Windows Azure Pack 最新版は、さまざまな情報やドキュメントと共に!


Windows Server 2012 R2、最新の Hyper-V、そして System Center 2012 R2 を導入したら、次は Windows Azure Pack でしょう。

OpenStack も面白いかもしれませんが、もっと簡単にクラウドを作ってしまいませんか?

Microsoft Windows Azure Pack

UI は Windows Azure で培ったノウハウの固まりみたいなものです。

仮想マシンをサービス化するとはどんなことなのか?

SDN 化されたネットワークをどのようにサービスにすればよいか?

リソースのプール化の本質が見える Web サイトという PaaS とはどんなものか?

などなど・・・

是非触ってみてください。

日本マイクロソフト 高添

Comments (8)

  1. >9月のハンズオンセミナーの資料を参考にデモ環境を作ってます。

    ありがとうございます。

    実は、11月のMicrosoft Conferenceのタイミングで System Center 2012 R2関連の日本語のガイドを一気に公開すべく、準備をしてまして、その中にはAzure Packも含まれているそうなので、もう少々お時間をください。

    ブログでも案内しますが、こちらに掲載予定です。

    technet.microsoft.com/…/dd297510(ja-jp)

  2. Ivan Andonov より:

    さっそくのレスありがとうございます。

    >Azure Pack のホワイトペーパーの日本語版は確認してみますね。

    社内のメンバにデモするため、9月のハンズオンセミナーの資料を参考にデモ環境を作ってます。

    以下のサイトには、6月の製品概要のホワイトペーパーしかなく設定に四苦八苦してます。

    http://www.microsoft.com/…/windows-azure-pack.aspx

  3. andoさん、Azure Pack のホワイトペーパーの日本語版は確認してみますね。

  4. >#その後、言語を日本語に設定しなおせばいいのかな。

    はい、それで大丈夫です。

    >やはりAzure内でR2にアップグレードできるアップグレードパスは欲しいところです。

    そうですね。

    同様の話は出てくることでしょうから、何か情報が出てきたらブログでお知らせするようにしますね。

    Azure Pack、特にPaaSの部分は一度触ってみてほしいです(笑)

  5. Ivan Andonov より:

    Windows Azure Pack、さっそく試してみようと思います。

    SCVMM 2012 R2は、SP1の評価ガイドを参考にセットアップしました。

    Windows Azure Packをセットアップするにあたり、日本語の評価ガイドは公開されますでしょうか。

  6. Akira Shimodate より:

    ご回答、ありがとうございます。

    英語版ならアップグレード可能ということですね。

    #その後、言語を日本語に設定しなおせばいいのかな。

    ライセンスはやっぱり気になりますね。

    Azureの場合、仮想マシンをサービスとして利用した分だけ、料金を支払うことになってますよね。

    新規にR2をギャラリーから選択し、構築しても料金体系は同じはずです。

    やはりAzure内でR2にアップグレードできるアップグレードパスは欲しいところです。

    私はMSDN Subscriptionに入ってないので、英語版の入手は困難です(財政的に)。

    うーん、やっぱりAzureでの正式対応を待つのが現実的なのかもしれません。

    サーバーマシンを新調して、プライベートなAzure Packも試してみたいところですが、いつのことになるやら^^;

  7. Shimodateさん、こんばんは。

    すいません、ライセンスがどうなるかを理解せぬままのコメントで申し訳ないですが、R2 へのアップグレードはできました。

    私が試したのは、

    1:Windows Azure上の仮想マシンにてMSDN SubscriptionのWindows Server 2012 R2英語版のISOイメージをダウンロード

    2:OSのISOマウント機能がエラーでうまくいかなかったので、MagicISOというツールの機能を使ってISOイメージをフォルダーに解凍

    3:そのフォルダー内のインストーラーを使ってWindows Server 2012 R2にアップグレード

    注意点がありまして、

    A:Windows Azureの仮想マシンを言語パックで日本語化していたので、日本語のISOイメージで行けると思いましたがダメだったので、英語でやり直しました。

    B:10/18からダウンロードを開始した評価版でアップグレードしてみようとしましたが、Evaluation ではできないというメッセージが出てダメでした。

    すでにインストールをしているアプリケーションがOSのアップグレードを受け付けてくれるか?は事前に検証は必要でしょうが、OSそのもののアップグレードはできるということだけはお伝えしておきます。

    こういう場合はボリュームライセンスのメディアを使ったほうが良いのかな?そこまで調べる時間がなさそうで、申し訳ありません。

  8. Akira Shimodate より:

    こんにちは。初めまして。

    Windows Server 2012 R2 には大変、興味を持っています。各々の追加機能が素晴らしいですね。特にHyper-Vに興味があります。現在、私は自作PCにWindows Server 2008 R2をインストールし、Hyper-Vをいろいろ試して勉強しています。本当はWindows Server 2012 R2をインストールしたいところですが、財政が厳しく、今はまだ入手できません。評価版でもいいのですが、アプリケーションをいくつかインストールしているので、おいそれとアップグレードする気にはなれません。そこで、Azure仮想マシンにWindows Server 2012を構築し、試しています。Hyper-Vは試せませんが。

    そこで質問なのですが、AzureのWindows Server 2012をR2にアップグレードすることはできるのでしょうか?

    いくつかアプリケーションをインストールしてあるので、R2を新規に構築したくはないのです。アップグレードパスがなければ、R2を新規に構築し、アプリケーションをインストールし直すしかありません。

    まだ、R2はリリースされたばかりでAzure上のR2の情報は少ないと思いますが、もし、何か情報をお持ちであれば、教えて頂けないでしょうか?

Skip to main content