スクリーンキャプチャという標準機能 ~Windows Server 2012~


管理者たるもの、サーバー環境のスクリーンをキャプチャし、ドキュメントに張り付けて・・・という作業は日課のようなものだろう。

フリーのツールのサイトに行くと、面白いツールもたくさん出ている。

ただ、フリーツールをサーバーにいれるというのも気持ちが良いことではない。

だったら標準機能でやってしまおうと、Print Screen でキャプチャしてペイントに張り付ける。

そしてファイルに保存。

作業自体は簡単だが、実にめんどくさい。

で。。。この投稿の出番である。

手元に Windows Server 2012 や Windows 8 がある方は、Windows キーを押しながら Print Screen キーを押してみてもらいたい。

一瞬画面がうす暗くなったかと思うと、ライブラリのピクチャの下にスクリーンショットというフォルダができているはずだ。

image

そして、その中には、

image

png 形式のファイルが見つかることだろう。

たまらない。。。このようなところもたまらない(笑)

日本マイクロソフト 高添

Comments (7)

  1. 黒柳 茂 より:

    知りませんでした!!とても便利ですね、さっそく使ってます笑

  2. そこは是非OneNoteで(笑)

  3. natsukun4319 より:

    OneNote capture(Windows+[S])のように、キャプチャエリアを選ぶのも入ってくれるとうれしいですー

  4. なかむら より:

    ブログいつも拝見させていただいております。

    そして、助けていただいております。

    この機能は便利ですね。

    ただ、個人的にjpgでとれたらいいなと思ってしまいました。

  5. dataさん、Alt+ Print Screen でアクティブウィンドウをキャプチャする機能はなくなってないですよ。

    今回書いたのは、png ファイルまで自動生成してくれる”新しい機能”です。

    そして、その追加された新しい機能には、アクティブウィンドウのキャプチャ機能がついてないだけです。

    現時点では、細かなことをやろうとすると無償のさまざまなツールのほうが便利だと思いますので、そこは使い分けてもらえればよいと思ってます。

    それからマウスカーソルは、一長一短ですね。私は無いほうがあとあと工夫しやすいので好きだったりして。

  6. MURA より:

    おぉ、これは便利ですね。

    これでマウスカーソルもキャプチャされるとパーフェクトなんですけどね

  7. data より:

    アクティブウィンドウを撮る機能がなくなったのは痛いです。

Skip to main content