SCCM のコンソールから、直接 System Center Orchestrator を呼び出す・・・という選択


Runbook Commander – An Orchestrator Console Extension for System Center 2012 Configuration Manager

http://blogs.technet.com/b/neilp/archive/2012/06/12/runbook-commander-an-orchestrator-console-extension-for-system-center-2012-configuration-manager.aspx

このスクリーンショットを見る限り、SCCM の管理画面で、右クリックでSystem Center Orchestrator を呼び出せるみたいですね。

もし、手元の作業手順書に、「PC管理ツールでxxを確認したのち、△△というツールで●●を行う」と書いてあるとしたら、上記なら 2つの画面を開かずとも対応できちゃうかもしれません。

****

実際に System Center Orchestrator を触っていて気づくのは、ITプロセスの自動化という大きな役割だけでなく、ちょっとした作業の簡素化/自動化にも有効だということです。

たとえば、これまでの現場では「一生懸命スクリプトを書いて、何度も試して、そしてその瞬間だけスクリプトで自動処理をする」といった事をやってきたはずですが、その作業をすごく楽にできる気がするんです。

何度かデモをしたことがある テキストデータの変換とかもその1つです。

Runbook とか IT プロセスオートメーションとか、大きな言葉だけで判断せずに、一度でもいいのでこのツールを触ってみてほしいです。

自分で、自分専用の運用管理ツールを作っている感覚・・・たまりませんよ。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content