もう止まりません! 今度は Ubuntu on Hyper-V です。


先日からセミナーなどでは口頭でお伝えしてきましたが、とうとう表に出てきました!

英語で恐縮ですが。。。

Windows Server Hyper-V drivers now supported in Ubuntu
http://blogs.technet.com/b/openness/archive/2012/06/01/windows-server-hyper-v-drivers-now-supported-in-ubuntu.aspx?wa=wsignin1.0

*****

大手の企業様に行ってマイクロソフトのインフラの話をすると、

「へえー、Hyper-V って Linux も動かせるんだ」

と言われることがあります。

日本中に必死で Hyper-V を伝えようとしてきた身としては、さすがにへこみます。

もちろん、最終的な判断として、Hyper-V にないものが必須要件だと言われたら、それは仕方がない事です。

が、それなりにシェアも作ってきた今頃に、仮想化を利用している企業様に全く理解されていないのは、エバンジェリストとしての自分をも許せなくなります。

ということで、今後はもう少し派手に行きますかね (キラッ)

このブログを見ていただいている皆様、もし過激すぎたら止めてください<(_ _)>

========

なんちゃって、いつも通りで行きますのでご安心を(笑)

日本マイクロソフト 高添

Comments (4)

  1. >フェイルオーバークラスタも「Hyper-V専用」

    たしかに勘違いされている方が玉にいらっしゃいますね。

    私も何度か、クラスタは可用性を高めるためで、ライブマイグレーションは運用の柔軟性を高めるためのものだから、と話をした覚えがあります。

    Windows Server 2012では、クラスタはライブマイグレーションの必須要件ではなくなるので、ちゃんと整理して伝えるにはちょうど良いですね。スライド作ってみようと思います。

    ありがとうございます!

  2. rk-nakagawa@hotmail.co.jp より:

    >このブログを見ていただいている皆様、もし過激すぎたら止めてください<(_ _)>

    もっとやってください。

    Hyper-Vで構築をする人は「Windowsしか知らない」と思われているのかもしれません。

    >もちろん、最終的な判断として、Hyper-V にないものが必須要件

    1.0の頃はともかく、最近ではあまり聞かないかも。

    Hyper-VそのものよりもWindowsServerの標準機能があまり知られていないせいか、「何でそんな運用するの?」と思わせるのが最近目に付きます。

    フェイルオーバークラスタも「Hyper-V専用」とか思われてそうでたまに会話がかみ合わないことがあります。

  3. 一昔の完全エミュレーションと違って、最近の仮想化技術は、かなりハードウェアに近いところで動作するので、上で動くOSとの関係作りはコツコツやるしかないんですよね。

    MS社外との密な連携を担当するチームがすごく頑張ってくれてて、私もうれしい限りです。

  4. Twitterのフォロワーの半可通 より:

    Hyper-Vって仮想PCサーバー技術でしょ? Linuxが動作しても不思議はないのですが、安定動作となるとそれなりに足回りをマイクロソフト側でも固めてあげないといけない訳で、そういう意味でも開発スタッフさん頑張ってますね。

Skip to main content