VHDX Format Specification v0.95 公開


立て続けの投稿ですいません。

この一週間、ほんとに調子が悪くて、しかも水曜日の Tech Fielders セミナーの準備もあってあまり寝てない状況も続いたので、ようやくブログを書こうと思える余裕が出たもので(笑)

====

さて、Windows Server 2012 の Hyper-V は、これまでの VHD というフォーマットに加えて VHDX という新しいフォーマットを採用しました。

64TB までの拡張性や ディスク I/O の向上、カスタムプロパティ情報の保持などがパワーポイントで説明をしていたところなのですが、より詳細を知りたい方もいらっしゃるでしょう。

特にインフラ系・運用系のツールを開発している方には、細かな情報が必要ではないかと。

そこで、でました。

VHDX Format Specification v0.95

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29681

バージョンが 1.0 で無いところがミソですね。

******

ちなみにマイクロソフトは、この手のファイルフォーマットや、プロトコル、言語使用等をオープンに提供する Microsoft Open Specifications という仕組みを持っています。

http://www.microsoft.com/openspecifications/en/us/default.aspx

仮想化という事では、以下の3つが公開されているようです。

・VHDX Format Specifications v0.95

・Virtual Hard Disk (VHD) Image Format Specification

・Microsoft Application Virtualization File Format Specification v1

他にもいろいろとありそうなので、興味がある方は是非ご覧ください。

日本マイクロソフト 高添

Comments (0)

Skip to main content