーを増やしたり、利用者数に応じて仮想デスクトップとして利用する仮想マシンを増やすだけ済むような基盤さえ作れれば、後は楽ですね。

    ここにSPLAのライセンスが載ってくるとして、例えば一定期間だけ大量のデスクトップ環境が必要になるプロジェクトのように、自社データセンターにハードウェアを導入しなくて済むメリットが活かせれば、悪くない数字な気もします。

    何度も繰り返しで申し訳ないですが、試算が適当ですいません。

  2. お幾ら万円 より:

    通常のSPLAでの提供価格は1か月2000円程度~だったと思うのですが

    米国のサービサー(GMOグループなのですが)とかあの会社様だと、200円/月なのですよね。

    http://jp.webk.net/?id=ppc_g

    http://fc2-vps.com/

    Azure上で自社で

    msdn.microsoft.com/…/dn451351.aspx

    を参考にして構築した場合、ランニングは幾ら位になるのでしょう?

  3. SPLAなので、サービスプロバイダー様がこのDaaSにどのような値付けをされるか、サービスプロバイダー様にとってはSPLAの販売代理店様からの仕入れ金額がいくらかということですね・・・

    すいません、私がすぐに回答できる内容ではないです。

    ちなみに、ベースの仕組みは違うと思いますが、GMOさんはWindows Desktopのクラウドサービスを既にお持ちでして、スペックにもよると思いますが月額2520円~となっています。

    http://www.onamae-desktop.com/

  4. お幾ら万円 より:

    Windows Azure Desktop Hosting Reference Architecture Guide

    msdn.microsoft.com/…/dn451351.aspx

    非常に参考になりました。

    10人

    50人

    100人

    500人

    1000人

    1500人

    の時のそれぞれの5年間コストが分かると良いですね

Skip to main content